07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

検索フォーム

QRコード

QR

チェコ第2の都市、ブルノ 民族衣装編

2016.08.30 13:50|旅行
ただいま昼の2時半。
現在のターボル21度。
青空が見えるけど暑くはないのでちょうどいい。

今日は、チェコ第2の都市、ブルノに行ったお話し。

27日の土曜に例の如く、discgolfのトーナメントがあるので出場したいというホンザ。
毎回、場所は変わるんだけど今回はブルノという町。
ブルノはチェコ第2の都市で、場所で言うとチェコの東側、スロバキアに近い方になる。
チェコはボヘミア地方とモラビア地方の2つがあるけれど、ブルノはモラビア地方になる。
ちなみに今までも何度か書いたけれど私が住んでいるターボルはボヘミア地方。

20160830210849964.jpeg


実は私はブルノに行ったことがなかったので、これはチャンス!!!と思った。
チェスキークロムロフから戻ってきたまる鼓も一緒にブルノに行くことに。

ブルノへは、先日のブログでも書いたStudent agencyのバスで行った。
片道195kč(約1000円弱)。
ターボルにはstudent agencyのオフィスがない為、ネットでも予約は出来るけど、
私のチェコ語でのお買い物、勉強も兼ねて(?)、student agencyを取り扱っている旅行会社に出向き、
なんとか無事にチケットを購入。

出発は金曜の夕方6時5分。
約3時間弱のバスの旅。
チェコはまだ夜9時近くまで明るいので、夕方出発とは思えない雰囲気なんだけどね。

そして夜ブルノに到着。
本日の宿泊先は、ホンザの友人ファミリー宅。
ただし、そのファミリーは留守っていうね(笑)
付き合いが長いのか、信頼されているのか、彼らは家にいなくて、
「勝手に使っててくれ」的な状態なわけで(笑)
ホンザがニュージーランドにいた頃、彼ら夫婦もニュージーランドで暮らしていたので、
その頃からの知り合いらしい。
(ホンザはこれまで色んな国で暮らしたり働いたりしてきた)

前にもホンザは一人で行っていて、鍵の隠し場所やら、ちゃんと把握している(笑)
私としてはちゃんとその家族会いたかったけど、チェコ人の家族って週末は家にいないことも多い。
週末は別宅やらに出かけてしまうのだ。

その友人ホンザさん(その友人の名前もホンザ・笑)のお宅に宿泊。
住居は9Fで、朝は直射日光がすごすぎて暑いくらい。
でも、我が家とは違うところで過ごすのも悪くない。

そして土曜。
ホンザのdiscgolfの会場に朝から向かいホンザをそこに残し、
私とまる鼓はブルノ市内へ。

ちょうどブルノはハーヴェスト祭(収穫祭)だったので、なんともタイミングがいい。
到着した金曜の夜、広場がにぎわっていたので何かと思って覗いてみたら、
ちょうどお祭りに当たっていることを知って、絶対に祭りが見たい!!!と思った私たち。

モラビアのいろんな民族衣装が見れて、大興奮。
衣装だけでなく、ダンスや音楽も聞けるし、なんてタイミングがいいのかしら!!!!

20160830203839a40.jpeg

b2.jpg

b1.jpg

b8.jpg

b5.jpg

20160830203841600.jpeg

めっちゃ可愛い。
なんなんだろうね、この可愛さ。

ただ、私が一番見たかったモラビアの民族衣装の人たちがいなかった。
私が見たかったのは耳あてみたいなのが印象的な民族衣装。
調べてみたらvlčnovって村の衣装?
そこの村→ http://www.vlcnov.cz/

どうやら毎年5月が祭りらしい。
来年の5月はこれ見に行きたい。。。
民族衣装好きな私としてはこれは絶対見たい一つです。

話がそれましたが、ビールにソーセージも忘れてはいけません。
とっろっとろのチーズも。
おいしいけど、太る要素たっぷり!(笑)
20160830210851529.jpeg

ただ、この日もあまりに天気もよかったし、おまけに暑かった。
まる鼓はゆっくりしたいとのことだったので、まる鼓と宿泊先へ戻った。
そして、まる鼓を残し私はホンザのいる会場に向かうことにした。
この日はブルノ市内交通一日券を購入していた。
チェコ第2都市とは言え、そこまで大きな規模の町ではないので、行き先さえわかれば
トラム、バスの乗車は簡単。

そんなわけで、ホンザのいる会場にいざ出発!!

話が長くなりそうなので、今日はここまで。
つづきはまた明日。



本日もポチっとお願いします!!!
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

世界一美しい町 チェスキー・クルムロフ

2016.08.29 17:43|旅行
本日のターボルは雨がずっと降ってましたがようやくやみました。
現在夕方6時を回ったところ。
只今の気温22度。
雨が降っていたから少し湿気がある気がする。
乾燥しているチェコにしては珍しい。

本日、友人まる鼓がプラハに旅立ちました。
今日はまる鼓とチェスキー・クルムロフに行った日のお話し。

チェスキー・クルムロフはチェコの南部、南ボヘミアに位置していて
オーストリア国境からさほど遠くない場所にある。

そして、ここは 世界で最も美しいと称されている町なのである。
ホンザとつきあっていた頃に訪れたことがある思い出の場所でもある。

ターボルからはバスで行った。
ターボルの長距離バスターミナルからチェスケー・ブディョヴィツェまで行き、
チェスケー・ブディョヴィツェでバスを乗り換え、チェスキー・クルムロフへ。

*バス料金
・ターボル→チェスケー・ブディョヴィツェ : 70kčだったか73kčだったかどちらか忘れた。
・チェスケー・ブディョヴィツェ→チェスキー・クルムロフ : 40kč(student agency bus 利用)
Student agencyは快適バス。
チェコ国内だけでなくいろいろな国にもアクセスがあるようだけど
車内にトイレやwifi、モニター付き(TV、映画など)で、なかなか快適。
https://www.studentagency.cz/

ちなみにバスのチケットはドライバーから買っています。
student agencyは事前予約してあればパーフェクトだけど、
予約してなくても席が当日でも空いていれば乗れます。
私は短距離だった為、この時は予約なしで乗りましたが、長距離の場合は予約した方がいいかと。
大体、町にはオフィスがあるのでネットでなくても現地のオフィスで購入もできます。

・・・と前置きが長くなってしまったけれど、そんなわけでチェスキー・クルムロフへ。
ターボルからは早ければ2時間くらい、
遅ければ(多くのバス停にとまるバスなら)3時間も見ておけば辿り着きます。

私としては久々に訪れた町。まる鼓にとっては初めての町。
まる鼓は、1泊この町に宿泊。
私は日帰り。
チェスキー・クルムロフのバスターミナルは町から少し離れている。
そのため、大通りを渡って、Co-op(コープ)が見えたらコープ手前の道を入っていくのが
わかりやすいかと。

そんなわけでまる鼓が泊まるゲストハウスにまずはチェックイン。
ドミトリー(共同部屋)7人?8人?くらいの大部屋だったけど、値段も安いし
なかなか居心地はよさそうな宿。
チェコに引っ越してくる前は私もバックパックで旅をして、ドミトリーに泊まったりしていたけれど
最近はこういう宿に泊まっていないからなんだかむしょうに旅をしたい気持ちになってきた。
あー、旅したいぜ!

