02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

バレンタインは外でビール

2017.02.16 09:43|イベント
チェコは朝9時になるところ。
現在ターボルはマイナス3度。
昨日とか普通に5度くらいあったので、外の雪は結構溶けてきています。

今日はバレンタイン当日の話を。
実はバレンタインの当日、このイベントがあった。

201702161654280d8.jpeg

絵がかわいいなーと思って、どんなんだろ?と思い、
15:30前にホンザと広場に行ってみた。
そしたら、そこにいるのはほとんど子供。そう、子供向けの仮装のイベントだったのだ(笑)
場違いな私たちは少し遠目で、少しその行進を見守った。

20170216165412e00.jpeg

コゼルがいた!

20170216165408ece.jpeg

ヤギ、山羊のことなんだけど、チェコにはKOZELというビールがある。
(これがそのビール。写真はちょっと古いのだけど)
20170216192158b18.jpeg

そんなわけで、本物のコゼルちゃんを見た瞬間から、

もはや、頭にはビールしかない私。。。

そんなわけで、この行進とおさらばして、わたしたちはビールを飲みに行った。
どこにしようか迷い、行ってみたい店があったから行ったらすごーーーーく混んでて断念。
その後、もう一軒行ったら、営業時間外なのかクローズしていて(泣)、
結局たどり着いたのは湖畔のレストラン。

夏の間は、ここに時々ビールを飲みに来ていた。
雰囲気がとっても好き。
20170216165430fce.jpeg

レストランの中は結構賑わっていた。
ホンザが外がいいというので寒いのに、外でビール(笑)

201702161654085db.jpeg

向こうに見える真っ白な部分は湖が凍っているのだ。雪も積もってるけど。

バレンタインだからどうやら連れてきてくれたらしい。
その後はそこまでお腹も空いていなかったけれど小腹が空いていたので
通りすがりのベトナムレストランで寿司を食べた。
バレンタインだかららしい(笑)
ありがとね。

基本的に、日本以外の国ではバレンタインを日本みたいに祝うような習慣はない。
そもそも、2月14日のバレンタインって、バレンタインさんが処刑された日だよ・・・(別の説もあるが)

チェコでも男性から女性にプレゼントする日っぽいけど、
チョコレートとかよりも花とか、カードとかが人気みたい。
花の広告が最近多かったし。

まあ、うちはビールと寿司でしたけどね(笑)
うれしかったよ。ありがとう。

そんなわけですが、昨日はミーシャの家でチェコ語レッスンでした。
まだ数回しかレッスンはやっていないけれど、
ミーシャはとっても厳しい先生です(笑)
宿題もどっさり出されるし・・・(苦笑)
彼女は、英語もフランス語もほぼ独学だったとのこと。
ただ、チェコ語には男性名詞、女性名詞、中性名詞があるから、
フランス語を理解することは、それほど難しいことではなかったらしい。
男性名詞や女性名詞がほとんどないような英語なんてもっと簡単だろうよ。
昨日のレッスンで、私が

これがなんでこーなるの?? と素朴な疑問を投げかけたら
すごい真剣に悩んでいた。

私たちはこれを普通に使っているけれど、こうやって改めて聞かれると
確かになんで?って思うよね。やっぱりチェコ語って難しいね・・・

と言っていた。

やっぱりチェコ語は難しいんです。
でも、話せないと自分がつらいので、少しずつですがまた勉強し始めてます。
本当に苦手意識があることと、怠け者なので、なかなか進まないのですが、
ちょっとはがんばろうと思います。
というか、ミーシャに怒られないように(呆れられないように。が正解かもw)、
出された宿題くらいはちゃんとやろうと思います。
でも、ミーシャはホンザより忍耐強く教えてくれるのでありがたい。
何度か2人で会ううちに、すこしずつお互い慣れてきたこともあって
ミーシャの性格がわかるようになってきた。
彼女は、とっても真面目で勤勉家。
部屋もきっちりと片付いているし、潔癖までいかないけど、きちんとしてるタイプ。
私とは正反対だから、ミーシャに呆れられないようにしないと。。。


