01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

チェコで選ぶ日本へのお土産

2018.02.13 12:43|チェコ
ただいまチェコは昼の11時半になるところ。
現在ターボルは1度。
今日は天気もよく、ぽかぽかしてます。

昨日はホンザのおじいちゃんの家に行ってきた。
おじいちゃんの家の近所でこれ見つけた。
20180213192449715.jpeg
今は使われていないみたいだけど。

おじいちゃんは海外からのポストカードが届くのが大好きで、
親せきがいるドイツやフランスから届くカードをいつも見せてくれる。
そんなわけで、私は一時帰国中に日本からおじいちゃん宛てにカードを送っていたんだけど
なんせチェコ語で書いたから、届いていたカードをみたホンザにはめっちゃダメだしされたけど
おじいちゃんは大喜びしてくれていたみたいで、いつもいくホスポダ(居酒屋)にもっていって
飲み仲間に見せていたらしい。
私のへたくそなチェコ語がホスポダの仲間たちに知れ渡ってしまった(笑)

・・・とそんな感じですが、
一時帰国からチェコに戻ってきて1週間くらい経過したわけで、
日本のネタもちょいちょい書いてきましたが、
今日はお土産のことを書こうと思います。

日本に行く際にもっていったお土産をちょっと書いてみます。

・チェコビール
201802132017592fa.jpeg

これはやっぱり喜ばれる品でした。
ビールの消費量が世界一ともいわれるチェコは、ビールがとにかく安い。
日本でもおなじみのピルスナーやブドヴァルなどはチェコのビールの中では少し高めだけど
日本で買うより相当安い。
私は日本で買えるチェコビールではなく、
チェコ人が結構普段飲んでいるKozelやBRANIKなどをメインに持って行った。
チェコはビールの種類も多いし、500m缶もあれば5リットル缶もある。
さすがに5リットル缶は持って帰れなかったけど(重いし)、
1.5リットルや2リットルのペットボトルのビールは、日本人にとっては新鮮かも。

・チェコのワイン
チェコはビールが有名ですが、実はワインも有名。
モラヴィア地方のワインはとってもおいしくて、わたしは大好き。
白ワインは特に飲みやすいし、甘口、辛口など好みのワインを選んで持って帰った。

・キャビア
チェコではキャビア(本物か?笑)がスーパーで安く買える。
日本で買うと相当高いが、チェコでは安く手に入る。
キャビアは冷蔵した方がいいが、私は空港に行くギリギリまで冷蔵庫で保管しておいた。
夏場は厳しいかもしれないけれど・・・
日本ではやはり話のネタになるし喜ばれた。

・チェコのはちみつ
チェコははちみつ農家が結構多い。
ターボルの旧市街にもはちみつ専門店があるけれど、
ちょっと郊外に行くと「Med」と書いてある看板を出している家が多くみられる。
Medとははちみつのこと。
わたしは水曜にターボルの広場で開催されるマーケットではちみつをよく買うのだけど
そのはちみつ屋のおじいちゃんから買ったはちみつを日本のお土産に。

・チェコのお酒 SLIVOVICE

20180213201834ae6.jpeg

プラムのお酒で、チェコだけではなくスロバキアやポーランドなどでも作られているお酒。
これがアルコール度が結構高い。
日本で酒好きな仲間たちとグビっと飲む時のために購入した。
スーパーで時々安売りしていてそういうときは半額とまではいかないけれど
100コルナ以上安かったりするから、広告をチェックしていた。

・コロナーダ(KOLONADA)
2018021401463197a.jpeg

お菓子です。チェコのお土産に選ぶお菓子と言ったら、私的にはこれ!っていうくらい好きなお菓子。
ゴーフルのお菓子で、チョコレート味やバニラやヘーゼルナッツの味とかある。
私はチョコレート味しか買わないんだけど(笑)、サイズも様々で
ちょっとしたいい感じのお土産にしたければ箱、手軽に配りたいなら写真のような
袋入りの小さなサイズもある。
薄べったいものや、何枚に重なって1つになったものとかいろいろある。

・クルテクのグッズ
201802132017579b0.jpeg
チェコアニメのもぐらのクルテク。
最近日本でもめっちゃ人気なようです。
日本でいうと、ドラえもんやハローキテイ的なポジションか?(違ったらすみません)
小さな子供がいる友達とかにクルテクのグッズをもって帰りました。
ぬりえ、紅茶、ラムネ、お菓子、人形、本、などなどクルテクのグッズはチェコでは
たくさんあふれているので、いいお土産になります。