そして町探索。
町は大きくはないので1日あれば十分な町だけど、
ヴルタヴァ川(モルダウ)が流れていて、とても気持ちがい。
ただ、なぜかこの日は天気がよすぎるくらいよくて、とても暑い・・・

チェスキー・クルムロフ城から眺める景色。
やっぱりこの町はかわいいのです。ck5.jpg

ck4.jpg

ck3.jpg

写真いろいろ

ck2.jpg

ck6.jpg

ck7.jpg

ck8.jpg

とにかくこの町はかわいい。
そして観光客も多い。
中国系、韓国系の観光客が多く、久々にたくさんのアジア人を見た(笑)

そしてこちらはまる鼓セレクトのランチ。
どどどーん。

20160830014437416.jpeg

これはチェコ料理の豚ひざ肉のロースト
もともと肉にナイフが刺さっている豪快料理。
コラーゲンたっぷり。
私、チェコにきて初めてこれ食べました(笑)
もちろんビールで乾杯です。


その後もうろうろ。
絵本から飛び出したかのような町。

20160830014435538.jpeg

20160830014437ad6.jpeg

20160830014434140.jpeg

景色、店とかいちいち色々とかわいすぎるのです。
物価はツーリストプライスでターボルと比べると目が飛び出すくらい高いけど(笑)、
でも、チェコに来るならぜひ訪れてほしい町です。


そして私は、まる鼓を一人残してチェスキー・クルムロフを去るのであった。
暑さのあまり(もともと暑さに弱い)、帰りにはぐったり。
寝不足もあるかもしれないけど、軽い熱中症だったと思う。

夕方6時過ぎにはターボルに到着。
バスターミナルに、ホンザが迎えにきてくれていた。
いいとこあるじゃん、ホンザさん。


本日もポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村


友人がチェコにやってきた

2016.08.25 10:18|旅行
ただいまのチェコは午前11時をまわったところ。
現在のターボルは24度。
昨日も26度とかだったので、私的には暑いです。。。
昨日は別の町に行ってましたが、暑くてどうやら軽い熱中症になった模様。
もしかしたら寝不足と熱中症のミックスかもしれないけど・・・

実は今、日本から友人が来ております。
その友人、まる鼓(まるこ)は4月からアジアやら色々旅をして、
ジョージア、アルメニアを旅した後に、チェコにやってきた。
そんな彼女とは2007年にベトナムのハノイで知り合った。
私がベトナムから帰国する日に、私が宿泊していたゲストハウスに

日本人いませんかー???

と言ってやってきた日本人女子。

なんか、その登場の仕方おかしいだろ(笑)

と思いながらも、私が帰国するフライトは夜の便だったので、ハノイに来たばかりだった彼女と、
一緒に蓮のお茶のお店に行ったりハノイをウロウロ探索した。
ベトナムは排気ガスがものすごくて、私は喉を傷めていたのだけど
なぜか彼女は龍角散のど飴持っていて、のど飴をもらって少しだけ痛みがおさまったのを覚えている。

旅先で出会った彼女ですが、帰国後もしょっちゅう一緒に遊んだ。
彼女は東京在住だったのでよく泊まりに行った。
ようするに気が合ったのだ。

そんなまる鼓がチェコにやってきたわけである。
プラハの空港まで一人で迎えに行き、久々の再会。
私がチェコに引っ越してくる前、そして彼女がアジアの旅に旅立つ前の桜の季節に
共通の友人フミネムと合計3人で山中湖の温泉に行った以来の再会。
アジア、ジョージア、アルメニアを旅してきた彼女はすっかり痩せていた。
それが第一印象。
うらやましい。
私もジョージアでトレッキングすれば、痩せるだろうか?

まる鼓と合流して、プラハを経由しターボルに戻ってきた。
ターボルに着いたのは夕方6時くらいだったから、彼女はのんびりしたかっただろうけど
ホンザが広場で友人と一緒にいるというので広場に連れていき、結局ビールを飲ませた。
以前好きな食べ物を聞いたときに、
ビール! と答えたような女子である。

そんなわけで広場でビールとクミンのお酒(初めて飲んだ)を飲んだ後に、
家に戻り、まる鼓リクエストの白米とみそ汁を食す。
そしてまる鼓に頼んでおいたワインとチーズをいただいたのであります。
☆ジョージアはワインが有名。(ジョージアは昔でいうグルジア)
ジョージアは私とホンザが一番行きたい国なので、興味深々なのであります。
そんなわけで、しばらくまる鼓がいる日々。
日本語万歳。
昨日はチェスキークルムロフという、世界一かわいいと言われる町に行ってきたけど
そのお話はまた次回に。

ジョージアとアルメニアのワイン。
20160825181838038.jpeg


余談ですが、まる鼓を空港まで迎えにいった日、
ターボルの駅のホームで日本人の初老の男性にお会いしました。
2か月くらい、いろんな国をバックパックで旅してきて、チェコが最後の国。
前日はターボルに宿泊し、ちょうどプラハに行くところだったので、
列車でご一緒しました。
ポーランド、スロバキア、リトアニア(だったかな?)などなどいろんな国を回ってきたそうで
いろんな話を聞けて楽しかったのと、私も年取ってもバックパッカーでいたいなあと思った。
奥様を日本においてきているので、最後にプラハでお土産を買って帰るとおっしゃっていたけど、
いいお土産が見つかったかしら?
数日間プラハに滞在してから帰国とのことで、空港へ行くバスを聞かれたので
プラハの中央駅から出発する空港へのバス乗り場までご案内してからお別れしました。
無事に日本に到着していますように。

そしてその後、私は念願の一人IKEAを満喫した後、
まる鼓を迎えに空港まで行ったのである。

空港、IKEAへのアクセス方法、自分への備忘録も兼ねて。
プラハ本駅(Hlavní nádraží)のメトロCラインで、次の駅、FlorencでBラインに乗り換え。
Bライン終着駅のZličínの地上にあるバスターミナルから空港、IKEA両方行けます。
・IKEAへは180番のバス
・空港へは100番