ミーシャに呆れられないよう私を応援してくれる方はポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェコのクリスマスの過ごし方

2016.12.25 11:50|イベント
チェコ時刻で午前中10:45を過ぎたところ。
現在のターボルは4度。
雨が降ったりやんだりで、今日は比較的暖かい。
雪じゃないのが残念だけど。

今日はクリスマスですが、チェコは24日にクリスマスを祝うらしい。
で、昨日は夕飯までは何も食べてはいけないらしい。
ラマダンの一日バージョンみたいな感じ。
朝はパンを食べたけど、昼ごはんは食べないで過ごした。
私もホンザも、クッキーやお菓子は食べちゃったけど(笑)

そして夕方からホンザの実家へ。
ホンザの両親と、おじいちゃん、そして私たちの5人で過ごしました。

チェコのクリスマスは鯉のスープと鯉のフライが出てくる。
あとはポテトサラダ。
これがクリスマスの食事らしい。

ホンザが鯉料理が嫌いなので、スープは鯉のスープ以外に豆のスープも作ってくれていて
あと、鯉のフライ以外にチキンも用意してくれていた義母。

私も最初はチキンをいただいた。
その後、鯉を食べたが、結局メインの鯉のフライを撮影するのを忘れた(笑)
何やってんだか・・・(苦笑)

2016122518484912c.jpeg

ポテトサラダは2種類作ってくれていて、私はパープルオニオンが入った方が好みだった。

そしてクリスマスプレゼントの交換。
チェコではプレゼント交換が主流らしい。
私たちも用意したプレゼントを渡して、私も自分へのプレゼントをもらった。
WELEDA製品とかもらったからめっちゃうれしい。
義母、よくわかってるな。と感心してしまった。

そして義母から、鯉のウロコをもらった。
鯉のウロコを財布に入れておくと、一年間お金に困ることがないそうな。

そんなん言われたら迷わず入れるよね(笑)

20161225184704a8e.jpeg

ホンザは財布というものを持ち歩かないタイプなので、私がホンザの分ももらった(笑)
来年も何とか生活できますように・・・・(必死)
日本でいう蛇の抜け殻みたいなもんだろうか?

そんなこんなですが、ホンザはポハートカに夢中で途中でテレビの部屋に行ってしまった。
私を義父、義母、おじいちゃんのもとに残して・・・
まあ、いつものことなんだけど、本当にマイペース。悪く言ったら協調性が全くない。
私も日本では協調性がないとよく言われたが、私を100倍くらい上回る協調性のなさだ。

ホンザが夢中になるポハートカとは、チェコの童話なんだけど、ファンタジーみたいなTV番組。
子供が見る番組っぽいけど、チェコは大人も見るっていうね(笑)
ホンザはあんな髭ボーボーな身なりなのに、ポハートカ大好きだからね(笑)
お姫様とか出てきて、馬に乗ったヒーローが助ける。みたいな内容だったり、
魔法を使えるやつとか。
普段もよくポハートカ見てる。
日本人からみたら、ちょっと異様な光景(笑)
でも、チェコでは結構普通のことみたいです。

でも、ポハートカに夢中のホンザ抜きで、昔の写真とか見せてもらって、ワイン飲みながら楽しんだけどね。
義父が赤ん坊のころの写真とか見せてもらったり、義母がイケイケの若いころの写真とか、
ホンザが鼻水垂らしたような坊やだった頃の写真とか、
なかなか楽しいものを見させてもらった。

いつも登場するおじいちゃんは義母の父親なんだけど、義父とも本当に仲がよくて
おじいちゃんがまだ若かりし頃、義母が子供の頃の親子写真とかも見せてもらって
なんだかほんわか、ほっこりしました。

それにしても、やっぱりヨーロッパの昔の写真はちょっと私の目には独特に映った。
まずファッション。あとチェコの共産時代の雰囲気がなんとなく伝わってくる写真。
写真を見るのはかなり楽しかった。


