FC2ブログ
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

ターボルで開催のワイン・フェステイバル

2018.02.27 10:30|ターボル
ただいまチェコは午前10時半を過ぎたところ。
ターボルはマイナス12度。

さっきまでマイナス14度で、なんだかもはや感覚が麻痺してくる・・・
今年は暖かいな~って思っていたのに、やっぱりその思いはもうどこかに消えた。
去年の今時期のブログにも気温が書いてあるんだけど、

それを読み返すと、昨年のこの時期、マイナスになっていない!!!
明らかに去年より寒いです。

今日はワインフェスのお話を。

ターボルでは毎年約1か月くらいに渡りワインフェステイバルが行われている。
昨年のお話→http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-164.html

それにしても1か月ってすごくない?(笑)
それなりに毎日いろんな催し事が組み込まれているようだけど、私たちは2/24に行ってきた。
というのも、ホンザがこの日のチケットの応募があったらしく当選したのだ。

plakat_2018_znojemsko.jpg

本当は早くから行きたかったけど、夕方前にホンザと大喧嘩したので7時くらいから向かった。
というのも、ホンザはチケットが当選していたから無料で入れるのだけど
通常はチケット代を払わなければならない。
私は前日に前売り券を買おうとしていたんだけど、ホンザが
当日でも同じ料金だから買う必要ないよ。と言ってのけたのだ。
私は、前売りと当日券が同じ料金なわけはない!!!と言い返し
何度もホンザに確認したのだが、ホンザは大丈夫大丈夫と言ったから買わなかった。
しかしながら、フェステイバルに行く数時間前にホンザがwebを確認したら
やはり当日券は前売り券と値段が異なり、だいぶ高かった。

だから言ったじゃん!!!!と大喧嘩。
前売り料金で買うつもりでいたってのもあったのだけど、
それ以前に、確認せず勝手に大丈夫大丈夫と決めつけていたホンザに腹が立ったのだ。
時々こういうことがあって、絶対に事前準備や事前確認をしないで
自分の思い込みや予想で大丈夫だと決めつけることがよくあり、しかも超がつくほど頑固。
チェコ人って本当に事前準備とかができない人種で、計画とかができない人が多いんだけど
確認しておけよ!!ってこととか、準備しておけよ!ってことをギリギリにやりだすから
今回はそれに対して、いつも以上に私がブチ切れた。
まあ、私も自分で確認すればよかったんだけど、
すっごく楽しみにしていたのに、行く気がなくなってしまったのだ。
今になると本当にくだらない内容の喧嘩だけど(笑)

だけど、しばらくして謝ってきたきて、1年越しに楽しみにしていたイベントだから
せっかくだし、気を取り直して行くことにした。

会場は、家から徒歩5分程度のターボルの新市街にあるホテル。
ホンザは受付で名前を言ってリストバンドをもらい、
私は当日券200コルナを払ってリストバンドをつけてもらった。
前売りなら130コルナなのに!!!(まだ言うかっ!って感じですねw)

そして、ワイングラスをレンタルする。
こちらは毎年同様で、100コルナのデポジットを払い、ワイングラスを借りるシステム。
そして、試飲するワインのクーポン券を買う。
一枚5コルナで、とりあえず100コルナ分を買った。
試飲するワインは、ワインの質によって使うクーポンの枚数が変わってくる。
グラスに少量のワインを入れてもらい試飲をするのに、2枚のクーポンのワインもあれば
3枚、4枚、5枚など必要なクーポンの枚数が異なる。

20180225211947fc1.jpeg

会場にはワインのブースが10テーブルあり、1つのテーブルブースごとに2つのワイナリーが入っていて
数えてみたら全部で187種類くらいワインがあった。

パンフレットをもらって、まずはどれを試飲しようか考える。
ちなみに水は、入場料を払うともらえる。
試飲するワインの種類を変えるたびに、水を飲んで口の中を一度クリアにするそうな。
20180225211958d96.jpeg

ちょうど行ったタイミングで、別室でワインの勉強会的な、
ワイナリーとか専門家の人がお話をしてくれるのが開催されていたのでそれに参加。
3種類のワインを試飲させてくれた。

私は、白ワインは甘口が好き。
チェコ語の甘口ワインはsladkéというのだけど、
最初にクーポンを3枚必要なsladkéを飲んだら甘すぎたから、
少し甘めを抑えたpolosladkéを次に飲んだらおいしかった。

そして、昨年の教訓を生かして今年はチーズやサラミ、オリーブ、パンを持参した。
201802252119488b2.jpeg

会場にはターボルのチーズ屋さんとかもいて、つまみセットとかも売っているんだけど
昨年は持参している人の姿をたくさんみたので、私も持参したのだ。
ちなみにチーズは、カマンベールを買ってもっていこうかと思っていたんだけど
偶然にも前日、義父がやってきて500gチーズをくれたのだ。
しかも、私の大好物のスパイス入りのチーズ。
すごくしょっぱくて、ジョージア(グルジア)のチーズみたいなしょっぱさなんだけど、
酒のつまみには最強で、私は大好物なのでこれを持参していた。
下の写真のチーズです。
20180225211956c10.jpeg

写真ではあまり人がいないように見えるけど、結構人が多くて
人をかきわけて、ワインのブースに行く感じです。
201802252119537f6.jpeg

20180225211954b89.jpeg

201802252119503d9.jpeg

会場で、ターボル在住のひでおさんの奥様のお兄さんに遭遇。
私もホンザもお兄さんとは一度しか会ったことがなくて、しかもその時は挨拶程度だったけれど、
向こうも覚えていてくれた。
ホンザとお兄さんの二人は少し酔っぱらっていたのもあるかもしれないけれど
ずーーーーーーーーーーーっと立ち話(笑)
チェコ人って本当に、よくこんなに話すネタがあるよな・・・と毎回思う。
しかも日本人同士なら聞かないような結構立ち入ったことまで聞いたりするし。
聞いてる私がヒヤヒヤする。。。(チェコ語だから、少ししかわからないけれど)
でも、そんな私に気づいたホンザに
チェコ人はこうだよ。日本人は遠慮しすぎだから
と言われ、お兄さんにもそうだそうだ。チェコ人はこれが普通だよ。と言われる始末(苦笑)
よくも悪くも隠し事をしない(笑)
日本人とチェコ人の違いをこういう部分で感じます(笑)