どちらもかなり頻繁に出ています。

本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村






新しいクライミング・シューズ

ただいま20時を回ったところ。
現在のターボルは21度。
今日は昼間も暑かった。

昨日、新しいクライミングシューズをゲットしました。
実は今月のはじめ、ホンザの夏休みでキャンプに行って森の中でボルダリングをした後日、
ターボルのHUDYにクライミングシューズを見に行っていた。
(HUDYはチェコ全域にあるスポーツショップ→http://www.hudy.cz/
私、HUDY好き。ターボルのHUDYは旧市街のメインの道にあります。
ホンザが会員なので少しだけ安く買えるので時々2人で行きます。
ただ、物価の安いチェコでもアウトドア用品は高いです。日本の方が安いと思うことも多々。
でも、チェコ人は物を大切に、壊れたら修理して使う人種なので、
買う時は高いけど、ずっと大切に長く使う。
アウトドア用品もそうやって使っていくんだと思う。
そういう意味での、物のありがたさ、多くを持たないでも生きていける術、物を修理する術みたいなことを
少しずつだけどチェコで学んでいる気がする。

・・・話が脱線しましたが、
今まで履いていたシューズがあまりに痛すぎて、ボルダリングをしていても
すぐに痛さの限界がきてしまっていた。
ボルダリング、クライミングのシューズは基本、きついくらいがいいらしいけれど
私の今のシューズは、まだつきあいはじめのころにホンザが中古で買ってくれたもの。
色合いがとっても好きで、ありがたくもらって履いていたけれど
皮が硬すぎて変な癖がついているのだ。
もしかしたら履いていけば慣れて柔らかくなるのかも?と思って履いていたけれど、
慣れるどころか痛くて憂鬱になってしまうほど。
2016082004191692e.jpeg

そんなわけで色やデザインはとっても気に入っていたけれど
ボルダリングを楽しみながらできないという致命的な状況だったので
新しいシューズを買うことにしたのだ。

HUDYに行って一目惚れしたシューズがあった。
スポルティバのタランチュラ。
ただ、サイズが大きすぎてNG。
でも、これがいい。これがいい。と何度もホンザに言ったものの、
ホンザはあまり気にいらない様子。
ホンザや店員さんはチェコのブランドのシューズをすすめてきてかなり迷う。
店員さんとも知り合いなので、2人でチェコブランド押し。

でも、私はやっぱり自分が気に入ったシューズがよかったので
気に入ったシューズじゃないとクライミングに行く気にならない
気に入ったシューズならもっとやる気になると思うのに。

と、軽くホンザを脅す(笑)
いつも、強制連行されてますから、私。

そんなわけでホンザはあまり納得してなさそうだったけど(笑)、チェコ中の支店の在庫を調べてもらう。
(店内にある専用タブレットで、どこに在庫があるからすぐわかるシステム)
ただ、チェコ人は足のサイズが大きいせいか小さいサイズをあまり取り扱っていないようで、
在庫が2つくらいしかないっぽい。
とりあえず店員さんが頼んでくれて、来週くらいに届くと思うよと言われたけど
なかなか連絡が来なくてヒヤヒヤだったけど、ようやく連絡が来たので、
昨日、店の開店と同時に行って試着。

ん~、履き心地いい

痛くないのだ。
別にゆるいわけではない。
試着中、ホンザがつま先、かかとを入念にチェックしてくれ
これなら大丈夫だね。と太鼓判を押してくれた。
そんなわけでホンザが買ってくれました。

Děkuju(チェコ語のありがとう)

20160820041914479.jpeg

20160820041915b06.jpeg

機能性はもちろん重要だけど、私は初心者だから
自分が好きな色やデザインを身に着けて、まずは「楽しい」から始めたい。

そういえば、クライミングシューズの売り場(売り場というほど店は広くないけどw)には
世界最強と言われるアダム・オンドラくんが履いているらしいモデルのシューズとかもあって
アダムの写真とかもパネルになっている。
そんな彼はチェコ人。
大会で彼のボルダリング姿は見たことあるけれどやっぱりすごかった。
チェコはボルダリング、クライミング率が非常に高いです。
日本人もいい選手がいっぱいいます。
でも正直言うと、私は日本の選手を全く知らなくてホンザから色々教わった(苦笑)
逆輸入ってやつですね、ハイ。

そんなわけで昨夜は11時くらいにホンザが仕事から戻ってきて
シューズを眺めながら、二人であーでもない、こーでもない言いながら
シューズをつまみに珍しくビールをたくさん飲みました。

日本のwebで タランチュラの口コミとか見てたらまあまあ良かった。
日本で買うよりだいぶ安いけれど、チェコの物価で考えたら決して安くはない値段。
今後はもっとボルダリング、クライミングに付き合わなきゃな(笑)
ホンザ、ありがとね。

本日もポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

キノコのクリームスープ

2016.08.18 21:35|食べ物や飲み物
現在チェコは21:30
只今、ターボルは19度。
昼間は天気もよくて半袖だったけど夜はやっぱり肌寒い。 

先日、キノコ狩りに行った話を書きましたが(→ http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-70.html
その後、イルマに教えてもらったレシピでキノコのクリームスープを作ってみました。
キノコ狩りに行った数日後に作ったので、自分への備忘録も兼ねてメモメモ。

【キノコのクリームスープ】どろどろバージョン
◆2~3人分材料
・キノコ: 好きな量(最低10個以上あるといいかも。サイズにもよるけど20個とかでもいいかと。)
・玉ねぎ: 半分~1個
・塩、コショウ: 適当(好みで)
・生クリーム: 600g(31パーセント使用)
・ブイヨン: 適当(好みで)
・バター: 炒める用
・小麦粉: 適当(好みの加減で)

1・ 玉ねぎをみじん切りし鍋に入れバターで炒める
2・ キノコは適当なサイズに切って、別の鍋でボイルする
  (森で採ってきた色んな種類が混じったキノコで適当な量で作りました)
3・ 玉ねぎを炒めていた鍋に、ボイルしたキノコを入れ、塩コショウを入れてさらに炒める
4・ 生クリーム400gを鍋にいれ、残りの200gで小麦粉をといてから鍋に入れる
5・ ブイヨンを入れて味付けし、完成。

チェコにもブイヨン系はいろいろ種類があるんだけど、なんせどれがメジャーなのか、
よく使われているのか分からなかった私。
ホンザは料理なんて全くできないから聞くだけ無駄なので、
自分で色々買って試してはみてはいた。