・・・と、まあこんな感じのものを選びました。
あとは、酒のつまみにもぴったりなひまわりの種とか、
チョコレートやいろいろなお菓子、料理本やらいろいろと選んだけれど、上記のものがメインでした。
チェコはビールやワインがおいしいし、安く手に入るからおみやげにもぴったり。
ただ、重いし瓶の場合は割れないように注意が必要だし、缶でも爆発しないように注意が必要ですが。

チェコは何が有名?ってよく聞かれることがありますが、いろいろあるのだ。
お土産探しも楽しい国です。
アンテイークものなんかも、探し回れば面白いものが見つかるだろうし。
ミュシャのファンはミュシャグッズも探しもいいかもしれない。

私が選んだお土産は基本的にほとんどスーパーで買ったものばかりですが、
海外のスーパーって面白いしおすすめです。
SLIVOVICEやビール、ワイン、コロナーダなど、空港の免税店でも売ってるけど
相当高いので、スーパーがおすすめ。
ちなみにプラハの空港にはチェックインする前だけど、スーパーのBILLAがあるから
そこで最後に買い忘れたものを買ってみるのもよいかと思います。

・・・というわけで、次回はチェコへのお土産のお話を書こうかな。

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

チェコに戻ってきました

2018.02.06 09:20|チェコ
ただいまチェコは朝の8時半を過ぎたところ。
現在ターボルはマイナス4度。

ご無沙汰しております。

3日の土曜にチェコに戻ってきました!


成田からイスタンブール、イスタンブールからプラハという便でしたが、
すごく疲れてしまった。

今回もターキッシュエアを使ったわけですが、預け入れ荷物は23KGが2個までOK。
ところが荷物が多すぎて、どうしてもオーバーしてしまう・・・
というわけで、持って行った洋服(あまり持って行ってないけど)はすべて圧縮して、
手荷物で持ち帰ってきた(苦笑)
だから手荷物もパンパンでした・・・

しかも、家で何度も重量をチェックしてようやく23キロくらいにおさまった。
1つはスーツケースで、ファスナーのスーツケースなんだけど、
ファスナーが壊れるんじゃないか?と思うくらいパンパンになってしまい、
もう1つは70リットルのバックパックなんだけど、バックパックから荷物があふれ出そうな勢いだったので、

実家で業務用のラップでグルグル巻いてから空港にいきました。

空港でもラップで巻いてくれるのは知っているけれど1000~1500円くらいする。
以前、実家で家庭菜園用かなんかで、業務用的な大き目なラップがあったのを思い出し
父親に聞いたら、そのラップがまだ残っていたので、
父親と一緒にグルグル巻いてきました。
空港でやってもらうと高いし、100均にもそういうラップ売ってるみたいだから、
そういうのを使って自分でやっていく方がいいと思う。

ラップは盗難防止にもなるし(空港職員による盗難とか)、荷崩れしなくなるし、
中を開ける率も減るらしいし、私みたいにファスナーが壊れそうな人にも(笑)おすすめです。

ところがですね、空港についてチェックインした時に、1つが26キロ、もう1つは24キロくらいだった。

完全にオーバー・・・(汗)

ターキッシュエアは、23キロの荷物がオーバーする場合、下記のようになる。
事前に、ターキッシュエアに電話して聞いてみたのです(2018年1月の情報)

・1キロオーバーしても80USドルの超過料金。
・ただし、超過料金80USドル払えば、23キロが32キロまでOK
・荷物1つ追加する場合は23キロまで、175USドルを支払えばOK


というわけで、たった1キロオーバーしても80ドル、9キロオーバーしても80ドルなので
どうせなら9キロオーバーがよかったんだけど、何にしてももうバッグに入らないというレベルだったので
なんとしても23キロの規定におさめたかった私。
しかしながら、空港で荷物測ったらすでに1つが3キロ、もう1つも1キロオーバーしていたという始末(苦笑)

ところがですね、担当のお姉さんが素敵な方で見逃してくれました!!!
ターキッシュエアは比較的、少しくらいのオーバーなら毎回見逃してくれるんだけど、
今回4キロとかだったからヒヤっとしたけど、大丈夫でした。
私がチェックインカウンターで並んでいた時に、
別のカウンターで、ほかのチェックインしている2人組が
どうやら荷物が重くてスーツケースから出していたからそれ見て、ヒヤヒヤしていたんだよね・・・
わたし、ターキッシュエアのマイレージカード持ってるので、
それを持っているのを見て、見逃してくれたかも~・・・・

