FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

ヘナで描くメヘンディアート、ヘナタトゥー

2017.09.05 13:22|チェコで描くメヘンディ
ただいまチェコは昼の2時になるところ。
現在ターボルは21度。
外は太陽が顔を出していてポカポカしてちょうどいい。
我が家の室内は結構寒いので、温度差がすごい。。。

今日は、ヘナで描くメヘンディアートのお話を。

メヘンディっていうのは、ヘナで描かれるアートです。
ヘナタトゥーと言ったらわかる方もいるかもしれないけれど、
髪を染めるヘナでおなじみのヘナです。
植物のヘナを使って描くアートで、インドとか、イスラム系の国では結構メジャーです。
1~2週間程度で消えるアート。

私、実は日本にいたころはメヘンディを描いておりました。
美容院や洋服屋さん、アロマのお店でイベントとして出店していたり、
音楽野外フェスなどで出店しておりました。

私がメヘンデイと出会ったのは、ずいぶん前にネパールを旅していた頃。
ポカラという町で知り合った韓国人のアーテイストのドゥーウォンくんが
私の手にメヘンデイを描いてくれたのが、私が初めて体験したメヘンデイでした。
ちなみにその彼ドゥーウォンは、絵描きで身なりはヒッピーですが、彼の絵はとても
素晴らしく、現在も世界のいろんな場所で展示会などやっている。

その後、日本のネパール人の友人の家に遊びに行ったときに、
ネパール人ばかりが集まっていて、そのうちの1人が描いてくれた。

いつも描いてもらうばかりの私だったけど、2012年にインドにちょっと長めに滞在していた時、
あまりに暇すぎてメヘンデイーを自分で描き始めた。
私は首都のデリーが好きではないのだけど、デリーに少々滞在しなければならない事情があって、
その時に、部屋にひきこもってメヘンデイを描いていたのだ。
インドの路上にはメヘンデイを描く人がたくさんいる。

これはインドで描いてもらったやつ。
男の人が結構描いてたりする。
2017090521302545f.jpeg

これは、インドのラジャスタンで描いてもらったやつ。
おばちゃんが描いてくれたけどイマイチ(苦笑)
20170905213024c2a.jpeg

とまあ、こんなわけでメヘンデイをいろいろ見ながら、自分で描くようになった。

その後、メヘンデイを描くためのヘナペーストを自分で作るようになった。
インドで売っているようなヘナペーストは、何が入っているかわからない。
インド人の浅黒い肌でもきれいに色が入るよう、ケミカルなインクみたいなのが入っていると思う。
というのも、非常に色がきれいに入るからだ。
私はそれを怖いと思った。
肌に使用して、それがいいとは思えなかったからだ。
なのでオーガニックのヘナを使うようにして、メヘンデイを教えているところで
描き方だけでなく、日本の法律的なことも教えてもらった。
私は医療機器を扱う会社で働いていたから、薬事などにも敏感だったので、
それはきっちり知りたかったこともあった。

そんなこんなで、メヘンデイを描くようになり、イベントなどにも誘ってもらえて
夏は結構忙しいという数年間を過ごした。
私は、日本にいた頃は写真もやっていたので、妊婦さんにはマタニテイメヘンディを描いて、
そのまま写真撮影なども行っていた。

でもチェコに引っ越してきていろんなことが遠ざかっていた。
いつかチェコでもイベント出店はしたいと思っているが、チェコ語が話せない分、
出店についてのこともわからないし、まだまだ遠い話。
だけど、自分ではたまーに描いていて、ホンザにも練習台になってもらったりしている。
この夏は、結構自分に描いていた。

チェコのうれしいところが、

手にがっつり描いても平気なところ!

日本では、仕事している人は、こんなところになかなか描けないが
タトウーをがっつり入れているチェコ人は結構多いので、ヘナなんてかわいいもんなのだ(笑)
アクセサリーをつけているようなもんだ。

これ描き立てほやほや。
2017090520530271d.jpeg

これ翌日。
描いた時のヘナペーストはチョコレートがかたまるような感じになって、
かさぶたを取るような感じにぽろぽろと取れる。
ヘナが肌に染まって、最初はオレンジ色っぽくなって、のちに茶色に染まる。

2017090520530423d.jpeg


そんなんですが、今年はさやかちゃんにも描いた。
本当はマタニテイメヘンディ(おなかに描くやつ)を描く予定だったけど、
手に描くことに。気に入ってもらえたようでよかった。
(その日のさやかちゃんブログ→ https://skalalova.blogspot.cz/2017/09/366.html

そして、姪っ子のベアータにも描いたよ。
2017090521333074a.jpeg


ベアータのは子供向けのデザイン。
ベアータがメヘンデイにあこがれていたらしく、彼女の母とこっそり描いてあげる日を
計画していて、ついに先日実践したのだ。
チェコの学校は9月4日が新学期。
新学期にあわせて描いたのだよ。

学校でみんなに見せるんだ♪

とのこと。

日本じゃありえん(笑)

イルマもノリノリで、学校で見せびらかしたいみたいって申しておりました。
日本との違いをしみじみ感じます。

でも、ベアータから先日、多肉のピックや多肉とかもらったりしていたから
彼女がよろこぶプレゼントができて、私もうれしかった。

というわけで、もう夏は終わってしまった感があるけれど、
チェコでも、ちょいちょい描いていこうと思います。

本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト