FC2ブログ
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

納豆、作り始めました

2018.05.30 08:37|食べ物や飲み物
ただいまチェコは午前9時。
現在ターボルは21度。

今日は納豆を作り始めたお話を。

海外在住者でよく納豆作っている人がいるのは聞いたことがあって
私もいつか試そうと思っていたけれどズルズルと作らないままきましたが、
先日、ようやく作ってみました。

先日、日本人の友人さやかちゃんが、お店に納豆2つありますよ!よかったらぜひ!
というありがたい連絡をくれて、その店は近所なので久々に納豆を買いにいった。

(納豆はこの店でオーダーすれば取り寄せてくれるが、よほどのことがなければ
普段は店頭に納豆は並んでいない。というのも買うのは、さやかちゃんと私、
そしてひでおさんは買うのかな?って感じだと思うのだ。なので以前私がオーダーした時に
必ず買いに来てください!買う人がいないから残ってしまうので。と言われたことがある)


20180530155416e6a.jpeg

そして、日本に発酵好きな友人がいて納豆あるなら納豆菌とって作れるよ
と前から言われていたこともあり作ってみることにした。

納豆が売っているBIOショップで大豆も購入。

20180530160841ca2.jpeg

ただ、温度が38度以上ないと作れないそうなので、そこが苦戦。
ヨーグルトメーカーもないし・・・
ヨーグルトメーカー、チェコにあるのか??
今まで意識したことないから知らないのである。

買ってきた納豆から納豆菌を取り出す。

タッパーの周りにホッカイロを使って、それを保温の袋に入れて温度を保つやり方と
水筒にお湯を入れて温度を保つやり方の2パターンを作ることにした。
24時間くらい発酵させなければならないようなので、ホッカイロは途中で交換し、
水筒はお湯を何度か交換。
水筒っていっても、そのまま納豆入れてるわけじゃないですからね(笑)

そして24時間後。

おーっ!!白くなってる!!!

20180530155408422.jpeg

納豆は表面に白い膜ができるのがポイントらしいです。
水筒バージョンも白くなってる!!!

20180530155408f62.jpeg

味見したら納豆! 匂いも納豆!

しかしながらここで終わりではない。
ここから冷蔵庫に入れて1日以上熟成させるのだそうで。
そんなわけで冷蔵庫に入れて数日たちました。

そしてネギ刻んで納豆を食す!

2018053016061570c.jpeg

だいぶ色が薄いし粘りが足りないけれど、味と匂いは納豆なんです。
すごくおいしい!!!!!ってほどではなかったから、まだまだ修行が必要だけど、
でも、まあまあ普通に納豆でした。
水分が入りすぎちゃって発酵が足りなかったんだと思う。
次回は、もう少し粘りがほしい!!(かきまわして食べるの嫌いなくせに・笑)

でも、納豆が作れるようになったらうれしいよね。

そんなんですが、日本語レッスンで納豆を作った話をしたらリドカに
ヨーグルトメーカーがいいんじゃない?と言われた。
チェコにもあるの?と聞いたら あるよあるよ!と回答。
今度、ヨーグルトメーカーをチェックしてみようと思います。

それにしてもリドカに話したら、すぐにヨーグルトメーカーとか思い浮かぶのがすごいなと思った。
彼女は本当に食に関してくわしくて、パンとかそういうものにも詳しいし、
全粒粉のことだと思うが、自分で挽いているそうな。
そして納豆も好きだそうで、納豆の作り方を聞いてきたので軽く説明しておいた。
彼女の場合、私よりおいしい納豆が作るんじゃないか?とさえ思う。

そんなリドカと子供たちの日本語レッスンの模様。
20180530155411e03.jpeg

テーブル、この倍以上の長さあるのに、なぜか固まっている3人(笑
そして日本語とチェコ語の教材。

この日はランチまでごちそうになってきちゃいました。
スープの写真は撮り忘れたけど、定番のじゃがいもの料理。

201805301554157bf.jpeg

じゃがいも、ハム、ゆでたまご、チーズをオーブンで焼いた料理で
簡単だから私も時々作るんだけど、ここの家庭のはガーリックが入っていた。
私はガーリックはいつも入れてないんだけど、
すったガーリックが入っているだけで一味違ってとてもおいしかった。

・・・というわけでその日の夜、さっそくホンザにこれを作って出してあげたらやはり好評だった。
簡単だし、リピートしそうだ。


【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

チェコはサボテン展示会シーズン到来です

2018.05.28 13:05|チェコの多肉植物
現在チェコは昼の12時半を過ぎたところ。
ただいまのターボル26度。
今日は暑い!

