06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

再び病院に駆け込んだ日

2017.07.13 12:00|チェコの病院
ただいまチェコは昼の12時。
ターボルは17度。
涼しくて過ごしやすい。

だいぶ前になってしまいましたが、病院に駆け込んだ日のことを
備忘録も兼ねて。

7月3日、昼に韓国の辛ラーメンを食べ(大好物)、
夕方にちょっと小腹が減ったこともあり、ポテトチップスの食べかけがあったので
それの残りを食べた。

ホンザが仕事から帰ってくる頃からなんだか気持ち悪い。
胸やけみたいな感じ。

私、以前、胃炎がひどかったの。
職場の健康診断で胃潰瘍かもしれないと言われて病院行ったら
慢性胃炎だったってことが判明したんだけど、当時、てんぷらとか好きだけど
食べ過ぎると気持ち悪くなるとか、KFCのチキンも衣だけ取って食べるとか、
インドの山奥に行っていた時も、食べ物が脂っこすぎて毎日嘔吐してたとか(高山病もあったが)、
とにかく胃が弱かった。
だけど、その後、ピロリ菌を除菌した。
ピロリ菌除菌後は、油ものも平気になってしまい、酒も以前よりおいしく飲める。
みたいな生活になってしまったわけで。
そんなわけで、胸やけが久しぶりすぎたのだ。

今回、辛ラーメンの辛さと、チップスのガーリック味という食べ合わせが悪かったのか?
昼にラーメン食べたときは至って平気で、ポテチを食べた後に具合が悪くなったから
原因はポテチのガーリック味しか考えられない。
食中毒?ただの食べ合わせ??

ところが、ただの胸やけだけで済まず、夜には嘔吐が始まり、おなかは下すし、
深夜には胃に穴が開いたかと思うくらいの痛さ。

ストレス・・・・? 胃潰瘍・・・・?

とか思いつつ、痛くて寝ていられなくなってきた。

翌日の火曜の朝まで我慢したが、よくなりそうもなく、
結局、病院に連れて行ってもらった。
朝6時過ぎ。緊急外来みたいな感じ。

病院の敷地内で、痛みがピークで歩けなくなってホンザにおんぶしてもらってもらった程。。。
症状を話したら、便の検査。

そして、結果は当日は出ないものの、点滴を打つことに。
点滴をし始めたら、胃の痛みが治まってきて、だいぶラクになった。

1時間くらい経っただろうか。
点滴が終わり、別の病棟に行くよう言われそっちに行ったら、
かなり多くの患者が待合室にいた。
これ、待たされるパターンだよね・・・1時間は余裕で待つことになるかな。
と思ったらすぐ呼ばれた。

結局、便の結果が出ないと原因はわからないが食あたりだろう。という感じで、
日本でいうポカリスエットの粉末のオレンジ味バージョンみたいなやつを処方された。
ただ、この粉末のやつ、インドとかネパールにも別のやつだけどあって
飲んだことあるけれど、まずいんだよね・・・

あと、ミネラルウオーターを飲みなさい。と先生に言われ、ホンザがミネラルウオーターを
買ってきてくれたが、なんせミネラルの味の水がまずくて、
しかも、日本のは軟水だけど、こっちのは硬水が多くて
マグネシウム量が高くて、発泡水でないものを買ってきたのに、なぜか発泡のバブル感がって、
正直いうとまずい。

おまけに肉、乳製品、炭酸飲料、刺激物などはNGと言われ、ホンザにはパンを食えといわれるが
体調不良の時に、私はパンよりお粥とか、うどんの方が食べたいわけだし、
栄養つけなきゃならないのに、食べたいものが食べれず・・・という日々で、
胃の痛みはなくなり、嘔吐もなくなったけど、エネルギーが全くない。

ミネラルウオーターも2日間くらい我慢して飲むようにしていたけど、
飲みなれないものを飲んでいるせいか、違和感がとってもあったので
ミネラルウオーターを飲むのもやめた。

金曜日に検査結果が出るから、電話するように言われていて
ホンザが電話してくれたけど、病院のその先生、電話に出やしない。
さすがチェコ(笑)

もう、体調すっかりよくなって、いろいろ食べてるし、酒も飲み始めてるから電話しなくてもいいや(笑)

まあ、そんなわけですが相変わらず私が病院に行く理由は
膀胱炎だったり、虫刺されだったり、階段から落ちたり、食あたりだったり・・・
と、日本でこんな理由で病院に行ったことがない。という初めての内容ばかりです・・・(苦笑)

日本は食中毒とか気を付けないといけない季節ですよね。
チェコは日本みたいな気候ではないけど、油断してました。
食中毒、気を付けましょうね~。

【本日のおまけ】
体調不良の時に、義兄嫁のイルマが今年もくれたチェリー。
食べきれないくらい大量で、虫もいっぱいいた(笑)
チェコのフルーツとか、野菜とか、無農薬なものも多くて(自宅で作ってるやつとか)
結構、虫とかいっぱいついてるんだよね。

20170710184106e80.jpeg

ま、私はチェリーが苦手なので、ホンザががんばって食べていましたが、
量が多すぎて、消費が大変。
そろそろ、実家からズッキーニが大量に届けられる季節がやってくる・・・
ありがたいけど、量が半端ないので消費するのに精いっぱい(笑)

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

病院再び。薬の効果。

2017.06.15 14:06|チェコの病院
ただいまチェコは昼の3時前。
現在のターボルは28度。
天気もよくて暑い!!

今日は病院に行ったお話。
先週の土曜の夜、ターボルでは屋外マジックショーが行われていて
広場でも音楽のライブがあったりと、にぎわっていたんだけど
そのマジックショーで、蚊に刺された。

その刺された場所が日曜の夜にはパンパンになった。
かゆくてかゆくてたまらない。
かゆすぎるから、ひっかくわけで。
でも、蚊にしてはおかしい。

犯人はどうやらブヨだ。

翌日の朝には、こんな状態。
見苦しい足で申し訳ないけど、ご覧ください。

20170615213802a01.jpeg

まるで象の足(笑)

歩くのも微妙で、ちょっと、かゆさだけでなく熱持ってるし、ジンジンするし・・・
もう、これにはホンザもびっくりして仕事休んでくれたので病院に行ってきた。

病院はいつものターボルの大きな病院。
チェコはポリクリニカというクリニック?みたいなのもあるけれど
ネモツニツエという病院に直行。

朝8時には病院に着いて、受付で保険証やEU家族カードやパスポートなどを見せて受付。
だけど、私が診てもらうのは皮膚科?よくわからんが、そこは9時からとのこと。
一度帰るのもめんどくさいし、病院で時間つぶして9時前にその病棟へ。
ターボルの病院は大きな建物の周りにいくつか小さい建物があって、
精神科だったり、今回の皮膚科?外科?みたいな建物があったりするわけだけど、
私が行った時に待っていたのは1人だけでした。
でも9時になっても、まったく診察は始まらず、診察室から笑い声やら聞こえてくる始末。
日本と違って本当にマイペースなのだ。
少々、腹も立つけれどここはチェコ。仕方ない。
いつも病院には夕方以降に駆け込んでたから緊急扱いだったみたいで
結構すぐ診てくれたけど、今回は通常だから仕方ない。

私たちの後からもたくさんのじいさんばあさんがやってきたが、
みんな予約してあるみたいで、予約の人ばかりが先に呼ばれていくから
1時間以上待ってようやく自分の順番になった。

女の先生2人だった。
チェコはほとんど女の先生だ。
膀胱炎の時だけ、男の先生だったが。
パンパンな足を見せて、触られることもなく、飲み薬と塗り薬が処方された。

ブヨかなんかに刺されて、アレルギー反応を起こしてしまっていたらしい。
チェコではよくあることなのかな?
私は蚊によく刺されるタイプだけど、こんなんなったのは初めてだ。
ブヨ、甘く見ちゃいかんな。と思った。
そして、薬代の60コルナくらいだけ払って病院を後にした。

20170615215017a87.jpeg

抗生剤だったのをすっかり忘れていて、その日の夜はアルコールを摂取してしまった(苦笑)
(いや、実は昨夜もすっかり忘れて飲んでしまった・・・)

薬が効いたのか翌日にはだいぶ腫れがおさまった。
かゆみは翌日も時々あって、ひっかきたくなる衝動に襲われ
我慢できずひっかきまくったけど(笑)