そして、先日、ホンザの友人からももらったりしたんだけど、この植物をまたもらった。
Jmelíっていう名前らしい。
日本語ではビャクダンのヤドリギ類らしい。

20161225184707ba3.jpeg

最近、クリスマスマーケットでもよく見かけていたんだけど、
ただのクリスマスの飾りだと思っていた。
でも、義母に、

幸運をもたらしますように。 

という意味を持つことを教わった。

えー、知らなかった!!!
そういう意味で、ホンザの友人やら義母がプレゼントしてくれてたんだと思ったら
なんだかすごくうれしくなった。
テンション上がるよね。
友人からもらったやつも飾ってあったけど、義母からもらったやつも帰ってきて早速部屋に飾りました。

そして義母から、またクッキーをもらった。
私とのクッキーレッスンの後に作ったみたい。
チョコのやつとか、もらって帰ってきました。
201612251847061f7.jpeg


そんなわけですが、ターボルのクリスマスは夕方5時くらいに車で少し移動したときに
スーパーをはじめとし、マクドナルドでさえも全部クローズしていました。
もちろん今日もお休みでしょう。
ヨーロッパのクリスマスはそんな感じ。
そんなわけで家でダラダラしています。。。(笑)

日本の家族から連絡がきて、昨日のにじいろジーンでプラハのクリスマスマーケットだったらしいね。
先日、あそこにいたと思うとなんだか不思議な気分。

本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村


Veselé Vánoce!!

2016.12.24 13:59|イベント
本日はクリスマス。
ただいま、昼の1時半を過ぎたところ。
ターボルは1度。
雪が降るかと思ったら、雨が降り始めてきた。。。

チェコ語でメリークリスマスは、

Veselé Vánoce!!

と言うらしいです。
発音は、ヴェセレー ヴァーノツェ! って感じですかね。


昨日、クリスマスツリーについてはブログに書いたけれど、
そのツリーがあまりに大きくて枝とかカットしたの。
そのカットした枝を何かに使えないかな?と思って、リース作ってみた。

20161224213101d02.jpeg

それっぽいやつできたのでは? と自画自賛(笑)

最初はこの枝を丸めただけだったんだけど、
昨日の夕方くらいに買い物に行ったときに花屋の前を通ったら、
ドライオレンジとか、オーナメントとかリース用みたいなやつが一個単位で売ってたから、
それを何個か購入して、くっつけてみた。
こっちのクリスマスリースはドライオレンジがくっついていたり、
キャンドルがくっついていたりする。
今回は、クリスマス前日に急遽作った感じだから私的には気合度が低いけど
来年は松ぼっくりも森から拾ってきて、ドライオレンジも作って本気のやつを作ってみようかな。
と今からちょっと自分の中で、一人作戦会議(笑)


そして今日はようやくクッキー解禁日なので、(作ってからというもの散々食べてたけど・笑)
今日からはは堂々と食べれます。

昨日はMidoriがスポンサーしているボルダリング選手のInkaからクリスマスカードが届いた。
選手としても人間としても素晴らしい子。応援してます。

今夜は、ホンザの実家でクリスマスを過ごします。
チェコのクリスマスはチキンではなく鯉を食べる習慣があるので、
鯉料理かな~…。
ホンザは鯉が嫌いなんだけど(笑)、私はまあまあ食べれます。

そんなわけですが、みなさまメリークリスマス!!!

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

ターボルの劇場で日本の写真トークショー

2016.12.03 08:12|イベント
現在7時になるところ。
ターボルはマイナス6度。
12月に入って急激に寒くなった気がする。
雪も結構降ったりやんだり。

そんなわけですが今日はターボルの劇場に行った日のお話。
チェコは劇場はたくさんある。チェコ語で劇場ってDivadloという。
ターボルにもあるんだけど、劇場っていうとなんとなく敷居が高いイメージがあったので
なかなか行くタイミングがなかった。

でも、先日初めて見たい催しがあって行ってきましたよ。

JAPONSKO!