でも、イルマが この魔法の粉が重要と言っていたのがこれ。

201608172349112a2.jpeg

今までスーパーで見かけたことはあったけど試したことがなかった。
でも、これで試してみたらなかなかおいしいものができた。

生クリームも種類はいろいろあるけれど、イルマのおすすめはこの青い方だった。

201608172349159ea.jpeg

これは私も頻繁に使っているのだけど前回は黄色の方で作ったけど
今回は青で作ってみたらいい感じ。
ただ、こんなに生クリーム入れるのかよ・・・・と思った。
水や牛乳を全く使用していない。
自分でクリームスープ系を作る時は牛乳を少し入れるんだけどイルマのレシピは生クリームオンリーだった。
チェコ人は多分、生クリームの料理が好きな気がする。
というのも生クリームをみんな大量に買っていくから(笑)
小麦粉入れすぎてちょっとドロドロすぎかな?と思ったけど、イルマが作ってくれたやつも
結構ドロドロだったのでちょうどいいかなと。
もはやスープじゃないよね、ドロドロすぎて。
でも、なかなかおいしくできた。
ホンザも満足していた模様。
でもまあ、普通のスープですけどね(笑)

201608172349133c3.jpeg

(もらったこのスープ皿しかない我が家。いい加減、別の皿を買おうかと・笑)

ただ、上の写真にもあるけど、このキノコのスープにはクネドリーキと言われる
肉まんの皮の部分みたいな味がする蒸しパンが必須らしく
(別になくたっていいじゃん。って私は思うんだけど・笑)
蒸すだけでOKな市販のクネドリーキもあるんだけど、
なんせホンザが市販のクネドリーキが大嫌いで文句を言うのがわかっているので
クネドリーキも作ってみた。
毎回、柔らかさ加減がうまくいかなくて苦戦するんだけどこれもイルマが使ってるホットケーキミックス的な
クネドリーキミックスを教えてもらって作ってみた。

20160817234912f46.jpeg

古くなって固くなったロフリークを
パン粉みたいにして入れるといいよ

※ロフリークはチェコで売っている細長くて激安のパン。チェコ人、よく買ってる。

と教えてもらったのだけど普段ロフリークを全く食べない私たちなので、
固くなったロフリークがなく、買ってきたばかりのロフリークを使用。
その甲斐あってか、出来上がったクネドリーキは前回よりはまともに出来た。


そんなわけで今回作ったキノコのクリームスープとクネドリーキ。
クネドリーキはちょっと固くなっちゃったからまだ修行が必要ですが、
キノコのクリームスープは濃厚だけどおいしいものができたので、
また作ってみようと思います。
冬はやっぱりクリームスープがおいしいよね。
チェコは最近結構寒いのであたたまる系を欲しているらしい私です。

本日もポチっとしていただけたら嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村



自転車、始めました。

2016.08.17 15:50|アウトドア
只今の時刻16時。
ターボルは21度。
今日は天気もよい。

今日はタイトル通りなのですが、自転車始めました。
この間の日曜、自転車をゲットしました。

2016081722473002e.jpeg

ホンザのお母さんが自転車を持っているけれどずっと乗っていなくて何年も放置状態。
その自転車をもらったわけだけどタイヤの空気を入れたらほぼ新品状態。
そんなわけで、その自転車を私がもらうことになりました。
ありがたや~。

ただ、実は私、自転車乗るのが小学校以来かも(苦笑)
もともと、得意ではないし日本では自転車が必要ない生活を送っていたので、ほぼ初心者。
チェコとか海外で見かける自転車って、いわゆるママチャリじゃなくて本気自転車だし、

まず、地面に足がとどかないっていうね(笑)

何とか乗ってみたものの、実家からの帰り道は坂道だし・・・
おまけに自転車についてるギアっていうの?
あれが右側には7段階、左側には3段階の選択があって、
それもイマイチ意味が分からないし・・・(どんだけ初心者や・・・)
ホンザは自転車大好きなので、一人で出かける時は、ほぼ自転車。
チェコ人は自転車率が高い。
列車にも自転車を持ち込めたりするので、よく自転車乗せて列車に乗車している人もいる。
そんな自転車好きなチェコ人のホンザからしたら、
自転車にほとんど乗ったことない私のことが衝撃だったみたいだけど・・・(苦笑)

そんなわけですが、ホンザにチェコでの自転車のルールを教えてもらう。
チェコでは自転車専用の道路があったりもするので(すべての道に必ずあるわけではない)
自転車専用道路がある場合は、そこを利用。
右折、左折する時には後ろにいる車にわかるようにサインを出す。
ただ、そのサインを出す時に片手運転になるんだけど、
自転車にやっと乗れるレベルの私は片手運転さえも怖いわけで(笑)
ヨロヨロしながら片手運転。

20160817224732c4c.jpeg

自転車をもらって以来、毎日乗るようにしている。
でも石畳の道、坂道が多い町なので、ガタガタしまくり。
お尻がかなり痛くて明日は乗れないかも・・・(泣)

でも、慣れてきたら楽しいかもしれない。。。

【本日のおまけ】
今日の朝のマーケットでのお買い物。
注目は三角のキャベツ!!
売ってると思わず買ってしまう(笑)
右端にある見たことないような白い根っこはcelerというセロリの根っこ。
20160817224732d53.jpeg


本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

地元のクラブチームのサッカー観戦

2016.08.15 15:49|アウトドア
チェコのただ今の時刻、夕方4時半。
現在のターボル26度。
先週は16度とかの日があったのに、週末からまた暑くなってきた。
先週はパーカーとか着てたのに、今日はタンクトップ。
この温度差が恐ろしい。

話は変わって、土曜はサッカー観戦に行ってきた。
私は小学生の頃、女子サッカー部に所属していたし、サッカー観戦は好きな方。
日韓ワールドカップも日本代表ではないけれど2試合見に行ったし、
海外ではベルギーでサッカー観戦(マニアック・笑)をしたこともある。
日本の地元が静岡なので、同じ町出身にプロだったサッカー選手がちょいちょいいたり、
友人の弟がサッカー選手だったりするし、サッカーは身近なのである。

ホンザは基本的にスポーツ全般大好きで、サッカーも大好き。
今回見に行った地元のクラブチーム FC MAS TÁBORSKO
は残念ながら1部リーグではないみたいだけど、地元のチームだし、一度は見に行きたいと思い、
試合を見に行くことに。

チェコのサッカー選手と言えば、私はネドベドがすぐ思い浮かぶ。
でも、ネドベドとチェコ人に言っても全く通じない。
チェコ語では「ニェドヴィェド」みたいな発音。
あと、ロシツキーが思い浮かぶけど(ロシツキーはそのままでも通じやすい発音)
他に誰かいたっけかな…?って感じ。
でも、チェコ人もサッカーは好きです。
たぶん、アイスホッケーの方が人気あるかもしれないけど・・・