そして木曜の今日には、もう腫れは全くなくかゆみも全くない。
薬の効果、恐ろしや。。。

それにしても先日、保険の更新をしてきたばかりだったけど、
保険適用されると医療費無料だし、ありがたいっす。

全く余談ですが、昨夜なんとターボルで日本人バンドの演奏があった。
その話はまた次回。


【本日のおまけ】
先日、捨ててあったパレットを拾ってきた。
ペンキを塗って、花や多肉を置くやつにしてみた。
ホンザ的には、私のペンキの塗り方とか本当に微妙で嫌みたいだけど
手伝わないなら口出すな!って感じです(笑)
ちなみにペンキを買いに行こうとしたら、ちょうどターボルに来ていた義兄がペンキあるよとのこと。
家の地下に部屋があるんだけど、そこに色々工具やらおいてあって、白のペンキも新品があった。
そのペンキを使わせてもらって、刷毛も借りて、
おまけにやすり掛けする機械も持っていたので、ペンキ塗る前にパレット全体にやすり掛けもできた。

20170615221740b42.jpeg

パレットは捨ててあったやつを拾ってきたからタダだし、材料費も0コルナ。0円です。
ほとんど、一人で全部やった。
がんばった、私。
嫌いじゃないのです、こういうこと。
イエーイ。
20170613201527741.jpeg

ちなみに左下にあるオレンジのジョウロとお花のセットは、姪っ子ベアータのものです。
彼女は週末にプラハからターボルにやってくると、最近は私と話しするのが楽しいらしく
一緒に多肉のパトロールをしてくれます(笑)
普段はプラハで暮らしていて、この花の面倒を見れないから、一緒に面倒みてほしい
言われ、ここに一緒に置いてあります。

ベアータは昨年と比べるとすごーーーーーーーーーく英語が話せるようになっていて
むしろ私より話せるし、すでに追い越されてます。かなりペラペラ。
おまけにフランス語も勉強中。
恐るべし8歳児。
英語とチェコ語で会話しています。
チェコ語をちょいちょい教えてくれます。発音とか直されてます、8歳児に(笑)
でも、いい話し相手であり、いい先生。
大人のチェコ人は早口だから、子供や年寄りと話しするのがちょうどいいのだ。
昨年は頭にシラミがいて、丸坊主になってしまった彼女も、今はだいぶ伸びて
女の子らしさが戻っています。

★日本ではシラミっていうと結構びびりますが、海外では結構よくあります。
シラミというと不潔なイメージですが、清潔にしていても集団行動をする子供には
よくあることで、フランスなどでもよくあるのです。



本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



抗生物質を飲み続けてクランベリー爆食い。

2017.04.25 15:19|チェコの病院
只今チェコは夕方4時になるところ。
ターボルは16度。
雨が降ったりやんだりで暖かいような寒いような。
というのも日本だと雨が降った後はムシムシするけれど、チェコは雨の後って
私が思うに、ムシムシせずに涼しくなるんだよね。
日本と違うところかしらね。

そんなわけですが、病院に行った話は昨日書きましたが、
思いのほか、ブログを読んだ色んな方から連絡をいただき、ご心配かけました。
心配してくれてありがとうございます。本当に。

昨日は、腰痛と腹痛が結構まだあったけど、今日はだいぶよくなって
やっと歩いて買い物に行けるかな?って感じだったので歩いて近所のスーパーへ行ってきました。
そしてゲットしたものはこちら。

20170425224556482.jpeg

クランベリーです。

チェコ語だとクランベリーはBrusinkyというんだけど、色んな方に膀胱炎にはクランベリーがいいと
アドバイスされ、ドライクランベリーを買ってきました。

これが結構おいしくて、バクバク食べまくりで止まらない(笑)

普通に普段から食べようかな。と思っている。

それにしても、私が膀胱炎について書いたら、結構な割合で膀胱炎にかかったという人が
連絡くれて、膀胱炎の多さにびっくりしています。
女性はなりやすいんだね。
しかもチェコ在住の日本人の女性は、結構な割合で膀胱炎になっていることが判明・・・(苦笑)
やっぱり、気候が違うのもあるのかもね。
私、寒い冬の時期には全く大丈夫だったのに、この春先に膀胱炎って・・・(苦笑)
油断したか、季節の変わり目だったからかな。