お兄さんはいろいろ物知りで、私たちが先日行ってきた世界遺産のホラショヴィツェ歴史地区の話とか
いろいろ教えてくれた。
ちゃんと話したのは初めてだったけどホンザもすっごく楽しそうだった。
私も酔っていたせいか、いつもよりチェコ語が分かった気がして(笑)、楽しかった。
私の場合、酔っぱらた方が、気が大きくなってチェコ語も英語も間違っていても話そうとする、話したくなるから、
たまに酔っぱらうのも悪くはないと思うのです。

ホンザはそこまでワインは飲まないんだけどホンザも私も気に入ったワインがあって
今年もそれを帰り際に瓶で買って帰った。
昨年のお気に入りのワイナリーは参加していなくて、そのワインは買えなかったけど
今年は今年のお気に入りをゲットできたのでよし。
来年もまた、来年ならではのお気に入りのワインを1つ見つけて買いたいなと思う。

ちなみにワインのフェステイバルはまだまだ開催中です。
festival-vina.cz/

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

チェコのフルボカー城へ。

2018.02.26 12:00|チェコ

ただいまチェコは昼の12時を過ぎたところ。
現在のターボルはマイナス7度。
さっき新市街に歩いて出かけてたんだけど、街の時計についている温度計を見たら
マイナス13度だった。
もう寒くて、鼻水が凍りそうな勢いでした・・・
暑いより寒い方が好きだけど、寒すぎるともはや顔とか痛くなるレベル。
早く春が来てほしいと切実に思うわけです。


今日は前回の続き、続編のお話を。
http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-297.html
チェコの世界遺産・ホラショヴィツェ歴史地区に行ったあと、私たちは第二目的地に向かった。

下の地図の⑨が世界遺産・ホラショヴィツェ歴史地区で、

第二目的地は⑩のフルボカー城(zámek Hluboká)です。
20180225181308f4a.jpeg

実はフルボカー城は以前も行っていたけれど、せっかくだし立ち寄った。
私とホンザは雪で覆われた美しいフルボカー城を見る気満々だった。

・・・が、雪はほとんど溶けていた(泣)

それでも、やっぱりここは美しいお城。
正直言うと、私的には綺麗で豪華なお城ってどれ見ても似てると思う部分があって、
煌びやかで美しく細部までこだわってるのはわかるんだけど、
個人的には特に惹かれるものもなくて(ホントすみません)、
美しいお城よりも、戦いのために作ったようなゴツイ城の方が造りとか好きなんだけど、
でも、このフルボカー城だけは別枠で一度来たときから大好きになってしまったんです。

201802252015309fc.jpeg

今回は、特に内部ツアーに参加する気もなかったのでお城の周りを散策。

20180225201525095.jpeg

201802252015279ba.jpeg

ドアノブ。
これも、なんだか伝説?ストーリーがあるらしくホンザが教えてくれたが
私は撮影に夢中で半分しか聞いてなかった。
ホンザ、すまん。
20180225201527f76.jpeg

20180225201531f04.jpeg
余談だけど日本に一時帰国した時に持って帰ってきたネパールで買った耳付きニット帽。
ネパールで何個も買って、お土産とかにしていたけど自分用の2つをチェコにもって帰ってきたのだ。
これが思いのほか、非常に重宝している。
日本ではボードに行く時しか被っていなかったけれど、寒いチェコではとっても重宝。

話は戻りますがフルボカー城も閑散期だからか観光客はあまりおらず。
結構寒かったので、早めに退散。

この後、⑪のチェスケー・ブジョウヴィツェを通り過ぎた際に、
私が一度行ってみたかったスーパーGlobusを見かけて、立ち寄ってもらった。
結構大きなスーパーで、施設内にはほかにも色んなショップが入っていた。
チェコ内の大きな都市にはある店舗だけど、ターボルにはないお店。
だから、ターボルにも欲しい!と感じた。
買い物嫌いなホンザだけど試食コーナーとかがあって試食も楽しめたから満足してたみたい(笑)
ターボルのスーパーで試食コーナー、売り子を見たことがないので(笑)

この日は、夜にターボルのワインフェステイバルがあったので
それに行くために夕方までにはターボルに帰りました。
そんなわけで、ドライブショートトリップのお話はここで終わり。
そしてワインフェステイバルのお話はまた次回。

本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

チェコの世界遺産・ホラショヴィツェ歴史地区

2018.02.25 11:30|旅行
ただいまチェコは午前の10時。
ターボルはマイナス9度。
さっきまでマイナス13度だったから少し暖かくなった。

今日、ホンザはDiscgolfのトーナメントにメンバーと朝から出かけたわけだが、
本当は私も行こうと思っていたけれど、開催地がターボルより寒くマイナス16度とかで
試合に出るわけではない私は朝から夕方まで一日中、外にいるのが嫌で行くのをやめた。
だって、車の中で待っていたとしても長時間だし寒いのは目に見えているからやめた。

昨日は、オリンピックでチェコのレデツカ選手がボードも金メダルを取ったので
スキーもボードも金で大興奮だった。
ちなみに彼女はチェコ語表記だと、Ledckáなんだけど、チェコは男性と女性の
名字の語尾が異なるので、彼女の父親はLedckýさん。彼女の母親は女性の名字だからLedckáさん。
チェコの名字の女性形はほとんどは、語尾がováなんだけど、
彼女の父親はý で終わっているので、女性形はá になるのだ。
ちなみに我が家もホンザはý で終わっているので、私はáで終わる名字。
まわりがほとんどová の名字なので、áで終わる名字に少しだけ親しみを感じております。

チェコのアイスホッケーは手に届きそうだった3位も逃して悔しかったけど、
ここまで行ったのも今回はある意味奇跡だったとホンザは言うし私もそう思う。
カナダとか、北米アイスホッケーリーグはNHLの選手をオリンピックに出場させてないものね。
選手のケガや経済利益を考えてオリンピックに出させてなかったらしいから。


・・・と前置きがとても長くなりましたが、
今日のブログは、チェコのユネスコ世界遺産・ホラショヴィツェ歴史地区のお話を。
昨日、ドライブがてらに行ってきました。

ホラショヴィツェ歴史地区は南ボヘミアの都市チェスケー・ブジョウヴィツェからほど近い距離。
私たちは、朝から寄り道をしながら出発。
ちなみに下の地図のSTARTがターボルで、⑨がホラショヴィツェ歴史地区。

20180225181308f4a.jpeg

第一目的地であるホラショヴィツェ歴史地区に到着するまではこんな感じの雪景色がいっぱい。
20180225174349f51.jpeg

20180225174351e30.jpeg

そして、③のTýn nad Vltavouに少し立ち寄った。
Vltavouというのはヴルタヴァのことで、いわゆるモルダウ川のこと。
川が少し凍ってた。
20180225174353d16.jpeg