サッカーの試合が夕方からだったので、その前にホンザのおじいちゃんの家に遊びに行く。
(おじいちゃんの家からスタジアムまで徒歩10分くらい)
と言っても私はチェコ語がほぼ話せないので、ひたすら言葉を聞いてるだけだけど(笑)
おじいちゃんの家の庭にはプラムやらリンゴの実がたくさんなっている。

20160815235159b2f.jpeg

20160815235202144.jpeg

20160815235159dc9.jpeg

それを取って食べるわけだけど、私が皮をむいてプラムを食べていたら
ものすごく驚かれるわけで。
チェコ人は皮なんてむかずにそのまま食べる(笑)

庭にリンゴがなっている家は結構たくさんあって、私が今住んでいる家の庭にもリンゴはある。
チェコ人で広い庭がある家にはいろんな木や野菜がとにかくいっぱいある。
自給自足とまではいかないけれど、自分の家の庭でとれる野菜や木の実を食べる生活は
いいもんだなあと思う。
おじいちゃんからキュウリを3本もらった。(チェコのキュウリは日本のよりだいぶ大きい)

そんなわけで話がズレたけど、その後スタジアムへ。
スタジアムはなんと森の中にある(笑)

そして、入場料を払うのだが、
本日、女性は無料ですとのこと!
知らなかっただけにラッキー!!!!
ホンザは50kč払いましたけど。(250円くらいか。安いな・・・笑)

20160815235216911.jpeg
ホンザさんのチケット。

サポーターが座るようなゴール裏に席とかないし(笑)、メインスタンドか、アウエーのスタンドの
どちらかって感じの質素なつくりのスタジアム。
座席も自由。
これは2部リーグだからからなのかもしれないけど、日本のスタジアムと比べるとかなり質素。
それにもかかわらず、やはりビールとソーセージは必ず売っていて、
もちろん、買って観戦だよね(笑)

20160815235203d54.jpeg

奥の方にはサポーターがいて、太鼓やら掛け声やらかけていた。
客席はお年寄りのおじいさんたちが圧倒数を占めていた。
大声で叫んだりするのは万国共通(笑)
そして、やはり年寄りにとって外国人である私はとても珍しいらしく、
ものすごくジロジロといろんな人に見られるわけで(苦笑)
物珍しいから見るのはわかるし、もう、これもだいぶ慣れてきたんだけど、正直言うと

まるで動物園の動物ですよ、私は。

はー、動物園の動物たちって、こういう気分なのかな。
嫌だろうなー・・・としみじみ思ったわけです。
インドとか行くと、インド人とかも、ものすごく見てくるから慣れてはいるんだけど
いい気分はしないよね。
例えば、日本の温泉で外国人がいたりするとやっぱり見ちゃうと思うんだけど、
そういうのと同じなんだよねー。温泉なんかだと、尚更見ちゃうと思うけど(笑)
このスタジアムはターボル市の隣町にあって、チェコに多くいるベトナム人さえも
ほとんど見かけないような町だから、尚更なのかもしれないけど。

試合の話に戻りますが、試合は結構荒れていた気がする。
イエローカードが数枚出たのと、レッドが1枚出た。
結果は、1-0で、ターボルの勝利!!

やったー!!

20160815235637c17.jpeg

チェコではアイスホッケーを見にプラハに行ったことがあって、
その試合と比べてしまうとサポーターも少ないし、スタジアムも質素だし熱気もそこまでなかった。
でも、地元のチームだしこれからも見に行って応援したいなと思う。

FC MAS TÁBORSKO→ http://www.fctaborsko.cz/

笑えることに先日の試合の写真に、私とホンザがちょっとだけ写ってた(笑)
http://www.fctaborsko.cz/?q=fotogalerie/tym/fct-varnsdorf-10

本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村





夏休みその4 キノコ狩り

2016.08.12 13:15|食べ物や飲み物
本日のターボル、現在16度。
曇っていて、肌寒いです。
午前中にスーパーへ買い物に行ったのですが寒いのでパーカー着ていきました。

今日は、キノコ狩りに行った日のお話しを。

チェコ人はキノコが大好き。
キノコのシーズンになったらキノコ狩りによく行く。
という話は、チェコに引っ越してくる前から知っていた。
私もキノコ狩りしてみたい。と思っていたらついにそのチャンスがやってきた。

キノコ狩り参加者は、ホンザの両親、ホンザの兄のアダム、アダムの嫁のイルマ、
彼らの子供たちの姪っ子ベアータと、甥っ子ツィリル、そして私。
ホンザはというと、夏休み最終日だったので、のんびりしたいというのと、
キノコ狩りが別に好きじゃない。という理由で不参加(笑)
本当にいい意味でも悪い意味でも彼はマイペース。

そんなわけですが、アダム兄の車で、私はアダムスファミリーに便乗して
朝8時過ぎからキノコ狩りへ!!
服装とか、とりあえず虫に刺されない程度でいいかな?と思ったら、
イルマや子供たちは長靴も履いていて気合度が違う!!(笑)
私も一応レインブーツ(長靴と言わずにあえてレインブーツで!)はチェコに持ってきてはいるものの
なくても大丈夫と言うので、普通のスニーカーで出発。
途中、ホンザ両親とガソリンスタンドで待ち合わせし合流し2台で森へ。

こんなに気合が入っているけれど、ついた森は車で15分くらいの距離。
近っ!(笑)

ホンザ母が私用のバスケットかごを用意してくれていて(私は大きなビニールを持っていたけど)、
そのバスケットかごにキノコを入れろという。
チェコ人は、結構バスケットかごをいくつか持っていて、
水曜のマーケットなんかでもバスケットで買い物している人をよく見かける。
私もほしいなあと思いつつ、まだ買っていない(今度買うつもり!)

ホンザ母とホンザ父はキノコ歴が長いし、どんどん森に入っていった。

でも私、キノコの見分け方わかんないんですけど~。

キノコ狩りは生まれて初めてだし、森に生えてるキノコの種類がわからない。
キノコに詳しいチェコ人でさえ、キノコシーズンに毒キノコを食べちゃって運ばれた人の
ニュースが放送されてるくらいだ。
素人の私がわかるはずがない。

そんなわけで私はイルマとこどもたちのグループと一緒に行動。
イルマが、このキノコは大丈夫よ。というキノコが
比較的多かったので、そのキノコばかりを採ってみた。
これ、私にとってのファーストキノコ!!