そんなわけですが、処方された抗生物質を飲み続けています。
12時間置きに飲んでいるんだけど、病院でドクターが確かサワー系は禁止って言ってたのは覚えているんだけど
あと何がNGだったかをすっかり忘れた私とホンザ・・・(苦笑)
ただ、ホンザがボレリアで抗生物質飲んでた時は、牛乳や乳製品はNGって言われてたから
一応、我慢しています。
サワー系ってオレンジジュースやリンゴジュースもNGってことだから結構つらいなー・・・・
おまけにアルコールも禁止か・・・(泣)

でも、あの痛みを思い出すと我慢できる。
っていうくらい、痛かったんですわ。

今週末から日本はGWでしょ。
バックパッカーつながりの友人ぽんくんが日曜にチェコにやってくるので
それまでに何としても治しておきたいところ。
日本から友人がやってくるのは昨年の8月以来だから楽しみだ!
とは言え、今回その友人が我が家に滞在するのは初日の夜だけで、あとは自由気ままに旅するんだろうけど。
インドを旅していた頃、その友人がインドにやってきて、たくさん日本食を持ってきてくれた。
ペヤングとか持ってきてくれてそのおいしさに泣きそうになりながらもう一人の友人sayaと一緒に食べたよ。その友人sayaは今はインド在住ですけどね。

なんかいろいろ懐かしい。
今回もいろいろと日本のものをお願いしちゃったよ。てへっ。
ぽんくん、楽しみにまってるぜ!!!


本日もポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村






土曜の夜10時、病院に駆け込んだ

2017.04.24 15:00|チェコの病院
現在チェコは昼3時半になるところ。
ただいまのターボルは14度。
ここ最近、寒い日が続いていましたが今日はポカポカ。
ただ、昨日は5分くらいだけど雪が降りましたけどね。。。
GWにチェコを旅行しようという方は、天気の変化が激しいので
軽めのダウンジャケットはもちろんですが、ヒートテック、タイツなどのインナーも
持っているといいかもしれません。

と、そんなわけですが実は私、先日のブログにも書いていましたが体調不良が続いておりまして、

土曜の夜に、ついに病院に駆け込んだわけです・・・

土曜はホンザさんがボルダリングの大会に出場だったので、
私は観戦に行っていたわけですが、3時くらいから腰痛がひどくなってきて
おまけに腹痛もあって、私だけその場を後にして帰宅。

帰宅してからも痛みは収まらず、日本から持ってきていた鎮痛剤を飲んで
少しだけ和らいだものの、また痛みがやってくる。

実は先週水曜くらいから、トイレに行っておしっこする時に尿道が痛くて
おまけに残尿感があって何度もトイレに行っていたから、膀胱炎かもな・・・と思っていた。
ただ、腰痛や腹痛の原因がわからない。
過去、交通事故でぶつけられたことが2度あり、雨の前には背中や腰が痛む時がある。
おまけに、過去、子宮内膜症やらで開腹手術も経験している。
もしや、また再発・・・・?とか色々妄想。

ただ、膀胱炎についていろいろ調べてみたら、腰痛や腹痛もあるそうで。
しかもかなりの激痛ということで、私の今の症状にぴったり当てはまる。

これは、膀胱炎に間違いない!

ホンザは9時過ぎに帰ってきて、その後病院に行くことになった。
土曜だし、夜10時だし、病院どうなのよ?って不安があったけど
思っていたより、ずっと良かった。

尿検査して、その後は触診してエコーもしてくれた。
正直、尿検査だけだと思ったけど、もしかしたら私が昼間に日本の鎮痛剤を飲んじゃっていたから
ちゃんとした反応が出なかったのかな?と後から思った。
エコーで、ホンザに画像を見せながら「ここが感染している。炎症起こしている」と説明してくれた。
膀胱炎というちゃんとした病名は言われなかったが、私の予想通りだった。

予想通りの抗生物質を出され(ネットでチェックしていた)それを飲むことに。
ただ、ドクターから処方された紙を持って通常は薬局で薬を買うんだけど
この時間はさすがに病院付属の薬局も開いていなかったから
ドクターが今飲む分と、翌日の朝の分を出してくれた。