今日はサボテン展示会のお話を。
日本はもうじき梅雨入りしちゃうし、サボテンや多肉はもっと早い時期に活発だったと思うけど
チェコはようやく多肉やサボテンシーズン到来。

チェコの至る所でサボテンの展示会が始まっている。
チェコ中のいろんな町で開催されるサボテン展示会をチェックしている私(笑)
サボテン展示会で少しだけ多肉も売られているからです。

そんなわけですが、ターボルも金曜から本日の月曜まで開催中。

2018052819374692c.jpeg

今月初めくらいに義母からももうじきサボテン展示会があるわよ と教えてもらい
日本人さやかちゃんからもご存知かもですが!と、連絡がきた。
みんな私のオタクっぷりを知っていて連絡くれて、ありがたい(笑)

そんなわけで初日の金曜行ってきましたよ。
場所はターボルの旧市街の裏(湖側)にある植物園。
昨年も開催されていたし、植物園内は無料なので(展示品以外は)時々立ち寄ることがある。

サボテン展示会に行ったら、見覚えのある顔が。

いつものサボテン屋のじいちゃんだ(笑)

毎週水曜にターボルの旧市街広場で開催されるマーケットで
サボテンを売っているおじいちゃんが販売していました(笑)
私はこのじいちゃんからよく多肉を買うので顔見知りなのである。
他にいるスタッフも、みんなじいちゃんたちばかりである。

私は多肉がお目当てだけど、サボテンもかわいいなあ。
ちなみに30って書いてあるのは日本円で150円くらい。
チェコの物価感覚だと300円くらい。

20180528193749f7b.jpeg

20180528193752a8a.jpeg

サボテン屋のじいちゃんに、展示会のサボテンすばらしいよ!とすすめられたので
展示会の方(こちらは入場料15コルナ)に行ってみる。
というか簡易ビニールハウスで作られた展示会場なのだが。

20180528193754125.jpeg

2018052819375626a.jpeg

20180528193757afa.jpeg
かわいいなあ。
サボテンは種類がかなりあるのを知っている。
多肉だけでもオタクなほどだいぶ増やしてしまっているのに、
手をだしてしまったら、ハマリ性なわたしは

サボテンにまで手を染めてしまったら戻れなくなる!!!

と思いながらも買っちゃうよね、てへ(笑)

201805282057469fe.jpeg

買ったのはアガベと多肉とサボテン2つ。
そしてアガベのサイズ、結構大きいのですよ。
下の写真を見るとわかるでしょう、このくらいのサイズです。
ちなみに日本円で200円。チェコでは40コルナ

20180528205745858.jpeg

激安なのです。本当に。

チェコの花屋やホームセンターでこのサイズが売られているのは見たことがあるけれど
とてもこんな格安な値段では買えないし、チェコでもこれの何倍もする値段で売られているから
このじいちゃんたちは本当に儲けとか考えずに趣味でやっているレベルなんだと思う。

そしてその日の夜、ホンザに見せたらホンザもサボテン展示会に行きたがり、

私は2日連続でサボテン展示会へ(笑)


ホンザがサボテン屋のじいちゃんに会うのは初めて。
サボテン屋のじいちゃんとホンザは相変わらずとても初対面とは思えないくらいの
私が口を挟むすきがないレベルで会話していた(笑)
ホンザが勝手に うちの嫁がサボテン倶楽部にいきたいみたいなんだけど参加できますか?
・・・って勝手に聞き始めた(笑)