そして次は④Soutok Vltavy a Lužnice
ここは、ヴルタヴァ川とルズニツェ川の合流点。
ちょうど川が交わる部分に石碑みたいなのが建てられているのがわかる。
右奥がルズニツェ川で、手前から左にかけて一本になるのがヴルタヴァ川。
201802251743556b4.jpeg

ターボルを流れているのはルズニツェ川なので、ちょっと興奮。
私、川の合流点とか結構好きなようで、ドイツを旅していた時もライン川とモーゼル川の合流地点である
コブレンツのドイチェスエックにわざわざ行き、
インドではインドの山奥のインダス川とザンスカール川の合流点にもわざわざ立ち寄ったことがある
という、今回のことで今更気づいたが、川の合流点マニアである模様。。。(笑)

そしてなかなか本題のホラショヴィツェの話にいきつかなくて申し訳ないが、
小腹が減ってきたので⑦のVodňanyに立ち寄った。
いったことのない街にはいろいろと立ち寄ってみたいものだ。
そうそう、余談だけどほかにも通り過ぎた町があって、ヤン・ジシュカの像が立っていた。
ホンザが、ヤン・ジシュカはこの町近くの生まれだったと思う
と言っていたが、町の名前を忘れたから後で聞いてみよう。

下の写真はVodňany。
20180225174357339.jpeg
この広場にあった肉屋兼軽食屋でランチをした。
チェコには肉屋の敷地内に、肉屋がやっている軽食レストランみたいなところがあったりする。
(ない店舗も多いけど、何度かこういう肉屋でランチをしたことがある)
肉屋がやっている軽食レストランは劇的に値段が安く食べられるのだ。
スープ、チキンのフライ、ポテトフライ、パンを食べて66コルナ(350円くらい)だった。
結構賑わっていて、人気の模様。安いしね。

さて、そんなわけでお腹も満たしたので、第一目的地へ。

⑨のチェコの世界遺産・ホラショヴィツェ歴史地区です。

チェコ語で表記はHolašovice。

この村は、何がいいって、建物の装飾がかわいいのだ!!

201802251846405f5.jpeg

20180225174402121.jpeg

2018022517544205b.jpeg

かわいいよね~。
チェコの家ってかわいい建物が多いけど、ここの装飾はかわいさ抜群。
南ボヘミアのバロック様式でこの地域独特の建物だそうです。
バロックと言っても、この地域のは素朴でかわいいのが特徴的。
1520~1525年はペストが大流行した土地で、生存者はたった2名だったそう。
後にドイツ系移民とかが増えて、チェコ人よりもドイツ人の方が増えてしまったけど
第二次世界大戦後にドイツ人を追放したという歴史がある。
建物の多くが19世紀の後半のものだそうで、保存状態はとってもいいと思う。
まあ、だから世界遺産に登録されているのだが。
このエリア近くには、道中でもこんな感じの装飾の家をいくつか見かけたけど、
世界遺産に登録されたホラショヴィツェは、当時の姿をほぼそのままで保存されている村だったので
登録されたみたいです。

かわいらしい外観は、花嫁を呼び寄せるためとも言われていたらしい。
・・・が、辺鄙なところにある村だからなかなか難しいかったんじゃないかな。
・・・と心の中でひそかに感じた。

中心部に小さな池があるんだけど、池は凍っていた。
そしてチェコの池のそばには、このおっさんの像がいることが多い。
20180225175450b4e.jpeg

チェコ人が大好きなポハートカ(童話)の有名なおっさんだ。
名前聞いたけど、忘れちゃった。ホンザが帰ってきたら聞いてみよう。
チェコの池の近くにはこのおっさんがいることが多いので、池とか水辺に行く際には探してみてください。
201802251754527e8.jpeg

20180225174406e0b.jpeg

20180225175447530.jpeg

201802251754495a2.jpeg

20180225175453625.jpeg

そして聖ヤン・ネポムツキーの礼拝堂も。
201802251754583ba.jpeg
聖ヤン・ネポムツキーは守護聖人の一人で頭の周りの☆星があるのが特徴的。
袋詰めにされてプラハのカレル橋からヴルタヴァ川に投げ込まれたという悲しいストーリーがある方ですが
カレル橋に限らず、チェコの川の橋にはよくこのネポムツキーの像があります。

そして行かなかったけれど近くにストーンヘンジみたいな石がある場所があって、
そこはケルト人が残した場所?らしく、すごーーーいエネルギーのスポットだそう。
ここにいった日の夜、ターボルでワインのフェスがあってそこで偶然
ひでおさんの奥様のお兄さんに遭遇し、そのお兄さんがいろいろ教えてくれた。
行かなかったことが悔やまれる。次回は行こうと思う。
そしてワインフェステイバルの話もまた後日書こうと思う。

・・・とまあ、こんな感じですが、世界遺産・ホラショヴィツェ歴史地区は
世界遺産だけど、シーズンオフでレストランも観光案内所も全部しまっていて、
観光客は誰もいなかった・・・(笑)
小さな村だから、ここだけをメインに観光すると多分一瞬で終わっちゃうから
チェスケー・ブジョウヴィツェとセットにして、チェスケー・ブジョウヴィツェから日帰りがいいかと。
バスでチェスケー・ブジョウヴィツェから行く場合は、本数が少なそうだから
帰りのバスの時間もチェックしておくのがおすすめです。

長々と書いてしまいましたが、このショートトリップにはまだ続きがありまして
続きを書きたいところですが、もったいぶって二部構成にします(笑)

本日も下のボタン、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村<

チェスケー・ブジェヨヴィツェの展示会へ

2018.02.23 16:14|チェコの多肉植物
本日2つめのブログ。
ただいまチェコは夕方4時になるところ。
現在ターボルは1度。
今夜も冷えそうです。

先日、わたくし誕生日を迎えました。
誕生日当日、ホンザとチェコの南ボヘミアの都市である
チェスケー・ブジェヨヴィツェ(České Budějovice)に電車で行ってきた。
チェスケー・ブジェヨヴィツェはターボルから1時間弱で行ける距離。

というのも、蘭の展示会が開催されているのです。
でも、私のお目当ては蘭ではなく(笑)、

付属で展示されている多肉です(笑)

201802232321449dc.jpeg

チェスケー・ブジェヨヴィツェにあるミュージアムの館内で展示があることをホンザが
偶然知って、いつ行こうか迷っていたけどこの日に行くことに。

到着して入場料にびっくり。
入場料が60コルナで、意外と高いな・・・と感じたのだ。
というのも、こういう展示会、今までは無料とか、20コルナくらいのものが多かったから。
でも、最初は高いなーと思ったけど、展示を見たらその気持ちはどこかに吹っ飛びました。
というのも、内容がかなり良かったから。

入ってびっくり。
すぐ、エアプランツだらけの木が!!!

鼻息荒くなる私(笑)

201802232323008a3.jpeg

ほかにも、サボテンいっぱい!!
20180223232207c67.jpeg

20180223232205b27.jpeg


20180223232258342.jpeg

下の写真のエリア、こちらはもはや南国。
ジャングル。
植物園とかならわかるけど、普通のミュージアムでここまで展示するのに驚いた。
かなりいい感じです。
20180223232210106.jpeg

20180223233556294.jpeg

蘭ってあまり興味なかったけれど、やっぱりきれいだなと思う。
2018022323225879d.jpeg

私は大興奮でしたが、付き添いのホンザも意外と楽しんでいたみたい。
爬虫類とか虫とか鳥もいた。
展示会ではエアプランツや蘭、多肉、サボテンが売っていて、
チェコではなかなか売っているのを見たことがないエアプランツがいっぱい。
(売っていても結構高くて買えなかったってのが現実)
でも、今回はまあまあ手ごろだったので誕生日プレゼントとして、
チランジアのウスネオイデスと多肉を買ってもらいました。

とっても満足したけど、とってもおなかがすいていた私たちはランチへ。
鶏肉とポテトに、コーンたっぷりのソース。
すごくおいしかった!

201802232342140f7.jpeg

古いビールの看板的なプレート。ターボルもあった!
今、ターボルの旧市街にあるコトノフ城では昔ビールが作られていたけど
今は作られていなくて、たぶんそれのプレートだと思うってホンザが言ってた。
ほんとかどうかはわからないが。
でも、いろんなプレートがあってかわいい。
20180223234213155.jpeg

その後は、ホンザの趣味のプラモデルの専門店へ。
店内の写真は撮らなかったけれど、店内には日本のTAMIYAのプラモデルや
TAMIYAグッズ(やすりとか、エアブラシとかスプレーとか)がとにかくいっぱいあって、
もちろん輸入品だから日本語の上にチェコ語で訳された言葉が貼ってあるんだけど、
静岡生まれの私としては、静岡のTAMIYAがこんなに活躍しているなんて!と大興奮。

そして電車でターボルへ。
いい誕生日でした。
誕生日のふざけた一コマ。
20180223232139be4.jpeg

下の写真は、噂のエアプランツ、チランジアのウスネオイデス。
ずっとずっと君に恋い焦がれていたんだよ。
ようこそ我が家へ。
2018022323214045c.jpeg

このウスネオイデスは、なんと1メートルくらいあってつぼみもつけている。
株分けして、わしゃわしゃに増やしたいな。

日本ではエアプランツとか100均でも売っているけど、チェコでは100円なんていう値段では
とても買えない。ウスネオイデスは日本でももう少し高いと思うけど。
チェコでは多肉やサボテンの普及種で小さなものは100円くらいでも売っている時があるけれど
エアプランツはなかなか見かけないし、見かけたとしても高めです。
なので、この子を枯らさないで増やすよう頑張るー!!

義父母からも花やワイン、大好きなロシェのチョコレートなどなどいただきました。
私の好きなものを、最近よくわかってくれております(笑)
20180223232141b00.jpeg

だらだらと長く書いてしまいましたが、本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

友人の赤ちゃんに会いに。

2018.02.23 14:15|プラハ
ただいまチェコは昼の1時半になるところ。
ターボルは0度。
朝はマイナス6度くらいで、最低気温がマイナス10度くらいということで
少々寒い日が続いております。

オリンピックでもりあがっているのはチェコも同じですが
本日は、ロシアとのアイスホッケーの試合で負けてしまいました。。。
結構アイスホッケー好きなのですが、途中から試合を見ていられなくなったわ(泣)

今日はプラハの友人宅にいった日のお話を。
今週初めに、プラハに行ってきました。

先月のはじめにチェコで出産をしたA子。
というわけで、A子のベイビーのニナに会いに行ってきました。

一時帰国後に電車に乗るのは初めてだったからワクワク。
ターボルは雪景色だったけど、プラハに近づくにつれて雪がなくなっていったから驚いた。
プラハで電車に乗り替えして初めて向かう駅。

city elephantっていう電車で、ターボルから向かう電車とは形が異なる。
2018022321155142e.jpeg

・・・時間的なせいかガラガラな車内。

そして、地図を頼りにA子宅へ。
地図見るのは大好きだし、チェコって通りの名前さえちゃんとわかっていれば
迷子になることはほぼない。

A子宅に無事到着して、かわいいニナとご対面。
チェコとのミックスの子は、日本人っぽい顔の子も多いんだけど、
ニナは日本人っぽさもありながら、チェコ人ぽさも多い感じ。
日本人目線で見ると色白だけど、チェコ人目線で見ると、白くないそうな。
確かにチェコ人の赤ちゃんは透き通ったような肌の色なのである。

そして、ずーずしくランチもごちそうになった。
自分が作るパスタとは一味違って、とってもおいしかった。
ごちそうさまでした!


2018022321210958c.jpeg

A子とオンドラは本当にかわいいお似合いのカップルだ。
オンドラは日本語もだいぶ話せるから、ホンザに爪の垢でも煎じて飲ませたい(笑)

天気もよかったしその後はお散歩。
プラハ郊外とは言え、川があったりのんびりしていたりでいいところだなと思った。

この日は夕方からターボル近くで用事があったので、ゆっくりできず
早めの退散。
また遊びに行くからね!

プラハは中央ボヘミアだけど、南ボヘミアに入ったら雪景色!!
同じチェコ内でも、こんなに違うのね~。
20180223211554d92.jpeg

外はとても寒いけど、チェコらしいきれいな景色に満足。
ターボルの駅に着いたら、ホンザが迎えに来てくれていました。
こういうところはやさしい夫です。

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






日本で選ぶチェコへのお土産

2018.02.15 12:06|日本
ただいまチェコは昼の11時半になるところ。
現在ターボルはマイナス3度。
さっきまでマイナス6度でした。
今日は雪は降っていないけれど、昨日の朝は雪が降っていた。

先日はチェコで選ぶ日本へのお土産のことを書いたから今日は日本で選ぶチェコへのお土産の話を。
あくまでも、わたしの独断の土産ですが。


・ウイスキー
日本では千円や2千円で買えるウイスキー。
チェコはビールは安いけれど、そこそこいいウイスキーはべらぼうに高い。
チェコ人はウイスキーにはなかなか手が出しにくいらしい。
だから、私はウイスキーをお土産にしようと決めていた。

201802131924439e4.jpeg

このジョニーウオーカーのブラックラベル。
日本では2000円を少しオーバーしたくらいの金額。
チェコでは809Kč.
いくらかというと、日本円に換算すると4300円くらい。
さらに言いますと、チェコって日本と比べると物価が安く、物価が安いということは収入も低いわけで、
チェコ人の感覚からいうと、809Kčって、

8000円くらいのお買い物なわけです!

いや~、目が飛び出ますね(苦笑)
というわけで、日本で買ってきました。
というか、父親がチェコのお義父や義兄、おじいちゃんに・・・と言って買ってくれました。
父上、ありがとう!

まったくもって、日本のお土産ではないウイスキーですが、
チェコ人の酒好きには喜ばれるお土産です。
ビールやワインは安いチェコだけど、それ以外のお酒は高いので、
お酒好きなチェコ人にお土産を選ぶ方は、ウイスキーなどおすすめです。
ま、我が家のホンザはウイスキー飲まないけれど、誰かホンザの友達とかが遊びに来た時に
出してもいいかな~と。

・日本のビール
ホンザは日本のビールが好きです。
特にサッポロと、沖縄のOrion。
沖縄料理屋をやっている友人が、Orionをお土産にくれたので、ホンザは大喜び。
チェコのビールを普段飲んでいるけれど、日本のビールはまた一味違っておいしいらしいです。

・山梨のワイン
これは、義母へのプレゼント。
まだ日本とチェコとの遠距離恋愛をしていたころ、私がチェコに来ると義母は毎回チェコの
モラヴィアのワインをお土産に持たせてくれ、
私は山梨のワインを義母へのお土産にしていた。
日本語が書かれたワインのラベルを見るのが好きらしい義母。
ワインの飲み比べをするのも楽しい。

・プラモデル
20180213192442123.jpeg
こちらは、ホンザ限定のお土産(笑)
普段はアウトドア、スポーツしか頭にないような我が夫ホンザですが、
冬は外に出て遊ぶことがあまりできないので、プラモデルや紙で作るモデルに夢中。
そんなわけで、一時帰国中に父親に話したら、ゴソゴソと物置から
開封前のプラモデルを出してきた。しかも5つも(笑)
そう、父親もプラモデルとか大好きな凝り性で、しかも10年や20年以上前の古いやつを出してきた(笑)
ホンザにその場で動画で通話したら、目をキラキラ輝かせておりました。
それ以外に、父親とプラモデル専門店に行って、父が新しいのを2つ買ってくれ、
合計7個と、やすりとかいろいろ持ち帰ってきたわけで、
私のスーツケースの片面はほとんどがプラモデルだったっていう・・・(苦笑)
ホンザはおおざっぱで豪快な私と違って、結構几帳面なところがあって、
こういうのを作ることにたいして、適当なのが嫌で、完璧に仕上げたい主義。
色とかも、モデル通りの色を使って塗りたいタイプ。
私は、持ってる色や好きな色で塗ればいいじゃん!っていうタイプだから正反対。
ホンザは、Youtube先生でプラモデルの色をいかにきれいに塗るか・・・とかを毎日飽きもせず見ている。
こういうこだわり方が、私の日本の父親と少し被るというか似ている気がする。
父親も、ものすごく凝り性だから。

2/16追記補足。
父親とプラモデルショップに行ったときに、プラモデル!静岡といえばTAMIYA!ってことで
TAMIYAの塗料を買おうと思って、父は無差別にバンバンとホンザへのお土産にする塗料をかごに入れていた。
ところが、私はラベルを見て、あることに気づいたのである。
そう、炎のイラストがラベルにあったのだ。
思いっきり危険物じゃーん!!!
店内のその場で、父親のipadで検索したら、塗料は飛行機持ち込み禁止。
預け入れもNGらしい。
プラモデルの塗料、チェコで買うより日本の方が安くておまけに世界のTAMIYAブランドだし
とっても買いたかったけれど、断念しました。
水性ならいいかも?と思ったけど、万が一何かあった場合のことや
飛行機で持ち込みする際に断られて捨てなければならないのも切ないので諦めました。
残念だけど、仕方ない。


・静岡のお茶
20180215194448039.jpeg
私、静岡県出身なので茶畑の近くで育ちました。
そんなわけで、静岡ではお茶がとにかく普通に飲まれている。
周りの友達もやたらとみんなお茶をくれる。
お茶農家の友達もいるので、とにかくおいしいお茶だらけ。
写真はそのお茶の一部です。これの倍以上あります(笑)
ホンザもお茶が大好きだし、友人たちが遊びに来た時もみんな緑茶を飲みたがる。
チェコでお茶屋でお茶を飲むと結構いいお値段するし。
これはお土産にも最適。

・きのこの山
そう、お菓子のきのこの山です。
チェコ人はとにかくキノコが大好きで、シーズンには森に行き、キノコ狩りをするのが彼らの楽しみの1つ。
おまけに、チョコレートやスイーツが大好きなチェコ人なので、
キノコとチョコレート、スイーツのコラボレーションなんて、飛びつくしかないだろうっていう食べ物なのです。
きのこの山は義父や義母用にもお土産として持って帰ってきたが、
箱を目にした瞬間、速攻で義父が箱をあけて食べていた(笑)
こんなに食いつきがいいお土産は珍しい。
というわけで、きのこの山、チェコに持ってくるお土産にはとてもおすすめです。

あとは、100均でいろいろゲットしました。
自分用や、他人へのお土産も。
おもちゃとかもいろいろ。
個人的にお気に入りはこれ。

・マグネット(笑)
20180213192440f1b.jpeg

冷蔵庫につけている。
写真では伝わりにくいが、いくらが輝いていて美味しそうなのだ。

あとは、日本食好きなチェコの友人には、柿ピーのわさび味とか、
わさびのチューブとかをお土産に。
個人的には、日本食の調味料もいくつか持って帰ってきた。
チェコでも買えるけど、やっぱり安くはないしね。

他には台湾好きな妹が台湾に行く際に頼んでおいたウーロン茶やプーアルとか。
緑茶とはまた一味違った味が楽しめるし、カップに葉を入れて、それが開くのを見ながら飲むのが
私もホンザも大好きなのだ。

