FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

有名な観光地ではないけれど個人的には大ヒットな街

2019.04.02 12:25|チェコ国内旅行
ただいまチェコは昼の1時になるところ。
現在ターボルは10度。
ここ最近暖かい。
というか暑い日もある。

少し日が経ってしまいましたが、先日のジシュカの生まれ故郷Trocnovの話のつづきを。
http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-397.html

Trocnovの後は、オーストリアに向かった。

と書くと聞こえはいいけれど、すごく近くなのと、田舎町のドライブだけですけどね(笑)

南ボヘミアはオーストリアからもとても近いのです。
いくつかの小さな町をこえ、
201904021958315a3.jpeg

こんな感じの道路を走り、
20190402195832538.jpeg

偶然通りかかったのがここ。
201903241716002e6.jpeg

Heidenreichsteinハイデンライヒシュタインってお城。
立派な城でした。
後から知ったけど、ちゃんと中に入ればよかったなあと少し後悔。

そして、チェコに戻り、ホンザが行きたがっていた街、Slavoniceに到着。


ここの町で少し遅いランチをとり、その後、町探索をしたわけですが、

Slavonice、イイ!!!
個人的には大ヒット。



201904021958334c6.jpeg

まず好きな理由は観光客がほとんどいない。
いたとしてもチェコ人か、国境近くの町なのでオーストリア人のみ。
そう、とても静かなのです。

20190402195835b25.jpeg

さらには、古い建物がそのまま残っているところ。
チェコの有名な観光地は、きれいに修復されていたりもするけれど
この町は、昔のまま残っている感じ。

20190402195838a08.jpeg


2019040219584121a.jpeg

それでは私たちがすっかり気に入ってしまったSlavoniceをどうぞ。

201904021958472cb.jpeg

20190402195848784.jpeg

201904021958458bd.jpeg

ホンザ曰く、昔のターボルもこんな感じに静かだったと言っていた。
ホンザは騒がしい場所が苦手なので(森とかで暮らしたいような人)、
このくらい静かな町がいいみたいで、暮らしたいと言っていた。
ちなみに彼が暮らしたいと言ったチェコの町は、この町とミクロフである。
ミクロフは観光地ではあるが、こじんまりしていてとてもいい街なのでお気に入りなのである。

とにかくこの町は日本のガイドブックには載っていないけれど、
とても素敵な町だったので、私もすっかり気に入った。

私は、人ごみが苦手なので(昔は東京に住んでいたり平気だったのに、年をとったからか?笑)
このくらいの町が好き。
観光地で人気な場所はやはり素晴らしい場所が多いけれど、
こういうあまり知られていない町の中を渡り歩き、
自分だけのお気に入りを探すのが好きなのである。


その後、道中でさびれた城跡を見つけた。
2019040219585352a.jpeg

Zámek český Rudolec
って城だったんだけど、家に帰っていてから気づいたことが。

以前、南ボヘミアの古城とかスポットの冊子をゲットしていて、それを時々見ているんだけど
それにこの城が載っていて、それを見て気づき、
自分の写真みて、びっくりした。

写ってたよ・・・(笑)



20190402195855189.jpeg

これは、まあわざとこういうモチーフにしてるんだろうけどさ、
知らずに撮影していて、あとから写真を見返して写ってたらびっくりするよね。
現地では全く気付かなかったよ(苦笑)

・・・とこんな感じに、いつも大してあてもなくドライブするわけですが、
今回はジシュカの故郷や、お気に入りになった町に出会えたのでいい旅でした。


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ヤン・ジシュカの生まれ故郷Trocnovへ。

2019.03.24 09:58|チェコ国内旅行
ただいまチェコは朝9時を過ぎたところ。
現在ターボルは9度。
少しどんよりしております。

昨日はまさかの20度くらいで暑いくらいだったのですが、
天気もよかったので、南ボヘミアにあるヤン・ジシュカの生まれ故郷Trocnovに行ってきました。


ヤン・ジシュカは、何度も書いていますがターボルができた時代の英雄で
ターボルができたのは彼がいたからといっても過言ではないのですが、
彼の生まれ故郷は、ターボルから南に下ったチェスケーブジョウヴィツエと
Třeboňっていう町の中間をさらにくだったあたりにあります。
ちなみにここ。