おいっ、言ってもいないこと、勝手に聞くなよっ(爆笑)

そんなんですが、じいちゃんはサボテン倶楽部の開催場所やらいろいろ教えてくれた(笑)
しかも遠征があるらしく、遠征についてはホンザが行ったことがない都市だったりすることもあって
なんだかホンザがノリノリになって行きたそうだった(笑)

そんなわけですが、ホンザがその日はサボテンを買ってくれた。
今回の展示会でゲットしたサボテンはこちら。

20180528205746fdb.jpeg


かわいいではないか。花がかわいいし、白いふわふわなのとかかわいい。
あと星型のサボテンは前から欲しかったのでうれしい。

下の2枚は初日に撮影したものだけど、2日目に行ったらほとんど売り切れていた。
私がアガベを選んだのは初日の午前中だったからまだいくつかあって
一番元気そうなやつを選んだんだけど、すでに他のアガベもなくなっていた。

2018052819374890a.jpeg

初日の夜に、 明日行ってもしディッキア(下の左の強そうな植物)があったら買おう!
決めていたのにすでに売り切れていたので、今回は縁がなかったのだろう。
20180528193748a1f.jpeg


・・・と、サボテンや多肉好きにはうれしい季節到来です。
植物が元気なシーズンでうれしいです。
私の癒したちです。


【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



日本語レッスンはじめました

2018.05.26 10:40|ターボル
ただいまチェコは午前の10:30を過ぎたところ。
現在ターボルは19度。
ホンザはDiscgolfの練習に出かけて行った。
明日はプラハより北にいった町で大会があるらしい。
毎週よくやるなあと感心するわ(笑)

今日のブログは日本語のこと。
最近、日本語を教え始めました。
教えるというと、ちょっと偉そうというか堅苦しい感じだけど、
堅苦しさは全くなくて、庭でご飯食べたりしながら
外でピクニック感覚で会話しながらレッスンしているような感じ。

教えている生徒は、友人になったばかりのリドカと、
彼女の子供のクリストファーと時々アナスタシア。
彼女は5人子供がいて、残りの3人はまだ小さいんだけど(一人はまだ乳飲み子)
小さな子供たちは裸足でいつも遊んでいて、すごくそういうのがいいなと思う私。

レッスンというと大げさだけど、これは日本語でなんて言うの?
とか、質問に私が答えたり、挨拶とか、簡単なことを今は教えている感じなんだけど、
英語とチェコ語で聞かれるので、私自身も知らなかったチェコ語の(もともと知らないチェコ語が多いのだが)
勉強にもなるし、これはいい!と思っている。


そのあたりに生えている草やハーブにもとても詳しくて、
いつも目の前で摘んだ葉っぱとか花でお茶を作ってくれる。
ハーブの効能にも詳しいし、体にいい食べ物などにとても詳しい。
私はそういう生活にあこがれていて、だからアロマテラピーを勉強した。
できれば市販薬を飲まずに、ハーブなどで体調管理をしたい。
私は化粧水やハンドクリームは全部アロマで自分で作っている。
チェコはミツロウも手に入りやすいし、ハーブ天国だし、その点についてはとても素晴らしいと思う。
さすが、魔女狩りがあったヨーロッパだなと思う。
ハーブの知識に詳しい人がハーブを使い病人を助けたりしていたけれど
結局そういう人は魔女と言われてしまっていたのだな。
と思うととても腑に落ちるのです。

先日のレッスンの時は、パンにつけるデイップみたいなペーストがおいしくて
人参とか玉ねぎを使って作ったペーストというので、作り方を教わったり。
(写真の左の鍋に入っているのがペースト)
20180524022306f5d.jpeg

・・・と、日本語のレッスンで私が日本語を教える代わりに、
彼女たちからは生きる知恵みたいなものを与えてもらっている。

彼女たちと知り合ったのは今月に入ってからなんだけど、
初めて会った時からなんというか、私の心にスポって入ってくるような人たちだった。
初めて会った時から、気兼ねなく話せるような相手になりそうな予感がしていた。