成田からトルコに到着し、トルコからプラハに向かう便に乗り込んだもののなかなか出発せず。
20180206164741bd2.jpeg

結局50分遅れくらいで出発した。

めっちゃ疲れたけど、ターキッシュは機内食がとにかくおいしい。
機内食とは思えないレベルの高さ。
日本からの便は、おにぎりもある。
アメニテイもアイマスク、耳栓、スリッパ、靴下、歯ブラシセット、さらにはリップまで。
ターキッシュ、大好きです。

そして予定より25分遅れくらいでプラハに到着した。
いつもはなかなか出てこない荷物も、なぜか今回はすんなりとすぐに出てきた。
2つともラップしてあったから見つけやすかった。

ホンザが空港に迎えに来てくれていたが、久々に見るわが夫、久々に触れるわが夫、
なんだか、遠距離恋愛をしていたころを思い出した。

そして、ターボルまでの帰り道の途中で、食材を買いにスーパーに立ち寄り、
ランチも途中のレストランで済まして、久々にチェコの我が家に帰宅。

帰ってきたらキッチンにチューリップがおいてあったよ。
20180206164743285.jpeg

まったく、かわいいことしてくれるぜ。


冷蔵庫の中を見たら、想像していた以上に、すっからかんだった(笑)
買い出ししてきてよかったわ・・・

・・・とこんな感じに無事、チェコに戻ってきました。

一時帰国は3週間ほどでしたが、たっぷり充電しました。
日本での話はまた改めて書きますが、久々の日本は楽しかった!


【本日のおまけ】

100均とかでいろいろとお土産を選んだわけですが、
父親がやたらとバンバン無差別にかごに入れてくるわけで(買ってもらったけどw)
父親が気に入って選んだガイコツのボールペン。
目が赤く光るんだけど、甥っ子ツイリルはこれが一番気に入っていた模様・・・
他にもお土産、いろいろあるんだよ。それなのにこれかよ(笑)
201802061647445dc.jpeg

そして姪っ子ベアータにもいろいろお土産渡したわけですが、
一番気に入ったのは、このくまちゃんのポシェットらしい。
こちら100均で200円商品でした。ちょうど、くまの絵柄が入った服着てるし(笑)
20180206164745c7e.jpeg

結論。100均はすごい。

以上。


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

いよいよ一時帰国

2018.01.11 10:09|チェコ
ただいまチェコは午前の9時半。
ターボルは3度。
寒くはないけれど、どんよりした天気。
今年に入ってからすごく寒かった日というのがあまりなくて今年は暖冬だなと思う。

さて、タイトルの通りですがいよいよ一時帰国です。
今夜の便で日本に行きます。

お土産とか頼まれたものをいろいろ入れていたら
スーツケースと70リットルのバックパック、中身はほぼいっぱいになりました。

20180111173044191.jpeg

23キロが2つ持ち込める航空会社を選んでおいてよかった・・・
今回、荷物の重量を重視して航空会社を選んだ。
エコノミーは荷物1つしか持ち込めない航空会社も多いし、
かといって超過料金払うのもなんだし・・・
日本からチェコに戻ってくる時にも荷物が大量なことは目に見えてわかっているので、
結局は好きなターキッシュエアラインに落ち着いた。

バックパックは地味な色だけど荷物が出てくるときに分かりにくいからピンクの手ぬぐい付けた(笑)
これをつけるだけで地味な色のバッグでも意外と見つけやすいのだ。
スーツケースはオレンジだからわかりやすいのと、さらにスーツケースベルトの色で
見分けがつきやすいように目印をつけてある。

さて、そんな感じで荷物の準備はできたのだが、問題は留守番をするホンザの食事。
昨日、一緒にいろいろと買い出しに行ってきた。
かといって、自分で料理をする人ではないし、買い物も行きたがらない人なので
冷凍ものとかレトルトとかインスタントのスープなど、体に悪そうなものばかりだけど(苦笑)

スヴィチコヴァーやグラーシュの
レトルトがあることを初めて知りました。


20180111173043012.jpeg

あとは冷凍ピザや、ハンバーグをいくつか買って冷凍した。
解凍して焼くだけ。
パンをよく食べるチェコ人なので、パンは固くなっちゃうし都度自分で買ってもらおう。
まあ、実家が徒歩15分程度の距離なので、義母にもホンザの食事のことを先日お願いしてきた。

そうそう、先日、旦那の実家から連絡があって一人で実家に行ってきた。
私が一時帰国するにあたり、日本の実家の父が好きなお酒や、モラヴィアのワイン、
チョコレートなど日本の家族へのお土産を用意してくれていたのだ。
本当にありがたいし、優しい。
とても気が利く義父母だ。
ホンザはそういうところ、全く似ていなくて気が利かないから、
この親からこの息子が生まれてきたことが信じられない・・・(笑)