20160812202844a81.jpeg

小さいキノコだけど、若いキノコなのでいいらしい。
大きなキノコは成長過程が長かった分、傷んでいたりする可能性があるみたい。

子供たちは目線が低いせいかキノコを見つけるのがとても速い。

20160812202901750.jpeg

ベアータ(姪っ子)は、このキノコはダメ。このキノコは大丈夫。
なんて言えるくらいキノコ博士なのだ。
幼いころからきっとこうやって森に入っていたんだろうな。
7歳にして、さすがです。
彼女は英語も話せて、この家系の中ではホンザの次くらいに英語が話せるのではないだろうか?
フランス語も勉強中だそう。すごいな。恐るべき7歳児。
でも、カエルとか見つけて喜んで手の平に乗せてた(笑)

20160812202905ad5.jpeg

チェコ女子、強いな・・・・
でも、そのカエルを元にいた場所に戻し、カエルを見て、

すごく美しいわ と言っていた。
野生のカエルを見て、普通に「美しい」と言えるのがすごいなと思ったし、
自然と共に生きてるなって感じがした。
そんな私はカエルを触ることさえできない小心者ですが(笑)

ツィリル(甥っ子)は、毒キノコみたいなのを見つけるとすぐに
「アキー アキー」と私を呼ぶ。
私に見せたいらしい。ベアータと比べるとやっぱりガキだな(笑)

20160812202947941.jpeg

20160812202903d60.jpeg

見るからに絵本に登場するようなキノコ発見。
日本でも一度みたことあったけど、スマーフ(☆1)の世界。
(☆1 ベルギーのアニメ。映画化もされてるから知ってる方も多いのでは?)

201608122029257ca.jpeg

結局、森に2時間半くらいいて、私の収穫はこちら!!!

201608122029254fe.jpeg

でも、ホンザ父に見せたら、
あー、これは古いからダメ、これもダメ、これもダメ・・・
NGを出され、ダメなキノコはポンポンと排除されていく。。。。
そんな私をかわいそうに思ったらしく、たくさんいいキノコを私のバスケットに入れてくれた。
ドーン!!

2016081220294330f.jpeg

見た目がもうすでに違うよね(笑)
おいしそうなキノコがたくさん。

ホンザ母は、キノコの数は少ないものの、見たことないような形をしたキノコをいくつも採っていた。
アダム兄は採ったばかりのキノコを味見と言って食べていた(笑)
いろいろな意味で、チェコ人、さすがです。
そして子供たちが採ったキノコも選別して帰宅。

帰宅してからはキノコ料理の準備。
キノコはどんなキノコもミックスしてOKとのこと。
チェコ人、下処理も結構適当(笑)
採ってきたキノコは、虫が食ったような部分があるキノコもあったりして
その部分はカットして捨てたした方がいいんじゃない?って部分もカットせずに
OKな部類にドーン!!
洗うのもささっと。
イルマが簡単なキノコ料理を教えてくれた。

【キノコの卵とじ】
材料
・キノコ (今回は20個くらい)
・卵   (4個)
・バター (適当)
・玉ねぎ (好みの量)
・クミン (適当)
・塩 (好みの量)

1. キノコを細かくカットし、クミンと一緒に5分くらいゆでる
2.  フライパンにバターを入れて、みじん切りした玉ねぎを炒める
3. そのフライパンにゆでたキノコを入れる
4. 卵を落としてフライパンの中でかきまぜる
5. 塩で味を整える
6. 完成

残念ながら写真を撮り忘れたので写真はありません。。。
でも、まあ、想像できる味だと思います。
特別においしいというわけではないけど、簡単なチェコ料理として今後も作ろうと思う。

しかも、翌日、ホンザ両親とイルマは、また別の場所にキノコを採りに行った。
どんだけキノコ好きだよ(笑)
私も誘われたけど、その日からホンザが仕事スタートだったので、
大掃除をしたかったのでお断りをした。
(ホンザが夏休みの間、ものすごく部屋を散らかしていた)

でも、その日の方がキノコの収穫がよかったみたいで、イルマが料理を作ってくれた。
豚の脂の部分でキノコを炒めた料理。

20160812202945c06.jpeg

ここでもクミンが使用されている。
チェコ人、クミンをよく使う。
このキノコの料理は最高においしかった。
塩で味付けもしてあり、酒のつまみに合いそうな味付けなのだ。
これ、作ってみたい。
私たちがこのおいしい酒のつまみキノコを庭で食べているときに、
ベアータさんのキノコ教室が開催されていた。
やっぱり女の子なのね~。料理用にキノコをカットしております。
若干、指が軽く流血してましたが・・・(苦笑)
20160812202945a5e.jpeg

あとは、キノコのクリームスープも作ってみた。
まあまあな味ができたけど、チェコ料理ではなく「チェコ風」といった感じ。
味は悪くはなかったし、ホンザも残さず食べてくれたけど、
私としてはなんだか納得いかない出来。
もう一度トライしたいなーと思っていたらイルマがクリームスープも作っていて、
イルマが作る「チェコ料理」のクリームスープを食べさせてもらったら、ドロドロ感が異なった。
彼女にレシピを聞いたら、私はスメタナ(生クリーム)のパーセンテージが
低いものを使っていたのと、イルマがよく使っている調味料も教えてもらったので
近々キノコのクリームスープ、リベンジしてみる。
クネドリーキ(蒸しパンみたいなやつ)と添えるそうで、
ホンザは市販のクネドリーキを出すと文句言うので作るしかない。
私の難関であるクネドリーキを作るという作業が待っておりますが、がんばってみます・・・

そんなわけで、チェコはキノコシーズン到来のようです。
2016081220292494b.jpeg



本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村








夏休みその3 国境近くでキャンプPart2

今日も少し肌寒いチェコ・ターボルです。
只今の気温16度。今日は16~17度程度らしい。
ここ数日で一気に冷え込むようになりました。
窓を開けて寝ていたけど、朝起きると寒くて慌てて閉める繰り返し。
昨日の昼くらいには雷もゴロゴロして雨が降りました。
明日も雨っぽいけど、週末からはまた20度くらいになりそう。
日本の暑い夏がとても苦手な私としてはチェコの夏は最高に好きだけど、
もう少し夏が長いといいなあと感じている今日この頃。

今日はキャンプの話の続きを。
前回の話→http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-68.html

早めの就寝をしたものの、周りが騒がしくて全く寝れやしない(苦笑)
私たちのテントの近辺はハンガリー人たちのテントに囲まれてしまっていて、
そのハンガリー人たちがずっと騒いでいたのである。
テントを張ったエリアから離れた場所でもグループキャンプが行われていて
爆音をかけてみんなで合唱している声が聞こえてきたり、ギター弾いていたり。
夜22時以降になってもその音は鳴りやまず、結局深夜3時くらいまで続いたのではないだろうか。
もちろん、キャンプをして酔っぱらって楽しむのはいいことだけれど、
小声で話そうとか、周りがどう思うかを考えないあたりが、海外らしいなと思う反面、
こういうところが日本との違いだなあと思った。
まあ、川下りの人が多いタイミングだったのが失敗だったかもね。
ホンザはブチ切れてましたけどね(笑)