その予感はやはり的中していて、彼女たちといるととても心地いいのだ。
前回は彼女の友達のアンナも来たんだけど、アンナもこれまた面白い女性で楽しかった。

今のところ、毎週やっているんだけどこれからも続くといいな。

話は変わって、いつもと違う角度から見るターボルを。
20180524022305f9a.jpeg


あと、最近のマイブームがカスタードクリーム。
私は生クリームよりも、カスタードクリーム派なのだけど、チェコで日本みたいな
カスタードクリームに出会ったことがない。
そんなわけで、作り始めたら意外に簡単なせいかリピートしている。
今回は、冷蔵庫に入れておいてすっかり忘れていたブルーベリーを消費。

20180526000732164.jpeg

買わなくても森に行けばあるのに・・・とホンザに言われたけど、
じゃあ、森から採ってきてと返したら黙り込んでたよ(笑)

チェコ人はキノコ狩りとか、ブルーベリー狩りとかみんな結構好きなのに、
ホンザはその類が好きではないらしい。


【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


廃墟感漂うチェコの城・Zřícenina hradu Dobronice

2018.05.23 13:08|ターボル
ただいまチェコは昼の1時半になるところ。
現在のターボルは23度。

先日、ドライブがてらにZřícenina hradu Dobroniceに行ってきた。
私が偶然 google map を見ていて見つけた城である。
私は、小ぎれいな城よりも軍事の為に作られた城や、廃墟な雰囲気を残すような城の方が好きみたい。
それはきっと冒険をするような気持ちになるからだと思う。

Zřícenina hradu Dobroniceは、まさにそんな感じの廃墟感たっぷりの城だったので
何もないのはわかっていたけれど、遠くないしドライブに行ってきた。

ターボルからまあまあ近くて距離にしたら20km程度。
しかしながら、すごい道のりだった・・・

20180523015807ae0.jpeg

チェコの田舎の道はある程度舗装されている道も多いけれど、
森の中にあるような道は、車一台しか通れないような道も多く、
もちろん街頭もないし、いつ動物が飛び出してくるかわからないし、
ここで車壊れたりガス欠したらアウト!って思うような道なのだ。
見通しも悪いし。
日本では毎日車を運転し、静岡から福島県くらいまでの距離を運転するのも平気な私だが、
こういう見通しが悪くて、細い森の中の道は苦手。
というか、チェコはこの道、地図に載ってるの???っていうような道が多いのだ。

ロシアかウクライナの道と彼は言う。
というのも、ロシアとかウクライナはこういう道が多いようで(もちろんそうでない部分もあると思うが)
こういう道を通る時に言う皮肉のようなジョークのようなそんな感じらしい。
とは言え、ホンザはそういう道が好きなのだが。

そして目の前に目的地が見えてきた。
あの円筒がお城!
201805230147100b2.jpeg

近づいてみるとこんな感じ!!
20180523014709b7a.jpeg

なかなかいいではないか!!!
廃れた感じが好み。

ちなみに川向こうにある城に行くには橋を渡るのだが、その橋がまた恐怖だった。
木で出来ている橋。
車が通るとまるで雷が鳴っているかのような爆音が響き渡る。
木と木の隙間に落ちたら・・・とか、いろいろ考えると本当にドキドキするし、
さらに、この木が折れたらどうする???とか私は考えるわけだが、
ホンザは全く気にしないのだ。
(この橋の写真は撮り忘れたが、のちに同じような写真をアップするのでそちらを参照してください)

というわけでお城にたどり着くというところで、すでに3時を過ぎていて
お昼を食べていなかった私たちは城の下にあるホスポダ(居酒屋)で軽くランチ。
私はビールも飲んだ。