20190324171601435.jpeg

彼が生まれたというTrocnovは小さな村で、Borovany市が管理しているみたい。
http://www.muzeumcb.cz/navstivte-nas/pobocky/pamatnik-jana-zizky-z-trocnova/


Trocnovのジシュカの史跡についた時は、ほぼ誰もいない状態(笑)
ミュージアムも開いてないし(笑)

ここに像があるのは知っていたんだけど、遠くからだとこんな感じ。
20190324171602e4b.jpeg

ジシュカのアップ。
201903241716040d7.jpeg

どのくらいの大きさかというと、うちのヤンさん(ホンザの本名はJanです)と比較で。
2019032417155391b.jpeg


一応ハイキングコースみたいになっているんですが、特になにもない森の中に
ひっそりある感じです。
20190324171548eee.jpeg

さて、ここはなんでしょう?

2019032417154904b.jpeg

答えは、ジシュカの家があっただろうといわれている場所。
で、下の写真が再現図ですね。

20190324171551425.jpeg

ホンザはここに触れて、同じヤンさん(ジシュカ)のパワーにあやかろうとしていました。

そしてこちらは、ジシュカが生まれたといういわれがある場所。
ジシュカは木の下で生まれたという伝説があるようです。

2019032417155499e.jpeg

201903241715580d4.jpeg

後から作られた伝説な部分ももしかしたらあるのかもしれないけれど、
そういうストーリーってどの国にもあるから面白い。
日本なら桃から生まれた桃太郎とか、竹から生まれたかぐや姫があるけど、
キリストは馬小屋とか、ヒンドウーの神様のクリシュナは牢で生まれたとか、
いろいろ伝説があるのと同じような気がする。
人々はいろいろと連想したり妄想したり伝説を作るのが好きなのだ。
そんな私も、妄想大好きですけどね(笑)

ジシュカの生まれたTrocnovは本当に何もない、森だった。
小さな池がいくつかあって、鳥のさえずりしか聞こえないような、
とても静かで美しい場所だった。


201903241715562ba.jpeg

おもしろい鳴き方をしている鳥がいて、ホンザに聞いてみたら

キツツキだったよ。


わたし、キツツキの鳴き声をちゃんと聞いたのって、もしかしたら初めてかもしれない。

そのほかにも、当時の武器とか看板もあって、ワゴンブルクとかも載ってた。
(ターボルの広場に時々、レプリカが置かれてる)
201903241715597ba.jpeg

駐車場まであと少しで到着という時に、犬の散歩をしている爺さんに遭遇。
ホンザは犬や猫が大好きなので、散歩していたりする犬にすぐ話しかけるんだけど
それをきっかけに飼い主さんとの話が始まる。

近所に住んでいるらしい爺さん。
この犬はもう13才で耳があまり聞こえないからという話から、話はつづくわけで、
20分くらい立ち話をしていたことと思う(笑)
妻は日本人なんですよ。とホンザが言ったら、爺さんは目をキラキラ輝かせて

日本人に出会ったのは人生で初めてだよ!!!

と興奮しはじめた(笑)
TVとかで見るけど、日本は美しい国だね!とかそういうことをすごく言ってきてくれて、
なんだか少しうれしくなった。

田舎って外国人に対して偏見を持っている人がいたりもするけれど、
こういう爺さんに会うとうれしくなる。

そんなわけで、ジシュカさんの生まれ故郷は小さな村で何もないところだったけれど
いい思い出ができました。

その後はオーストリアに向かいました。
旅はつづくけど、長くなるからその話はまた次回。


【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村





チェスケー・ブジェヨヴィツェのクリスマスマーケット

2018.12.06 19:04|チェコ国内旅行
ただいまチェコは夕方6時半を過ぎたところ。
現在ターボルは1度。

ご無沙汰しております。
元気です。
最近、クリスマス前ということや、いろいろなことが重なり忙しい日々を過ごしています。

今日は先日行ったチェスケー・ブジェヨヴィツェのクリスマスマーケットのお話を。
先週末、ホンザの用事でチェスケー・ブジェヨヴィツェに行ってきた。
ついで・・・というか私的にはクリスマスマーケットがメインでしたが行ってきました。
ターボルよりだいぶ大きな町なので、クリスマスマーケットも規模がターボルより
だいぶ大きかった!
といってもプラハとかと比較すると小さいと思うけれど、プラハは人混みがすごいから
それに比べると歩きやすいし、個人的には結構気に入った。
さて、チェスケー・ブジェヨヴィツェのクリスマスマーケットのお写真を。

20181207023805c2f.jpeg

先週末、雪ががっつり降ったんだけど、ちょうどがっつり降った日だった。
20181207023815fa4.jpeg

20181207023801165.jpeg

20181207023757ebe.jpeg

20181207023822bb9.jpeg

サラミとかチーズとかとにかくドーン!!って感じ
20181207023822b8e.jpeg

少し高さがあるところから。
20181207023817a1b.jpeg

ベツヘレム(キリスト降誕場面を現した模型)
20181207023808d02.jpeg


私はmeodvinaというハチミツ酒を飲んだり、
20181207023806ba1.jpeg

甘党のホンザはトルデルニークというチェコの甘いお菓子に、
さらにヌテラのトッピングで食べたり。チーズ買って食べたり、食べ歩きが楽しいのです。

そしてミツロウのキャンドルを買ったり。
20181207023816899.jpeg


夜だったらもっと雰囲気あったと思うんだけど、用事が午前中からスタートだったので
朝から出発していたので、夜まで待てなかった・・・
でも、違う町のクリスマスマーケットは新鮮で楽しかった。

用事というのは、プラモデルの展示会ですけどね(笑)

ホンザさん、スポーツ男児ですが、冬の外は寒いからボルダリングジム以外の趣味が
プラモデル作りなんです(笑)

すっごく真剣に見てたよ(笑)
20181207023738b39.jpeg

客層は男性ばかりでしたが、家族連れとかも多かった。
戦車とか戦闘機とかいろいろありました。
20181207023737742.jpeg

日本の居酒屋をモデルにしたプラモデルとかもあった(笑)
20181207023746474.jpeg

20181207023752734.jpeg

プラモデルといえば、日本ではTAMIYAが有名ですが、
ここチェコでもTAMIYAはとても人気。
グッズ販売コーナーでは、日本からの輸入品がたくさん並んでいる。
もちろん箱は日本語が書かれている。
全部読めるから、ちょっとうれしい(笑)
しかもTAMIYAは私の故郷の静岡の会社なので、なおさらうれしいわけです。

【本日のおまけ】
今年の初めに一時帰国した際に、友人がくれたおいなりさん。
食べるのがもったいなくてなかなか手が出なかったけど、
先日無性に食べたくなってついに食べた。すごくおいしかった。
20181207023825fec.jpeg

ちなみにこれ。
20181207023822e1a.jpeg

【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


その3 モラヴィア地方・ズノイモとオーストリア弾丸ドライブ旅行

2018.11.21 15:44|チェコ国内旅行
ただいまチェコは昼の3時になるところ。
現在ターボルは3度。

今日は雪は降っていないけれど、昨日はかなり降りました。
写真は昨日の写真だけど窓の外、真っ白・・・
201811212252089a4.jpeg

さらにわたくし、絶賛風邪っぴき中です・・・
鼻水が詰まるんではなく、垂れてくる・・・
チェコでマスクなんかしたら注目の的、あいつ、危険なウィルスでも持ってるんじゃないか?
って思われるだろうから、マスクは家の中のみ。
今年の初めに一時帰国した際にも風邪をひいたんだけど
使い捨てのマスクが日本では主流だけどさ、ガーゼのマスクを買って
それをチェコに持ってきたのである。
ガーゼのマスクだと洗えばいいし、夜とか濡らしてマスクして寝たら湿度も保てるしね。
って、得意気に言ってるけどさっき自宅からマスクをとってきたのである。
(ただいま、実家で寝泊まりしております)
今夜はマスク濡らして寝ることにする。

さて、 モラヴィア地方・ズノイモとオーストリア弾丸ドライブ旅行のつづきを。

④のズノイモはオーストリア国境からも近いことから、
オーストリアの田舎町に行きたいというリクエストを告げたら
せっかくだからオーストリアを通って帰ろうか。とホンザさん。

地図の黒い線が国境なんですが、⑤から⑦のオーストリアの町を通って帰ることにした。
201811191920234fc.jpeg

ぽかぽかしている日だったのですが、こんな景色が続く。
20181121225152496.jpeg

モラヴィアの大平原が日本で有名だけど、モラヴィアや国境近くのオーストリアは
どこ行ってもこういう景色です。。。
201811212251482aa.jpeg

チェコと同じで村とか町には大体大きな教会がある。
20181121225151b91.jpeg

20181121225154e68.jpeg

ウイーンとかリンツとかの大都市に行けば景色も全く異なるだろうけど
田舎道は運転しやすいからいいよね。ってホンザが運転だけどさ。
20181121225157307.jpeg

チェコとあまり景色変わらないね~って私が言うと
ホンザは全く違うよ!という。
ホンザ曰く、オーストリアの方がやっぱりお金がある国だから(チェコは貧乏)
道路にしても、建物にしても、とても整備できている。
とのことだった。
言われてみて、よく見てみるとそう感じる部分も多いことに気づいた。
私としてみたら、チェコの田舎のボロボロの崩れそうな家とか味があっていい!
って感じなんだけど、確かにオーストリアにはそういう家をあまり見かけないのだ。
こういうところに微妙な違いがあるんだなと知った。

201811212251582b7.jpeg

そして、オーストリア側の最後の町の近くでホンザが興味深いことを教えてくれた。
チェコのコミュニズム時代が終わったばかりのころ、
オーストリアのその町(チェコとの国境近く)では
チェコ人、物を盗まないでという張り紙とかが店にあったそうな。
コミュニズム時代のチェコは盗難とかが多かったらしく、盗みを働くチェコ人が多かったそう。
コミュニズム時代が終わって、オーストリアに行ってチェコの感覚のまま盗みを働く人が多かったらしい。

あと、オーストリアにはチョコレートとポルノがあるぞ!

って。ちょっと聞いて笑ってしまった。
でも、当時はそうだったんだろうなあって思う。
ホンザはチョコレート大好きだから、子供のころのチョコレートに関する記憶は特に鮮明だったのだろう。

当時は持ち家がある人は取り上げられていたらしいから、
私たちが今住んでいる家は後に戻されたものらしい。

ホンザは子供のころ、パネラーク(集合住宅)に住んでいたと言っていて、
今でもそのパネラークは残っている。
多分内部はリフォームされてきれいになって他の人が暮らしている。

今のチェコは自由だから、なんだか不思議だなあと感じる。
自由に旅行もできるようになって、私もここにいるわけで。

オーストリアからチェコに戻る際、そんなことを思い知ったのである。

チェコに入り、Třeboň近くを通りすぎる。
この辺りは湖が多く、ちょうど日が暮れるころで美しい夕日を見ることができた。
20181121225201a80.jpeg

20181121225203515.jpeg

20181119191832405.jpeg

この日の走行距離約337キロ。
ホンザさん、お疲れ様でした。
私、運転になれたらこのくらいの距離、一人でも余裕で運転できるのにな・・・(笑)

【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html



本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

その2 モラヴィア地方・ズノイモとオーストリア弾丸ドライブ旅行

2018.11.20 12:15|チェコ国内旅行
ただいまチェコは昼の12時を過ぎたところ。
現在ターボルは2度。
本格的に雪が降ってきていて、外はすっかり真っ白。
昨日から喉が痛くなってきて、風邪をひきはじめた・・・
はちみつなめまくってます。

さて、昨日の続きのズノイモへの弾丸旅行のつづきを。

ズノイモの町をウロウロと散策を続けた。

そして見つけましたよ、ブドウ畑!
2018111921473976d.jpeg

もうブドウはほとんどなってなかったけど、よく見たら辛うじてブドウが残っていたよ。
201811192152074ba.jpeg

Dyje川沿いにブドウ畑があって、クロスが印象的だった。
20181119214739ff7.jpeg

ズノイモはワインの産地としても有名。
チェコのミクロフもワインで有名だけど、前にワインフェステイバルで飲んだズノイモワイン、
とってもおいしかった記憶がある。
ワインを買って帰る気満々だったけど、祝日で店は全滅・・・
ワインボトル、買うことができなかった・・(泣)