そしてやはり川の近くということと、山奥ってことで結構寒かった。
ホンザの山仕様のマイナス対応の寝袋持って行って正解。

おまけに私のiPhoneの充電が切れてしまいsimロックがかかった。。。
がびーん。
充電が切れるとsimのロックがなぜかかかってしまう。
実は2度目。
とりあえずデータ通信や通話はできないけどパスコード忘れちゃったから
vodafone行かなきゃならないけど、vodafoneなんてここにはない。
wifiは使えるし、写真は撮れるからまあいいか。
もともと3Gでも、このエリアは電波がよくなかったし。
(結論から言うと、途中で思い当たるパスコードを入れてみたらそれが正解で、simロック解除できた。
 パスコードは3回までしか入れられないのですが2回目で成功。ヒヤヒヤした)

そんなわけですが、朝食はキャンプ場内にある簡易レストランで。
チョコのドーナツと、コーヒーと、ガーリックのスープをオーダー。
ガーリックのスープはチェコで有名。
朝からガーリック!って思ったけど、結構寒かったのでだいぶ温まりました。
そして、大した量、大した味ではないのに(インスタントだし)やはりお値段は結構したので、
次回キャンプするときは絶対にバーナーとか鍋とか持っていこうと心に誓った。

今回私たちがこの場所を選んだ理由の一つとして
少し離れた場所(20Kmくらい)の森の中にボルダリングスポットがあるのだ。
川下りをしている人が多いのに、私たちはあえて森の中に行くのだ。

そんなわけで朝からホンザはウキウキ(笑
キャンプ場から町に出て、小さな商店に行ってバナナ、エネジードリンク、
ロフリークと言われるチェコの細長いパン(通常6円~8円くらいで買えるけどここはこれさえも倍くらいした)、
ハム、チーズを購入。いろんなものがそれなりに高い。
それらを持って、バスで目的地Loučoviceに向かう。

到着したLoučoviceのバス停から山に向かって歩く。
結構しんどい・・・・
しばらく森の中を歩くと、大きな石がちょいちょい見えてきた。
途中、ブルーベリーがなっていて、それを摘んで食べたり、

20160811185420c3b.jpeg

黄色のキノコを初めて見て興奮したり。

20160811185404525.jpeg



何か所かに分かれかなりの広範囲で石があるため、いいボルダリングスポットらしい。
そんなわけでボルダリング。

20160811185358db4.jpeg

20160811185422850.jpeg

20160811185422a70.jpeg


私もよっこらせ。

20160811185402333.jpeg

20160811185400d4f.jpeg

ちびっこサイズの石ですが、私にはちょうどいいサイズ(笑)
ボルダリングは、その石それぞれにコースがあったりして、
1つの石でも、何か所かコースがあったりします。
そして石の角度なんかによっても難易度が異なってきます。

森はとっても静か。
私たち以外は誰もいない。

20160811185345bc0.jpeg

20160811185424fce.jpeg

・・・と思っていたら2匹の犬が近づいてきた。
犬を連れているのはフランス人のボルダーだった。
チェコの森では犬を放し飼いにすると、猟師が犬を獲物と思い撃ってしまうことがあるらしく
森では犬はちゃんと飼い主と同行するというのがルールらしい。(ホンザ曰く)
たぶん、彼らフランス人は知らないだろうから犬が間違えて撃たれたらかわいそう!と言って
おせっかいかな?と気にしつつも、ホンザは彼らにそのことを教えに行った。
やはり、彼らは知らなかったようで、「教えてくれてありがとう」って。
その後はその2匹の犬は彼らと一緒に行動していた。

朝買ったロフリークにパテを塗り、ハム、チーズと一緒に食べる。
ロフリークは実は普段あまり買わないんだけど、こういうとこで食べると
おいしく感じるわけで。

森の中でMidoriの写真撮ってみたり。
ホンザはこっちが気に入っているが、
2016081118542521a.jpeg

私はこっちが好き。
20160811185438d41.jpeg


その後も数時間森の中でボルダリングをし、Rožmberk nad Vltavouへ戻るのに
今回もヒッチハイクしてみた。
ドイツやオーストリアナンバーの車が多いけど、なかなか停まらない。
20分くらいヒッチハイクを続けていたら、やっと停まってくれた。
仕事帰りのお兄ちゃん。手にペンキの跡があったので、そういう関係の仕事だろう。
ホンザが助手席に乗り、いろいろと話していた。

行きのバスとは違ってローカルな道を通る。
が、辺鄙なところで降ろされた(笑)

ここどこよ~????

201608111854404c4.jpeg

でも、目的地までは2~3kmくらいらしいのでば歩ける距離。
こんなとこ、車なかなか通らないよな・・・
歩くしかないかな・・・と思っていたのもつかの間、ホンザが親指立ててたらしく、
降ろされてから3分も経たない間にすぐ次の車がつかまった。

ヒッチハイク成功(笑)

今回は大きなワゴンだった。
川下りに行く人をポイントまで送迎するバス(笑)
ちょうど、客を降ろして、別の客を乗せるために町に戻るところだそうな。
なんともラッキーな私たち。

すぐ見慣れた町に到着した。
その後、早い夕食をした後、そこのレストランに近いカフェに行く。
ホンザは甘いものに目がないので、ケーキとコーヒーを注文。
しかも、そのケーキをすっかり気に入り、おかわりしてた(笑)
ホイップクリーム多すぎだろっ(笑)←ホンザが多めに頼んだらしい。

201608111854410b2.jpeg

そして、キャンプ場に戻り、まだ周囲のハンガリー人たちがいることを確認したので
テントを移動させた。移動先は同じキャンプ場だけど少し遠くにして全く誰もいないエリア。
ただ、火も使ってないし蚊がブンブン飛んでいる。

ちなみにコインシャワーを浴びたけど、水シャワーみたいに冷たかった!!
ホンザが先に浴びに行ったときは、温かいお湯が出ていたとのこと。
あー、タイミングミスったぜ!!!