その後、草がボーボーの細い道を歩いて城に向かったが
入場料と書かれているわりには誰もいなかった。。。
2018052301471287c.jpeg

城の内部に入れそうな場所があったのだけど、鍵がかけられていて入れず断念。
というか、ここ、入場料を払ってまで入る人はいるのだろうか?って疑問だが。

その後、城の敷地から外れて更に歩いて、城と同じ目線くらいの崖にたどりついた。
ホンザはこういうところ、本当に平気なんだよね。
クライミングしていたり、氷とか雪の山を登っていたから、怖いと感じないみたい。
20180523014715366.jpeg

でも、私は結構ヒヤヒヤ。
特に怖いわけではないのだけど、ビールを飲んでしまった後なのでほろ酔いだったのだ。
足を一歩踏み外したらドボーン。
だから立たずに座っている(笑)
20180523014715275.jpeg

・・・とこんなわけで、プチお城巡りをしたわけですが、帰りは違うルートで帰った。

ホンザはこの橋を通りたかったらしい。
ここの橋も木造。
上で書いた橋よりはしっかりしている感じがしたけど結構怖いよ。
車が走ると電車が線路を走るみたいな音がする。
2018052301471875b.jpeg

本当に、こういうところで調子にのってはしゃぐ人。
2018052301472050a.jpeg

川ではおじいちゃんが泳いでいたりして、まあ落ちても川が深ければ命は助かるかな。
でも水面にぶつかるときに痛いだろうな・・・とか無意識に考えてしまう私。
私は案外びびりだな~とその時に感じました。

近場でもまだまだ知らない村とか知らない場所がたくさんある。
次もまたgoogle mapで適当に地図見ながら、近場でもおもしろそうな場所を探してみようかなと思います。


【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

世界遺産ゼレナーホラの周辺観光

2018.05.22 13:10|チェコの世界遺産
ただいまチェコは昼の1時。
現在のターボルは22度。
午前中は少し出かけていたのですが、外は天気がよくて暑かった・・・

先日、ユネスコ世界遺産のゼレナー・ホラの話を書きましたが、今日はその続きを。
前回のお話→http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-324.html

このゼレナー・ホラがあるŽďár nad Sázavou にはゼレナー・ホラのネポムツキーの巡礼聖堂以外にも
見どころがいくつかあった。

【Barokní most】
2018052120343884c.jpeg
聖人の像がある橋。プラハのカレル橋を100倍くらい小さくした感じ。
100分の1という方が正しいのか。


【Dolní hřbitov】
2018052120290548a.jpeg

こちらも1700年代に建てられたようで、上からみると面白い形。
中には入れなかったし、かなり小規模だけど色といい形といい面白い。
20180521202906dc5.jpeg

鍵がかかっていて中に入れなかったから、柵から覗いてみた図。
中は花とか草がわしゃわしゃ。
20180521202800ab1.jpeg

【Bazilika Nanebevzetí Panny Marie 聖母マリア教会】 
201805212044314ba.jpeg


中には入れなかったけど、内装がゴージャス。
こちらはゼレナーホラのネポムツキーの聖堂を建築したヤン・ブラジェイ・サンテイーニさん作らしい。
20180521202800962.jpeg

あとは、お城や時計塔などもあったよ。
20180521202914a83.jpeg
お城にはインフォメーションセンターやミュージアムがあって、
インフォメーションセンターでは地図もくれたよ。

そしてホンザが出場していたDiscgolfの大会が開催されていた公園もとてもよかった。
公園とお城は1km弱ほどの距離で、ネポムツキーの聖堂から公園は1.4kmという距離。
ネポムツキーの聖堂が見えるし、雰囲気もいい感じの公園。
しかも湖のほとりでキャンプもできるみたい。
そしてトイレやシャワーなどもきれいだったし、ファストフードを出す店もあって
ビールも飲めるしクロバーサ(ソーセージ)とかハンバーガーとかある。
チェコの大き目な公園にはこういうお店が必ず付いていて、ターボルの公園にもよくあるから
公園でスポーツした後はビール!みたいな楽しみ方ができる。

20180521202805693.jpeg

ちょっと海っぽかった湖。
泳いでいる人もいたよ。
20180521142129324.jpeg

下の写真のこれ、公園にあったんだけど、こっち側はBohemiaで、裏にはモラビアって書かれていたので、
えええ、ここ州の境目?!って一瞬はしゃいだんだけど、よく考えたここはVysočina州。