という感じに、日本からチェコに持ってきたお土産を書いてみた。
ウイスキーときのこの山、最強です。


【本日のおまけ】
昨日はバレンタイン。
チェコでは男性が女性にバラを贈るのが多いらしい。
夕方前にホンザと町に買い物に行ったら、花屋さんはバラの花を買う男性たちが
行列を作って並んでいた。
普段、こういうイベントには全く興味がないホンザだが、この男性たちをみて刺激されたらしく、
バラを買ってくれたよ。

20180215195942cbd.jpeg

それだけでなんだか幸せな気分に。
女性は花を贈られてうれしくない人なんていないと思う。
世の男性よ、日ごろから愛する女性や大切な女性、お世話になっている女性や、母親とかに
もっともっと花を贈るといいよ。
女性は恥ずかしさから言葉に出さないけれど、もらったらすごく内心はうれしいもんなんです。

そして、私はチョコレートケーキを作った。
だが、我が家のオーブンは相変わらず調子が悪く、ケーキの向きを変えようとしたら
ケーキをドーンって落としてしまった(泣)
形が崩れ、ぐちゃぐちゃになった半生のケーキを懲りずに焼き続け、
結局ぐちゃぐちゃに焼きあがったケーキを食べました。


本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

チェコで選ぶ日本へのお土産

2018.02.13 12:43|チェコ
ただいまチェコは昼の11時半になるところ。
現在ターボルは1度。
今日は天気もよく、ぽかぽかしてます。

昨日はホンザのおじいちゃんの家に行ってきた。
おじいちゃんの家の近所でこれ見つけた。
20180213192449715.jpeg
今は使われていないみたいだけど。

おじいちゃんは海外からのポストカードが届くのが大好きで、
親せきがいるドイツやフランスから届くカードをいつも見せてくれる。
そんなわけで、私は一時帰国中に日本からおじいちゃん宛てにカードを送っていたんだけど
なんせチェコ語で書いたから、届いていたカードをみたホンザにはめっちゃダメだしされたけど
おじいちゃんは大喜びしてくれていたみたいで、いつもいくホスポダ(居酒屋)にもっていって
飲み仲間に見せていたらしい。
私のへたくそなチェコ語がホスポダの仲間たちに知れ渡ってしまった(笑)

・・・とそんな感じですが、
一時帰国からチェコに戻ってきて1週間くらい経過したわけで、
日本のネタもちょいちょい書いてきましたが、
今日はお土産のことを書こうと思います。

日本に行く際にもっていったお土産をちょっと書いてみます。

・チェコビール
201802132017592fa.jpeg

これはやっぱり喜ばれる品でした。
ビールの消費量が世界一ともいわれるチェコは、ビールがとにかく安い。
日本でもおなじみのピルスナーやブドヴァルなどはチェコのビールの中では少し高めだけど
日本で買うより相当安い。
私は日本で買えるチェコビールではなく、
チェコ人が結構普段飲んでいるKozelやBRANIKなどをメインに持って行った。
チェコはビールの種類も多いし、500m缶もあれば5リットル缶もある。
さすがに5リットル缶は持って帰れなかったけど(重いし)、
1.5リットルや2リットルのペットボトルのビールは、日本人にとっては新鮮かも。

・チェコのワイン
チェコはビールが有名ですが、実はワインも有名。
モラヴィア地方のワインはとってもおいしくて、わたしは大好き。
白ワインは特に飲みやすいし、甘口、辛口など好みのワインを選んで持って帰った。

・キャビア
チェコではキャビア(本物か?笑)がスーパーで安く買える。
日本で買うと相当高いが、チェコでは安く手に入る。
キャビアは冷蔵した方がいいが、私は空港に行くギリギリまで冷蔵庫で保管しておいた。
夏場は厳しいかもしれないけれど・・・
日本ではやはり話のネタになるし喜ばれた。

・チェコのはちみつ
チェコははちみつ農家が結構多い。
ターボルの旧市街にもはちみつ専門店があるけれど、
ちょっと郊外に行くと「Med」と書いてある看板を出している家が多くみられる。
Medとははちみつのこと。
わたしは水曜にターボルの広場で開催されるマーケットではちみつをよく買うのだけど
そのはちみつ屋のおじいちゃんから買ったはちみつを日本のお土産に。

・チェコのお酒 SLIVOVICE

20180213201834ae6.jpeg

プラムのお酒で、チェコだけではなくスロバキアやポーランドなどでも作られているお酒。
これがアルコール度が結構高い。
日本で酒好きな仲間たちとグビっと飲む時のために購入した。
スーパーで時々安売りしていてそういうときは半額とまではいかないけれど
100コルナ以上安かったりするから、広告をチェックしていた。

・コロナーダ(KOLONADA)
2018021401463197a.jpeg

お菓子です。チェコのお土産に選ぶお菓子と言ったら、私的にはこれ!っていうくらい好きなお菓子。
ゴーフルのお菓子で、チョコレート味やバニラやヘーゼルナッツの味とかある。
私はチョコレート味しか買わないんだけど(笑)、サイズも様々で
ちょっとしたいい感じのお土産にしたければ箱、手軽に配りたいなら写真のような
袋入りの小さなサイズもある。
薄べったいものや、何枚に重なって1つになったものとかいろいろある。

・クルテクのグッズ
201802132017579b0.jpeg
チェコアニメのもぐらのクルテク。
最近日本でもめっちゃ人気なようです。
日本でいうと、ドラえもんやハローキテイ的なポジションか?(違ったらすみません)
小さな子供がいる友達とかにクルテクのグッズをもって帰りました。
ぬりえ、紅茶、ラムネ、お菓子、人形、本、などなどクルテクのグッズはチェコでは
たくさんあふれているので、いいお土産になります。

・・・と、まあこんな感じのものを選びました。
あとは、酒のつまみにもぴったりなひまわりの種とか、
チョコレートやいろいろなお菓子、料理本やらいろいろと選んだけれど、上記のものがメインでした。
チェコはビールやワインがおいしいし、安く手に入るからおみやげにもぴったり。
ただ、重いし瓶の場合は割れないように注意が必要だし、缶でも爆発しないように注意が必要ですが。

チェコは何が有名?ってよく聞かれることがありますが、いろいろあるのだ。
お土産探しも楽しい国です。
アンテイークものなんかも、探し回れば面白いものが見つかるだろうし。
ミュシャのファンはミュシャグッズも探しもいいかもしれない。