夜には雨が降り出してきた。
実は数年前、日本でキャンプしたときに夏用の簡単テントで宿泊していて
雨が浸水したことがあった。目が覚めたら水の中だった(苦笑)
そんなことがあったので、今回も少し浸水が心配だったけど今回は大丈夫だった。
翌日も降ったりやんだりだったので、ボルダリングは中止して、バスで帰ることに。
Ceský krumlovというチェコの中でも抜群にかわいい町と、
Českě Budějoviceを経由し帰宅。

201608111854538fb.jpeg
(Českě BudějoviceからTábor行きのバスがこれだった。アピールしすぎだろっ。と思う反面、
乗ることに迷いはなかった・笑)

雨に降られてしまったけど、チェコでの初キャンプは楽しかった。
今まで行ったことのない場所だったし、川下りも今度したい。
ただ、今回はレストランでの食事が異様に高かった。
田舎町で、夏しか営業していないような感じだし、
こういう避暑地的な場所だから物価が異様に高いのだ。
次回キャンプに行くときは、バーナー、鍋、食料を持参しようと心に誓った。

実は夏休みの話はまだあと少し続きますが、また次回。

今日もポチっとおねがいします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村






夏休みその3 国境近くでキャンプPart1

2016.08.10 11:46|アウトドア
ただ今、昼の1時をまわったところ。
現在のターボルは16度。
さっきまでは曇っていたけど雨降ってきたー。
今日は水曜のマーケットなので朝から出かけたわけですが、
寒い!寒い!カーディガンとかパーカー必須。
もう夏も終わっちゃうのかしら…?

今日は夏休みにキャンプに行った時のお話しを。
前回、クライミングトリップでチェコの北部に行ってキャンプをする予定だったのが
雨で中止になり、リベンジも兼ねて今度はチェコの南部、オーストリア国境近くで
キャンプすることに決めた。

私はキャンプ大好き。
物心ついた頃から、夏休みは家族でキャンプに行っていた。
時には車で移動しながら日本海側まで行ってテント張って旅をしていた。
小学生くらいになったころには、私がテントを張る係(簡単なテント)だった。
思春期になり、しばらくキャンプは遠ざかっていたものの、大人になってから
またキャンプ熱が復活。音楽フェスでのキャンプも好きだし、
カナダでもカナダ人の友人2人と、キャンプしながらロードトリップしたりもした。

ホンザもキャンプ好き。
というか彼の場合は私とは異なり本気のガチのキャンプ(笑)
何千メートルもの山を登ってきた人だから、キャンプはお手の物。
キャンプ道具を背負って、アンデス登ったりキルギスタンの山登ったり、
とにかく山に登るためにキャンプをしてきた人なのだ(笑)

そんなわけだけど、チェコにきて、私は初キャンプなのでテンション上がるわけで。
私たち、実は車がなくていつも義父に車借りてるんだけど、
数日間はさすがに貸してと言いにくく、車ではなく、列車でキャンプに行った。
チェコ南部の都市、Českě Budějovice(バドワイザーの町)を経由しローカル路線に乗り換える。
やたらと人がいっぱいいる。
みんなキャンプや川下りをする人たちのようだ。
こんなに混んでいるなんて全く想像していなかっただけにびっくり。

私たちが下車したのは無人駅 Rožmberk nad Vltavou
私たち以外は誰も下りなかった(笑)

20160810194647c24.jpeg

20160810194648807.jpeg

201608101948184fa.jpeg

駅から少し歩いてバス停を探すものの キャンプ場まで歩こうか。とホンザ。
いやいや、結構距離あるのは私は知っている。
それでなくても荷物が重いのに、歩きたくないなーというのが私。
結局、ヒッチハイクすることにした。

ものの5分もしないうちにヒッチハイク成功(笑)
停まってくれたのは、香港人カップルだった。
車のナンバープレートが「D」だった。(チェコはCZ)
Dということはドイツから来たのか。
話をしてみると香港人カップルは、旅行者でドイツからチェコに来た模様。
チェスキークルムロフというチェコ南部にめっちゃかわいい場所があるんだけど、
そこに行く途中だった。
なんだか、アジア人に会ってテンションが上がった(笑)
香港はちょこっとしかいったことないけど料理おいしかったし、
ホンザもちょこっとだけ滞在したことあるので、なんだか親近感。

ヒッチハイクしたの久しぶりだなー。。。。
ヨーロッパではベルギーで一度ヒッチハイクで乗せてもらったことあった。
今回はホンザと一緒ってこともあって、ヒッチハイクも怖いとは感じなかった。
日本でも私自身ヒッチハイクしてる人を乗せたことあるし、
うちの父親もよくヒッチハイクの人を乗せてたので、私としては抵抗があまりないのである。
そんなこんなで私たちの目的地に到着。
お礼を言い、さよならを告げる。

そして目的地Rožmberk nad Vltavou
青い点の場所です。

2016081020032314d.jpeg

本当にオーストリア国境が目と鼻の先。
こじんまりとしているものの、めっちゃかわいい町なんですけど!
町というか、村かな?
Rožmberk nad Vltavou っていう名前なだけあって、ヴルタヴァ川(ドイツ語名:モルダウ川)なわけですよ。
川下りしている人の姿が多い。

201608101947100a9.jpeg

お城があって閉館していたけどお城の近くから見える景色。
とってもかわいい町で、ここを選んだホンザを褒めちぎってみた(笑)

20160810194714bd5.jpeg

2016081019473123c.jpeg

ただ、ここからキャンプ場までが急な坂道の森の中を歩いた。
(ボルダリングをする予定があるため、クラッシュパッドを持参)
2016081019473294a.jpeg

そしてようやく無事にキャンプ場に到着!!

2016081019473442b.jpeg

テント1張と、2人分の料金を支払う。合計200kč(1000円くらいか)
トイレやレストラン、コインシャワーがあり、まあいい感じ。
ただ、恐ろしいくらい人が多い。
ほとんどが川下りの人たちみたい。
アウトドア好きだな、みんな。
軽くて簡単なテントを設営。
狭いけど2人で寝るには十分。
私はクラッシュパット敷いて寝るから寝心地抜群だし!
20160810194801fcb.jpeg

私たちは食事を作る鍋やらボンベやらを持ってきていなかったので
町にでて食事。
私はチェコ料理のカマンベールチーズのフライを注文。
2016081019473630c.jpeg

チェコはチーズのフライが有名で、とてもおいしいのだ。
(だからブクブクしていっちゃんだろうけどやめられない・笑)

遅いランチの後は川沿いを探索。
お城が高台の上に見える。

20160810194755b5f.jpeg

川下りしている人が急な川の流れのところでひっくり返ったりするのを見ていた(笑)
(浅瀬なのでみなさん無事です。笑いながらボートを元に戻している)

そんなこんなですっかり夜になり、ブルーベリーのビールとソーセージをキャンプ場の
レストランでゲットして、早々と就寝するのでありました。

201608101948183c1.jpeg

続く。


本日もポチっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村