201805212029134ae.jpeg
ホンザに笑われました・・・(だって知らないんだもの、しょーがないじゃん)
そんなややこしいこと、しないでほしいわ・・・(苦笑)


そしてこちらはDiscgolfコースの看板。
ちなみにコースの下にある左の写真、上空から見たネポムツキー巡礼聖堂です。
201805212029083f9.jpeg

そして肝心なDiscgolfですが、ホンザさん、マスターカテゴリーで2位でした!

20180521202807dbf.jpeg
おめでとー。
また銀メダルをもらいました。
他の色が欲しいよね、次回は。

ホンザが試合後に せっかくだからネポムツキーのところ行きたいと言い始め、
せっかくなので、立ち寄りました。
多分、私が興奮して話したからだと思うが。

私は、まさか同日に2回も行くとは思わなかったけどね(笑)

ホンザとマリアンの後ろ姿。
ちなみに現在、建物は一部修復中です。
201805211420559ca.jpeg

内部は入場料がかかるので入らなかったけれど、外観を見て満足した様子の2人。

ちなみに車の場合は、正門ではなく裏口みたいな方に車が停められます。
駐車場無料。
20180521142056a3c.jpeg

20180521142058401.jpeg

Žďár nad Sázavouの世界遺産ゼレナーホラはそんなに時間を要して見学するような
世界遺産ではないけれど、周りの建物や景色も併せて散策したら
きっと素敵な一日になると思います。
た・だ・し!!!
冬はおそらく閑散としていて雪景色は楽しめるけれど、
開館もしていなそうだし、周りの店とかもほとんど閉まると予想される。
逆を言ったら雪景色以外は楽しめないと思います・・・
というわけで、冬は全く面白くないと思うので行くなら今の時期から10月くらいまでが
いいのでは?と私は勝手に思っております。
緑の山を意味するゼレナーホラなので、行くのなら緑が美しい季節がいいと思います。

・・・ってすっかりゼレナーホラが気に入ってしまったわたくしでございます。



【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ユネスコ世界遺産「ゼレナーホラ」

2018.05.21 09:20|チェコの世界遺産
ただいまチェコは朝9時半。
現在のターボルは17度。
朝からコゼル(やぎ)のミルクをもらってウキウキな私です。

今日はユネスコ世界遺産のゼレナーホラに行った日のお話を。

5/19の土曜日、Discgolfの大会が Žďár nad Sázavouで開催された。
ホンザの友人も試合に行くというので、朝6時に家を出発し、
Discgolfターボルの仲間のマリアンを途中で拾ってからŽďár nad Sázavouに向かった。

今回、私が同行したのには理由がある。
Žďár nad Sázavouは、ユネスコ世界遺産の「ゼレナー・ホラ」があるのだ。
ホンザたちが試合に出ている間、私は世界遺産に行こうというわけです。

ターボルからŽďár nad Sázavouは車で2時間くらいで到着。
青丸がターボルで赤丸がゼレナー・ホラ。
20180521164348430.jpeg

試合会場にたどり着く途中、ゼレナー・ホラを通り越した。
試合会場からゼレナー・ホラまでは1.4kmだったこともあり、
丘の上の高い場所にあるゼレナー・ホラが会場からも見えたので一人でも迷うこともない。
試合が始まってから私は一人で徒歩でゼレナー・ホラへ向かった。

201805211421320bd.jpeg

ゼレナー・ホラとは
チェコ語で緑を意味するゼレナー。そしてホラは山。緑の山という意味なのだ。
Vysočina州に位置する巡礼地で、5つの小礼拝堂に囲まれ、
聖人ネポムツキー巡礼聖堂がある。