それを病院で飲んで病院を後にした。
家に着いたのは深夜12時近かったけど、その頃にはだいぶ腰痛や腹痛がなくなっていた。
抗生物質はあまり服用したくないけど、しばらくは続けようと思う。
今、ちょっと腰痛があるけれど。。。

そして翌日、日曜の朝、ホンザが病院付属の薬局で薬を買ってきてくれた。
ポーランドの薬らしい。

20170424224013368.jpeg

ちなみに一粒のサイズが大きすぎて、喉につかえる(笑)
割って服用してます。

20170424224014a74.jpeg

チェコで病院に行くのは2度目だったけど、1度目は受付の人が
私の保険の仕組みを間違えていて、私が一度病院に払って、その領収書を
保険屋に持っていって払い戻してもらったけど、本当はお金払わなくていいシステムだった。
というわけで、今回はお金も払わず済んだ。

診察してもらったとき、ドクターやら看護師やらが隣の部屋にもいて4人くらいはいたと思う。
チェコ人が土曜の深夜に、こんなにちゃんと働いてるなんてさすが病院だな。
と思ったけど、ホンザ曰くドクターはウクライナ人だと思う。ウクライナ語訛りがあった。
というから、チェコ人ばかりじゃないんだな。と思い直した(笑)

そんなわけで、だいぶよくなって尿道の痛みはなくなったけど、
まだ腰痛と軽い腹痛がある。
早く治ってほしい。

・・・ってか、膀胱炎になったの初めてだ。
今までこんなひどいと思ってなかっただけに、結構衝撃だった。
死ぬかと思ったよ、痛くて。
みなさん膀胱炎には気を付けてね。

【今日のおまけ】
妹から送られてきた写真。
チェコが特集されてますよ。

2017042422401291d.jpeg

本日もポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


チェコで初の歯医者に行ってきた

2017.01.23 16:06|チェコの病院
ただいまチェコは午後3時半になるところ。
ターボルはただいまマイナス6度。
曇っていて太陽が出ていないからもっと寒く感じるけれど。

今日は、タイトルの如く、チェコで初めての歯医者に行ってきました。というお話。
そのお話を自分の備忘録兼ねて忘れないうちに書いておこうかと。

ことの始まりは今月初め。
昨年、クリスマスでクルミを使ったクッキーを大量に作ったんだけど
クルミがまだ大量に余っていた。
ホンザがクルミを割ってくれたので、クルミを食べてたんだけど、

まさかのクルミで歯が欠けた・・・(泣)

欠けたと言っても、ほんの1mmくらいだけど、前歯の横の歯。
言わなければ誰も気づかないかもしれない程度だった。

しかし、その数日後。
固いもの食べてたら、その欠けが少し大きくなった。1.5mmから2mmくらいか。

このままだと、もしかしたらもっと欠けていくかもしれない。という恐怖に襲われた。
怖くて、もちろんクルミは食べれないし、大好物のバゲットのパンも気を使って食べてる始末。
奥歯とか目立たないところならいいけど、前歯の横だし大きく欠けたら目立つこと間違いなし。
大きく欠けてからの歯医者通いはもっと怖いかも。

歯医者に行こうか、どうしようか迷ったが、もし、何かの拍子にバキッと大きく欠けたら・・・
という恐怖が襲ってきたので、ホンザに歯医者の予約をしてもらった。

日本でも歯医者に行くのは怖いのに、海外での歯医者はもっと怖い。
おまけに、海外って歯の治療がべらぼうに高いことでも有名だし。
チェコの歯医者の事情が全く分からない。
ホンザはチェコ人で、普通に検診とかするのは無料なんだけど、
何か特別な処置をしてもらう時は有料らしい。
私の場合は間違いなく有料だし、歯の治療は高いよね・・・

そんなことをいろいろ考えていたせいなのか、日ごろの疲れがたまっているからなのか、
いつもは一晩寝れば治るヘルペスが、今朝はもっとひどくなっていた。。。。

予約時間は11:30。
ホンザに付き添いしてもらい歯医者へ。
言葉がわからないから、歯医者さえも一人で行けないというみじめさ。。。

11:20くらいに歯医者に到着。
ホンザは、絶対に30分くらい待たされるよ。と言っていたけれど、
予約時間の11:30前には、呼ばれて治療開始。

女のおばちゃんの先生が2人。
ホンザも通っている歯医者なので(チェコ人は年に数回、検診するらしい)、すんなり診察の椅子へ。

歯医者はチェコスロバキアの名残の古臭い、暗いイメージを想像していたけど、

日本と全く変わらない雰囲気だった(笑)