201612031500254c6.jpeg

劇場は買い物にいくルートにあるので、劇場の前を毎日歩くんだけどこのポスター見つけて
これは行かねば!!と思ったのですが、チケットを買うのをすっかり忘れていて
前日に思い出し、前売り券を買いに行きました(苦笑)

201612031443340dc.jpeg

小ホールで、お値段 30kč(150円)
安すぎやしないですか?(笑)

ただ、他の催しだと300kčとか普通なので、これはとっても破格でした。
劇場に対して敷居が高いと思っていたけれど、いきなり敷居が下がったよ(笑)
しかも1階フロアは完売していたから、バルコニー席しか買えなかった。

そして当日。
劇場だから一応おめかししようと思って、普段全く着ない黒のロングコートを着たらホンザに
本気? と笑われました(笑)
ホンザはいつもの恰好でした。

劇場は家から徒歩2分くらいなのですぐ到着。
おめかししている人もいればそうでない人もとっても多かった(笑)
ホンザのダーツ仲間の一人に遭遇。
私も何度か会ったことがある人。日本のこと興味持ってくれてるんだ?うれしいな。

そしていよいよ小ホールに向かう。
バルコニー席は2階なのでこういうところを通りました。

20161203144337d13.jpeg

そしてホールに到着。
感動しましたよ。
古さは否めなかったけどシャンデリア、そしてザ・劇場!って感じ。
ゴージャス感漂ってます。
ただ、座席が狭く、体が大きなホンザはとても窮屈そうだったけど。

内部の写真は撮れなかったのですが、こちらから見てもらうとイメージ沸くかな。
Malý sál ってのが、小ホールです。
http://www.divadlotabor.cz/fotogalerie

いよいよ開幕。
舞台に設置された大型スクリーンに写真が映し出され、一枚一枚をその写真家さんが
トークしながら説明していくという流れ。
チェコ語は少ししかわからないけれど、日本ということもあって、理解できる部分も多かった。
私の故郷静岡の、富士山も出てきたよ!!!
途中、ジョークを言っているみたいで、観客がドッと笑ったり。
本州から九州まで旅した写真たちでした。

そして面白かったのはトイレの便座の写真。
ウオシュレットって海外の人は驚く率が高いのは知っていたけれど、
ウオシュレットの写真や、しゃがむタイプの便座の写真が大きなスクリーンに映るのは
日本人の私からしたら笑えるよね。
写真家さんのトークも面白かったみたいで観客は笑っていたけれどね。

あと、日本の紅葉の写真も何枚も映し出された。
チェコの紅葉もとても美しいけれど、チェコ人はやはり自然や景色に対して大きく反応するなと思った。

ただ、残念だな。もったいないな。と思う部分が正直たくさんあった。
というのも、写真がほぼスナップ写真だったということ。
写真のクオリティが高くなかった。
写真家さんの友人や、食事風景なども多いのと、
観光地に至っても普通の一般人が撮る写真と変わらなかった。

そんなわけで、これなら、私にもできる!!(笑)と思ってしまった。

私は日本にいたころ、都内、県内、色んな場所で年に数回写真展を開催してきた。
カフェ、美容院だったり、飲食店の時もあれば、イベントでの展示も何度もやってきた。
このブログの写真はほぼiPhone撮影でスナップ写真ばかりだけど、
写真展を開催する時は、一応こだわった写真を選んでいるし、ごっついカメラで撮影したものだ。
写真の腕は自慢はできるものではないけれど、それなりに私の写真を好きだと言ってくれる人もいる。
そして写真を見せながらトークショーもしたことがある。
だから、正直、私にもできるレベルじゃん!と思ってしまったわけで。

ずーずしいこと言ってすみません(笑)

ただチェコ語が話せないので、トークショーはできないけれど、
数十年後には私もこの劇場でショーやってやるぜ!
という、ずーずしく大きすぎる妄想だけは生まれた今日この頃でございます。

でも、トータル的にはこのイベントに行けてよかった。
ターボルのこんなにも多くの人が日本に興味を持ってくれているんだ。
と思うと、とっても嬉しかったです。
そして、劇場に入ったときに周りからの視線が熱かったぜ!
JAPONSKOを見に来ている人たちだから「あら、日本人かしら?」と思って
私を見ているに違いない。
いつもはジロジロみられるのも嫌だけど、この日に限っては「私を見てもいいわよ」
という気持ちになりました。ふふ。