そして実家で、義母とは極力チェコ語で会話するようにしているのだが、
義母に Shigeru bana! Fudži 
TVで放送していたのよ。見に行く??と言われ、
しげる花ってなんだ?と思っていたんだけど、義母に言われ調べてみたら、

静岡県富士山世界遺産センターのことだった。
坂茂さんが、banaさんになってました(笑) 
花じゃないし(笑)
義母にBaň? とも聞かれました(笑) チェコ語って奥が深いですね。
そんな富士山世界遺産センターは、先月オープンしたのは知っていたし、
地元だから行くつもりだったので、行くよ~と答えたら、
義母はめっちゃ興奮していました。
日本から写真送ってあげよ~っと。

日本に帰国するにあたり、多肉植物やほかの植物の水やり加減とか全部絵に描いてメモして
ホンザに託すわけで、昨夜はみっちり教え込んだ。
私の多肉ちゃんたちが、チェコに戻ってくるまで元気でいてくれますように・・・

次回のブログは日本からの更新になると思います。
それでは日本のみなさん、帰りますのでよろしくです!
チェコのみなさま、またチェコに戻ってきたら遊んでください。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ヨゼフ・ラダとカレル・チャペック

2018.01.08 11:35|チェコ

ただいまチェコは昼の11時半になるところ。
現在ターボルは4度。
今年はなんだか温かい。
あまりマイナスになる日がないような気がする。
・・・これから寒い日が来るのかな?

先日、近所のギャラリーに行ってきた。
6日までの展示で、行こう行こうと思っていたけどなかなか行けずにいて
5日に駆け込みで行ってきた。

チェコの画家のヨゼフ・ラダの絵とクリスマスの展示。

2018010818363085a.jpeg

2018010818363076a.jpeg

正月過ぎてもまだクリスマスツリーですが(笑)
館内は撮影禁止なので写真は撮ってませんが、チェコのクリスマスの絵やクッキー、
クリスマスの雰囲気がわかるような展示物でした。

チェコのイラストの中でも、私はヨゼフ・ラダが結構好きで、
だからといって大ファンとかではないけれど、黒ネコのミケシュというアニメがあってそれが結構好き。
(下の写真はぬりえ)

20180108193411eb9.jpeg

ホンザも好きで子供のころ見ていたそうで、私たちは時々そのアニメを見ている。
ヨゼフ・ラダの絵はチェコの暮らし(田舎)とかがよく出てきて、
動物ネタも多いからすごくチェコらしいなと思うわけです。

動物ネタといえば少し話が変わるけど、昨年、駅近くのスーパーに鹿が入ってきたそう(笑)
もちろん店員も客もびっくりするわけで。
そこのスーパー、時々行くんだけど、決して森の中にあるとかじゃなくて
バスや車の通りも多いし、建物も多い中にあるの。
普通の街中にあるスーパー。
だから、どこからその鹿がやってきたのかがとっても疑問なんだけど(笑)
そして、その鹿を森に戻したそう。
これが日本だったらどうなっていたかな…?と思うので、
森に戻すとかが当たり前のチェコ人の考え方が好きだなと思った。

そして話は戻りますが、カレル・チャペック。
作家さんで、お兄さんのヨゼフとともに有名。

私たちが時々口にするロボットという言葉は、彼らが作ったものです。
「労働」を意味するチェコ語からできたらしい。

先日、町をプラプラ歩いていてぷらりと立ち寄った本屋で安売りしていたから
カレル・チャペックの本を買ってみました。

201801081836330df.jpeg

この本、日本では「園芸家の一年」というタイトルで訳されて売っているので
もともとずっと読みたいなと思っていた本。
本当は日本語で読みたかったんだけど、安売りされていたので思わず買ってしまった。
チェコ語だから今の私にとっては簡単に読める本ではないけれど、

これを今年読む! 