私が選んだお土産は基本的にほとんどスーパーで買ったものばかりですが、
海外のスーパーって面白いしおすすめです。
SLIVOVICEやビール、ワイン、コロナーダなど、空港の免税店でも売ってるけど
相当高いので、スーパーがおすすめ。
ちなみにプラハの空港にはチェックインする前だけど、スーパーのBILLAがあるから
そこで最後に買い忘れたものを買ってみるのもよいかと思います。

・・・というわけで、次回はチェコへのお土産のお話を書こうかな。

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

富士山世界遺産センターに行った日。

2018.02.12 13:02|日本
ただいまチェコは昼の12時半。
現在のターボルは2度。
昨日は比較的天気もよかったけれど、今日はどんより。
でも雪降っていないのと、そこまで寒くない。

本日も一時帰国中の思い出のお話ですが、
わたくしの地元は、静岡県の富士市。

富士山がばっちり見える場所なんです。

最近チェコでどこかに行った時には、遠くからターボルの広場にある背が高い教会が見えてくると
帰ってきた~って思うことが多くなったけど、
日本にいる時には富士山を見ると、帰ってきた~って思うわけです。

日本に帰る前に、義母に

Shigeru Banaのところは行く?
と聞かれた。

シゲル花ってなんだ?
どんな花だ???

と思ったんだけど、話をしていくうちにわかった。

坂 茂さんのことだった(笑)


最初Shigeru banaの意味がわからなかったので義母に、Shigeru bana? って聞き返したら、

Shigeru baň だったかな?
って言ってた。
チェコ語って・・・・(笑)


富士市のとなりの富士宮市に、静岡県富士山世界遺産センターができたのは12月。
その富士山世界遺産センターは坂茂氏が手掛けたものなのだ。

・静岡県富士山世界遺産センター
https://mtfuji-whc.jp/

チェコのテレビで、富士山世界遺産センターが放送されたらしく
ホンザの母は、すっごく興味津々だったのだ。

そんなわけですが、その富士山世界遺産センターに足を延ばしてみたよ。
最初に行ったのはなんと夜(笑)

特にここを目指したわけではなかったけど、ちょうど近くにいたので立ち寄ったのだった。
誰もいない・・・

20180209000416b95.jpeg

ライトアップされていてなかなかいい感じ。
水に映る富士山がまたきれい。

2018020900041566e.jpeg

そして、別の日にリベンジを兼ねて、母と妹と行ってみた。
この日は週末ということもあり、結構観光客が多かった。

20180209000417554.jpeg

20180209000419a01.jpeg

内部は、疑似富士登山を楽しめる感じで、ぐるぐるまわりながら歩いていく。
富士山に関する歴史や資料が
入場料が300円くらいだったかな?必要だったけど、高すぎず安すぎず妥当な金額だと思う。

館内を上まで登ると富士山がどーん!!

201802090004229a3.jpeg

実家からほど近い場所に、なかなかいい観光スポットができたものです。
チェコのテレビでも放送されるくらい、注目されている建築家さんなんでしょう。
この日は義父にWhatsAppで写真を送った(義母はスマホではないので)んだけど、
チェコに戻ってきてからも、義母に写真を見せたら興奮しておりました。

そしてやっぱり富士山はいい!
しみじみそう感じました。

静岡県富士山世界遺産センターは、富士宮駅からも徒歩で行ける距離。
ただ駐車場がないので、富士宮の浅間神社に停めるのが一般的かな。
富士宮の浅間神社は「富士山本宮浅間大社」という名前で富士山信仰。
日本全国の浅間神社の総本宮です。
結構好きで、日本にいたころは時々行ってました。

・富士山本宮浅間大社
www.fuji-hongu.or.jp/sengen/index.html

そして、B級グルメの富士宮やきそばの本拠地でもあります。
わたし、生まれも育ちも富士市だけど、富士宮やきそばで育ちました。
なので、富士宮やきそばが大好き。
子供のころ、子供向けに100円とか150円でやきそばやお好み焼きを出している
お店が近所にあったので、ときどき土曜日に食べに行っていた記憶がある。
それも富士宮焼きそばだった。
普通とは麺が違うのだよ。
富士宮に行く際にはおすすめです。

さて、これからホンザのおじいちゃんのところに行くので今日はこのあたりで終わり。

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




急遽、身延山へのショートトリップをした日のこと。

2018.02.09 12:25|日本

現在チェコは昼の12時を過ぎたところ。
ただいまターボルはマイナス1度。
雪はがっつり残っているけれど、久々の青空で天気もいい!!

最近、私もホンザもオタクのように夜はもくもくと作業をしています。
私は日本から持ってきたカレンダーの塗り絵と、糸掛け曼荼羅に没頭し、
ホンザは、紙で作るプラモデルに没頭しています。
お互い、無言でひたすら自分の趣味に没頭している。
この集中力がチェコ語に生かされるといいんだけど、全くもってダメ(笑)

そうそう、私の塗り絵カレンダー、先日ようやく1月を塗り終えた。
これ100均で買ったカレンダーと色鉛筆。

20180209200702800.jpeg

完成図。
サイケデリックに出来上がりました。
かわいいし、かなり自己満足(笑)
100均すごい・・・
20180209200705f92.jpeg

2月も塗り始めてます。

話は変わり、今日は身延山に行った日のことを。
一時帰国中に、何度か会った私の人生の先輩でもある友人ちーちゃん。
そして、その日はもう一人の先輩友人ひろこねえさんも一緒だった。
ひろこねえさんは、数年前に脳梗塞で倒れたことがある。

病院でベッドで横たわる意識がない彼女を見たときには涙があふれたものだ。
もし意識を取り戻したとしても、正直何かしらの障害が残るだろう。
そう思っていた。
でも、その後驚異的な回復力(本人もリハビリをがんばった)で、彼女は復活したのである。
しかも、この日はひろこねえさんの運転で、ちーちゃんと私はおでかけをしたのである。

私自身、彼女が車を運転する姿を見たのは倒れる前以来のことだったし
元気になった姿を見ることができて、本当にうれしかった。
しかも、どこに行きたい?と聞かれ、行きたい場所も特になかったので
どこでもいいと答えたら、

急遽、山梨の身延山に行くことになった(笑)
しかも午後2時くらいに出発っていう(笑)

そして身延山に到着したのは午後4時少し前。
ロープウエイが4時くらいには最終ということで、ロープウエイ乗り場までダッシュした(笑)

ロープウエイはどんどん上にあがっていって、富士山も遠くに見えた。
めっちゃきれい!!

201802090004121eb.jpeg

上の方は雪が結構あった。
まさか、身延山に来るとは思ってなかったからそこまで厚着してなかったぜ(苦笑)
寒い~!!