そんなわけですが、本日も、こんなずーずしい私に愛のポチっとをお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村












クリスマスツリー点灯式

2016.11.26 10:56|イベント
朝10時になったところ。
現在のターボル6度。
もう最近は青空をみることもなくなり、ずっとどんよりした天気が続きているターボルです。

日本は大雪が降ったり地震があったり本当に色々と異常だね。。。
福島、茨城に家族的なつきあいをしている友人ファミリーが3世帯ほどいるので
ニュースを知って慌てて連絡した。
チェコは地震もないし、海もないから津波もない。
だけどもしここで地震が来たら、復興には何年もかかると思う。
博多駅前の沈没の件もチェコでも結構ニュースになっていたけれど
あんなんここで起きたら5年くらいはそのままじゃないか?って思うよ。
そう考えると日本ってやっぱりすごいな。って心から思う。
政治的なことでは、いろんなことが山積みな日本だけどね・・・


話は変わりまして、
昨日はターボルの旧市街のジシュカ広場でクリスマスツリーの点灯式がありました。

20161126175840c6a.jpeg

16:30からスタートで、仕事から帰ってきたホンザと一緒に行ってきました。
客なんて10人くらいだろうな。
と思っていたけど、広場にいったらどっこい人で溢れかえってました(笑)

20161126175947d69.jpeg

こんなにいるなんて!! 
5人くらいしかいないと思ってたよ。


とホンザは言っていた(笑)
私の10人予想より下回っていた(笑)
ホンザはターボル生まれターボル育ちのちゃきちゃきのターボルっ子ですが、
こういうイベントに全く興味がないので、私が行きたいと言わなければ行かないタイプ。
だからって、5人って(笑)

世間のみんなはクリスマスをワクワクと楽しみにしているのだよ、ホンザ君。

毎年9月にターボルでは大きな歴史の祭りがあるんだけどその祭りの初日並みに人がいた。
祭りの様子はこちらから→ http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

それにしてもまだ夕方5時前なのにもうすでに夜みたいに真っ暗。
そして、なんだか大きな人形がある。

201611261818117bf.jpeg

エンジェルらしい。
ホンザはなぜかこれが気に入った模様で、これの前で写真撮りたいという。
ホンザ同様、これと一緒に写真を撮りたい子供たちがいっぱいいて、
子供たちに交じって写真撮影。。。(笑)
子供かよっ!

クリスマスツリーにライトが点灯するシーンは圧巻だった。
光が飛んできてクリスマスツリーに点灯するというシナリオだったんだけど
それがなかなかいい演出で見ていて興奮した。

そして点灯されたツリーはこちら。

20161126175910155.jpeg

2016112617591391e.jpeg

20161126175913305.jpeg

20161126175840f42.jpeg

20161126175842c05.jpeg

街頭もクリスマスバージョンのライトが灯いた。
やっぱりクリスマスはわくわくするね。

そして無料でホットドリンクを配っていていたので並んでホットラムをもらった。
体があたたまる!けど、超絶甘かった・・・

この土地で過ごすクリスマスは今年で3度目。
ただ、去年までは日本に住んでいたから職場の冬休みを少し長めにもらって、
クリスマス当日の12月25日にここに到着していた。

(日本で最後に働いていた職場、本当に休暇に関しては寛大でありがたかった。
職場のみんなにその分迷惑かけたけど「気を付けて行ってらっしゃい」って笑顔で見送ってくれる職場だった。
みなさん、読んでるかわからないけれど、本当にありがとうございました!)

その為、もうクリスマスのイベント事体はすっかり終わっちゃっていたのだ。
だけど今年はクリスマス前からクリスマスを感じることができる。
私はクリスチャンではないけれど(敬虔な仏教徒とかでもないが)、
ヨーロッパのクリスマスはやっぱりわくわくする。

クリスマスマーケット、早く始まらないかなー。
プラハのクリスマスマーケットも行きたいな。



余談ですがキューバのカストロさんが亡くなったとのこと。
ご冥福を祈ります。
今後のキューバがどうなっていくかね。


本日もポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村