街の至るところでワインの街らしさを感じるズノイモ。
20181119181529582.jpeg

この建物の装飾もブドウですよね。
201811191910472d2.jpeg

何か円筒が見える!
あそこに行こう!!
20181119214741e6d.jpeg

進んでいくと展望台みたいなスペースが。
そこから見える聖ミクラーシュ教会。
201811192147483c2.jpeg

よく見て。すごい立地にありますよ。
ズノイモをただの平面状の地図で見ただけでは、こんな急勾配な街で坂道が多いとは
思いもしないだろう。
そして川に沿った立地で、高い位置に街が作られているという造りが、
ターボルととてもよく似ているなと感じる。
対岸の町?村?が、すでにターボルから見えるčelkoviceという町にしか見えなくなってきた(笑)

川があり、高台に町がある。
敵の侵入を防ぐ護りに対して、優れた街だったんだと思う。
城壁もあるし、昔も要所だったことにちがいない。
20181119214750dd3.jpeg

後から知ったのだけど、1437年に皇帝ジクムント(ジギスムント)はズノイモで死去していたことを知った。
そんなジクムントはこのズノイモで死去し、聖ミクラーシュ教会に3日間安置されていたらしい。

ズノイモがそういう街だったこと、知らなかったぜ!!

ジクムントって神聖ローマ皇帝でありボヘミア王も兼ねていた人のことね。
ちなみにヤン・フスさんを火刑にした人ね。
私の独断と偏見で私目線で簡単にぶっちゃけてしまうと、
神聖ローマ皇帝ってすごい地位の王様なんだけど
このジクムントはフス派の敵にあたるような人で、
プロテスタントの先駆けでもあるフス派を異端扱いしていたカトリックの人。
ボヘミア国民はジクムントのボヘミア王位継承に不満を持っていたことや
フス先生を処刑したこともあって、ボヘミアの人々は不満を抱き、フス戦争が始まったんです。
そう、ターボルの英雄のヤン・ジシュカさんの敵対する相手でもあったわけです。

ズノイモに行く前に知ってれば、もっと違った楽しみ方ができたのにな!
と少々悔しい思いをしたのである。
やっぱり、その土地の歴史とか見どころとかはある程度チェックしてから行く方が
もっともっと楽しめると思うのだ。

チェコのように地震がないから建物とかそのまま残っているような国では特に。
ただ、色んな国に巻き込まれて翻弄されている国だから、歴史もいろいろとごちゃごちゃだし
名前や地名も覚えきれないのですが、でも私はターボルに住んでいるせいか
フス戦争に関わった地名や人名は、他の時代と比べて非常に興味を持っているのです。
というかそれ以外の時代についてまでは、まだまだ覚えきれない・・・というのが現状。

20181119214751b73.jpeg

下の写真、向こうには貯水湖?らしきものもあるけど、その手前にある立派な家?みたいなものも
気になるけどその右上の段々畑みたいな、城壁跡みたいな何かも気になる私である。
かといって、そこまで歩く気力もない(苦笑)
201811192147528b7.jpeg


そしてここにはロトゥンダもありました。(円形の建物のこと)
11世紀前半に建てられたものらしい。
これも後から知ったけど重要文化財らしい。
2018111921475412b.jpeg

中に入ることはできなかったけど、中には重要とされるフレスコ壁画があるみたい。
まあ、11世紀っていうだけですごいよね。
今って21世紀でしょ、10世紀も前なんだよ。

さて、今回も長くなってしまったので、ここらあたりで一旦終了。
つづきはまた次回。

【ズノイモのおまけ】
散策中に出会った白いおっさん。
天使?でもあたまの上に角みたいなのが少しあるからチェルト(悪魔)?
靴?靴下はいてる?(笑)
201811192147475ee.jpeg

【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html



本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村