という新年の目標を立ててみました。

本を買ってきたことをホンザに話したら嬉しそうでした。
私がチェコ語を勉強すると嬉しそうなんだよね。
昨年はチェコ語をほとんど勉強しなかったから、今年は少し勉強しようと思っているんだけど
チェコ語を勉強する以前の問題で私はすぐ飽きてしまう性格。
飽きっぽいのだ。
なので、三日坊主にならないようにする!というのがまずは目標だということに気づいた次第でございます。

今週、一時帰国するのでこの本はホンザが読みたいというのでホンザに預けておきます。

というわけで、ヨゼフ・ラダとカレル・チャペックなんてえらそうなタイトルつけたけど、
だから何だって感じですみません。。。

チェコには他にもユダヤのフランツ・カフカなどいますが、
カフカの「変身」を中学の頃に初めて読んだときに、
なんだ、このイカレた内容は・・・と衝撃を受けた記憶があります。
その「変身」があまりにも衝撃で記憶に残っていたせいか、
本もなぜか捨てられす、今はもうすっかり黄ばんでいますがチェコにも持ってきています。

チェコにはいい作家がいるなあと、しみじみ感じた次第でございます。

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

チェコのスーパーあるある【金額ミス】

2018.01.05 11:21|チェコ
ただいまチェコは午前の11時前。
現在のターボルは5度。

ただいま、ホンザとホンザの仕事仲間のビーチャが我が家で緑茶を飲みながら
なんだかいろいろと世間話しています。
ようは暇ってことなんでしょう・・・・(笑)
そんな二人の話には入っていけないので(チェコ語で早口だし)、
私はブログを更新しております(笑)

今日はチェコのあるある、スーパーあるあるのお話を。
昨日、ターボルの中でも大き目のスーパーkauflandに行った。
近所にはいくつかスーパーがあるけれど、kauflandは大型スーパーだから
いろいろ売っているし見るのが楽しいから行くのが好きだ。

チェコのスーパーに限らないと思うけれど、気を付けなければならないことがある。

レシートをもらったら、確認するのがよい!!

ということ。
これはチェコに来た頃からホンザによく言われていて、なるべく実践するようにしている。
というのも、よく金額ミスがあるのだ。
チェコのスーパーではレシートをもらわない人もいるけれど、
お会計を終えた後に、レシートを確認している人も多い。

最初のころは、レシートに書かれている品のチェコ語が分からず苦戦したけれど
最近は大体がわかるようになってきて、あとは値段もなんとなく覚えていて(相場がわかってきたから)
レシートの間違いがあってもすぐに気づくようになった。

そして、昨日、今年初のレシートミスを発見した。
レジを打っている時に、なるべく表示される金額をチェックするようにしているんだけど、
あれ?おかしい。と思ったのだ。

そしてお会計が終わってからレシートをチェックしたら案の定間違っていた。
肉を買ったんだけど、肉のパックに付いていた値札に書かれていた金額は43.2Kčだったのに、
レシートには72.49 Kčと打たれている。

小さなスーパーだとそのまま打ったレジに持っていけばいいんだけど
大きなスーパーはサービスカウンターがあるので、サービスカウンターへ。

現物とレシートを見せると確認してくれ、差額を返金してくれる。

20180105185711d4e.jpeg

そして、スーパーの返金台帳みたいなのにサインして終了。

例えば袋に入っていなくて店で焼き上げるパンとかはバーコードがついてない。
そういう場合はキャッシャーの人が手打ちで金額を入力するから、
パンの種類をキャッシャーの人が間違うこともたまにある。
でも、今回の肉はパックにバーコードがついていて金額が書かれているにも関わらず
全く違った金額(キロ単位の金額が書かれていることもあるが、キロ単位の金額とも違った)が打たれていたから
もともとのバーコードの金額入力ミスだろう。
チェコでは本当にこういうことがよくある。

値引きされている品が値引きされる前の金額だったり、
棚についている値札とそこに置かれている品が異なる品だったり(苦笑)
なので、商品を買うときには、棚についている品名を見て買うのはもちろんだけど
バーコードの番号も照らし合わせて買う時もよくある。
注意して見ないと、結構危険だったりするのだ。

少額だったら気にならないかもしれないけれど、結構頻繁にあるし
今回は29 Kčで日本円にしたら150円、チェコの物価感覚だと300円くらいだけど
ホスポダ(居酒屋)でビールが一杯は飲める金額だからね!(笑)
マーケットなら小さな多肉が1つは買えるくらいの金額だからね!
そりゃ、私にとっては大きな金額なわけですよ。

そんなわけで、私はなるべく注意してレシートを見るようにしている。
日本と違って店側は、申し訳ございませんでした!みたいな感じは全くないけれどね。
キャッシャーの人も、日本と違って座ってレジ打ちするし、ジュース飲んだり水分補給したり、
レジ打ちながら鼻かんだりするし(衛生面とか考えたら日本ではありえない行為だが)、
ぺちゃくちゃ話しながらレジ打ちしてるし(後ろに並んでいる人がいてもおかまいなし)、
それでもそれが普通なのです。
そう考えると、改めて日本ってすごいなあと思うわけです。


そんなわけですが、チェコに遊びに来る方、レシートはチェックした方がよいですよ!


本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村