むしろ、治療の椅子が1つしかなくて、集中して一人の治療をしてくれる感じで
私的にはとっても好印象だった。
治療室も日本と全く変わらなくてクリーンな感じ。
器具もよくわからないけど、日本と変わらないイメージ。

日本で私が通っていた歯医者はいくつか椅子があって患者が座っていて、
例え他人の歯の治療であっても、あのキーキーと歯を削る音が嫌でも聞こえてきたけれど、
ここの歯医者は一人ずつの診断だし、そういう意味でイメージアップ。

そして、私の歯を見て、Hezký Hezkýと繰り返していた。
Hezkýとはこのブログのタイトルでもあるんだけど、きれいとかそういう意味。

要は私が日本で治療した銀歯を見て、
Hezkýと言っているのだ(笑)


日本での治療の材質、とてもいい材質を使ってるわね!!!

と感動していた模様(笑)
ちょと笑ってしまいそうになった。
口開けてたから、笑えなかったけど。

そしてホンザと先生2人は、私の治療中もずーーーーーーーーーーーーーーーーっと世間話(笑)
チェコ人、本当に話が好きだなって思う。

治療は15分程度で終わった。
欠けてた部分をちょっと削って(あのキーキーはチェコも日本と変わらなかった)、
そして、欠けた部分をうまくなんかくっつけてくれた。

途中、鏡を見せてくれて こんな感じだけど大丈夫かしら?違和感ない??
と聞いてくれて、私が想像していたより、よっぽどか上手に治療してくれていたのでよかった。
どんな想像してたんだよ?って感じですが、正直、チェコで医療に関してはあまり信用していなかった分、
私の感動はとっても大きかったのである。

そして、ホンザは2月に検診の予定だったんだけど、せっかく来てるから・・・
ということで、ホンザの検診もその後やってもらった(笑)
ラッキー。

そんなわけですが、一番恐れていたのは歯の治療代。
海外だし、私、外人だし高額になることは分かっていたので、一か月の食事代分くらい用意して行ったのだ。
海外だと5万や10万なんていう話、たまに聞くからね。

ところが、610kčだった。
日本円にしたら3000円くらいか。
保険適用じゃなくて、この値段。
チェコ人とあまり差がない金額の設定にしてくれたらしい。

ありがたやー。

チェコで初の歯医者でかなりドキドキだったけど、歯の治療が終わったことに加え、
その金額がとっても安く済んだことで、私の疲れはどこかに吹き飛んだというのは言うまでもない(笑)
まだヘルペスは治ってないけど、きっと明日には少しはよくなっていることだろう。

おまけに、歯の治療だから保険は適用されないかも。と思っていたけど、
歯医者の帰りに保険屋に立ち寄ったら、適用されるかもしれないっぽくて、
歯医者の領収書渡して、書類書いてきました。
610kčで思ったより安く済んでうれしかっただけでなく、保険が適用されたら、
全額口座に振り込まれるわけで、歯の治療代が無料ってことです。

チェコ、いいじゃん。

と思った。
医療費も基本的にチェコ人は無料だしね。
(高度な医療を求める場合とか、もしかしたら条件にあっていない場合は有料だと思うけど)


そんなわけですが、一回で治療が済んでよかったのと、
胸のつかえが一つ取れました。

2人の女歯科医のおばちゃんも、やさしくていい先生だったし、
チェコでの歯医者に対する恐怖はなくなりました。
むしろ、今のところは日本よりいいイメージです。

それにしても前に階段から落ちて背中を強打したときもそうだったけど
チェコは女医が多いんだな。と思った。
もしかしたらターボルだけなのかもしれないけど。
男の先生とか、いい腕の先生は、チェコじゃなくて海外に出てしまうみたいだし、
そういう意味で、女医が多いのかな?とか思ったりもしたけど
これはあくまでも私の想像というか妄想なのであしからず。

チェコの歯医者の前で記念撮影(笑)
201701232321477b2.jpeg

本日もポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村