20180209000410464.jpeg

20180209000411b1c.jpeg

そして、帰りも下り最終のロープウエイで下った。
私、身延山は実は初めてだった。
もっと時間があったらゆっくり見たかったな。
また、今度行ってみたい。

ロープウエイをくだった場所は雪もまったくなくて、まるで別世界。
20180209000414e15.jpeg

この日は、ひろこねえさんが全コース車の運転をしてくれた。
元気になった姿を見ることができて、本当にうれしかった。
彼女の努力も半端なものではなかったことが想像できる。
そして彼女が入院しているときに、毎日欠かさず病院に足を運んでいたちーちゃんもホントすごい。
二人のかたい絆みたいなものを感じた。

以前チェコのサランラップが使いづらいことを話したら
チェコにサランラップを大量に送ってくれたりしたちーちゃん。
いつもあったかいハートで面倒を見てくれる先輩方に囲まれてわたしは幸せだと思う。
そして、ひろこねえさんの復活をまざまざと目にしたこの日は、
「生」というものを強く意識させてもらえた日でもある。
人って弱くもあるけれど、強くもある。

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

日帰り温泉だと思ったら貸し切り露天風呂に宿泊だった日

2018.02.08 15:30|日本

現在チェコはお昼を過ぎた3時半。
ただいまターボルはマイナス1度。
昨日から結構雪が降っていて、積もっております。

201802082319314a8.jpeg

2018020823192881f.jpeg

今日、午前中は久々にさやかちゃんとカフェへ。
さやかちゃんのベイビーのフィリ様(フィリップ)に会うのも久しぶり。
最後に会ったのは一時帰国の前だったけれど、少し大きくなってきていて
ズデさん(さやかちゃんの旦那様)にそっくりになってきた!かわゆい。
そんな彼女と一時帰国のことや色々と話しをしていたら、
近所に住んでいるひでおさんも偶然そのカフェにやってきたので
久々にいつものこのメンバーでいろいろと話をしてきました。
楽しかったし、落ち着く~(笑)
また近々会おうね!来週あたりどう??(笑)

さて、話は変わりまして今日も一時帰国中のお話を。

わたくし、地元は静岡の東部・富士ですが静岡の西部の島田に縁がありまして。
島田駅の近くにある美容院FAMBILLYとは、これまたとてもよく遊んでおりまして。
イベントをよく主催しているので、よく遊びに行ったり手伝ったり、
私も写真展を開催させてもらったり、ヘナのイベントを開催させてもらったり。
そして、一緒にカンボジアや沖縄に行くくらい仲良くさせてもらっている仲間たちです。

FAMBILLY
・公式web https://www.fambilly.net/

そんなFAMBILLYには電車で向かった。
島田駅に到着したら、こんなん書いてあったよ。

20180207001932c8e.jpeg

地球上でもっとも緑茶を愛する街


まじかっ!!!
すごいキャッチフレーズに思わず撮影。

確かに島田付近は緑茶が有名。
島田のほかの友人も仕事でお茶やってるし、島田のお茶が最高なのは知っている。
しかしながら、地球レベルだったとは知らなかったわ!(笑)

そして、FAMBILLYについたらもっとびっくりした。
温泉に行くとは聞かされていたが、日帰りだと思っていた。

コテージに泊まるよ!
とその時に初めて聞かされた(笑)

島田から1時間くらい?の場所にあるコテージに連れていかれた。
2018020700193739c.jpeg

しかも、部屋の外に貸し切りの露天風呂があるではないか!!

20180207001934790.jpeg

今回の一時帰国で温泉に行きたかったけど、行けそうもないな~と思っていただけに、
わたし、テンションが上がりまくった。

しかもなんと、ご招待!!!


誰が帰ってきたと思ってるんだよっ!!(笑)
と、何度も言ってくれる友人ゆうきくん(笑)

わたしなんかのために、島田の友人たちが貸し切り露天風呂付コテージで
パーティを開いてくれたわけでございます。
持つべきものは、まさに友達でございます。
お世話になります!ほんとに。
ありがたいです。うれしくて涙出そうになったよ。

FAMBILLYの二人。
20180207001937d07.jpeg


FAMBILLYの二人と一緒にコテージに到着したわけだけど、
いつもの他の仲間たちも後に集合。

2018020700193857c.jpeg
(いつ寝てもいいようにすでに布団敷いてる人が・笑)

キッチンもついていて、いろいろと買い出しもしてくれていて
本当にサプライズの連発。
20180207001938f55.jpeg

寿司や餃子や肉やら続々と食べ物が出てくる出てくる。
お酒もこの量を飲むんかいっ!ってくらい出てくる出てくる(笑)
私もチェコのビールKozelのペットボトルやらを持って帰っていたので、みんなで飲んだ。
チェコビール、ペットボトルが持ち運び便利なので・・・(笑)

20180207001952ad2.jpeg

最高の仲間たちと、最高の時間を過ごせました。
みんな、ありがとう。

貸し切り風呂なので、夜も朝も入って、お肌つるつる。
ホンザもつれてきたかったな~。


そして、翌日はメンバーの一人が旦那様とやっている喫茶店へ。
これまた私がチェコに引っ越してきてからOPENしたお店。
もともと彼女の料理はとってもおいしくて大好きだったのもあるし、
なんせ彼女は私がチェコに引っ越してきてから結婚し旦那様と店をOPENさせていたこともあり、
絶対行きたい場所だったのだ。

喫茶の坩堝
・webはこれかな?http://picbear.com/cheese.omelet.piraf
「カフェ」ではなく、あえて「喫茶」というのも彼女たちらしいなと思う。

20180207001943798.jpeg

2018020700194756b.jpeg

とろっとろでめっちゃおいしかった!!!!
20180207001946311.jpeg

数時間、長居してしまいました・・・(笑)
20180207001950af0.jpeg

お店の雰囲気もとっても良かったよ。
201802070019428af.jpeg

・・・という感じで、温泉、喫茶を楽しめた。
最高の時間を過ごせたというのは言うまでもない。
おまけに世界でもっとも緑茶を愛する街である島田ですが、
そんな島田でお茶を作っている友人からたっぷりお茶をいただいた。

ゆうきくん、さやちゃん、えびくん、ともくん、りーちゃん、そーた、ひな、みわのちゃん、
本当にありがとう。
あなたたち、最高です。
あいしてるぜー!!


・・・と愛を語ったところで、本日もぽちっとお願いします。
(まだ一時帰国の話はつづきます)

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村