ネポムツキーはプラハのカレル橋やチェコの川にかかる橋の多くにいる
頭に星をつけた聖人なのですが、ボヘミア王が王妃の懺悔内容を知りたくて
ネポムツキーを問い詰めたけれど、ネポムツキーは秘密を守り拷問されても口を割ることはなかった。
そのため、カレル橋からブルタヴァ川(モルダウ)に投げ込まれ殺されてしまうわけだけど、
その際、上空に5つの星が現れたと言われている。

彼の死後から300年以上も経った1719年にプラハの聖ヴィート大聖堂の墓を開けた時に
遺体は白骨化していたのに舌だけは残っていた。
ということから、ネポムツキーは聖人になった。
ネポムツキーを記念するためにヤン・ブラジェイ・サンテイーニによって建築され1738に完成。
ネポムツキーがこの町の近くで育ったからここに出来たらしい。

https://www.zelena-hora.cz/

ちなみに噂のネポムツキーさんはこのお方。
よく見るネポムツキーさんは石像だったり、金ぴかだったりするので
このような色がついてるネポムツキーさんは、たまにしか見かけないような気がする。
チェコで頭に星が5つある像を見かけたら、それはネポムツキーさんです。
20180521145816eca.jpeg


さてさて、小高い丘を登り、少し息切れしながらも無事に到着しましたよー!!
2018052114205257c.jpeg

登ってきた後ろを振り返るとこんな景色が!
いいところ~!!
201805211420519f1.jpeg

今日は写真盛沢山でお届けします!

聖堂の外観。こちら上から見ると五角形という面白い形です。
201805211421452e9.jpeg

至る所に星、ほし、星でございます。
20180521142148a00.jpeg

ステンドグラスもゴテゴテしてなくてシンプルでイイ!
20180521142144e35.jpeg

中に入ってみたら、ミニコンサートが行われるらしくリハーサルが行われていて内部は少し賑やかだった。
でも、ゴスペルみたいな感じでもなく、ロックなコンサートみたいな感じで、
バイカーのイカツイおっちゃんたちが大勢外で待っていた(笑)

ちなみに入場料は110コルナで、英語のツアーはもっと高い模様。
ただ、その日は英語ができるガイドがいないそうで(世界遺産なのにテキトーだな、オイッ!笑)、
私は、それなら一人で見て回りたい!と言ったら、
日本語で書かれた説明文を貸してくれ、しかもチケット代をチケットに書かれた金額よりも割り引きしてくれた。
ラッキー。
チェコ語で館内ツアーを聞いても理解できないだろうし、それなら一人で見て回る方がよい。
日本語の説明文が読みたいと言えば貸してくれるので、今後行く方は日本語をリクエストしてね。

201805211421412a4.jpeg

シンプルな祭壇だけど、なんだかイイ!!
天球儀の上にいるのがネポムツキーさん。
20180521142143629.jpeg

注目してほしいのがこれ!

舌ベラがモチーフです。
 
ちなみにこれ、天井。
20180521142133a04.jpeg

20180521142046669.jpeg

2018052114204715e.jpeg

20180521142048ba7.jpeg

回廊で見つけた場所。
私、一人で訪れていたから、iphoneのセルフタイマーという名のお友達が撮影してくれました。
ホンザに後から写真見せたら「アラー?」っていわれた一枚。
2018052114213550c.jpeg

こちらは天井画がなんだかかわいらしく見えた一枚。
20180521142136b51.jpeg

ちなみにこちらがチケットですが、上から見るとこういう風な建物なのです。
実際に上から見てみたい建築物です。
2018052115284034e.jpeg

私、すっかりゼレナー・ホラに魅せられていた。
チェコの世界遺産はプラハとかチェスキークルムロフとか、テルチとか街自体が綺麗で
歴史もある場所が世界遺産になっているものも多くあるけれど、
ゼレナー・ホラは小さな町にあるところと、煌びやかとか豪華なイメージではないけれど
大切にされてきた感じで、個人的にはとっても好き。
形の面白さも好きだ。

車がないと、もしかしたらアクセス不便かもしれないけれど、
世界遺産が好きな方には結構おすすめ。
私、昔は世界遺産巡りが結構好きで色々訪れたりしていて
過去訪れた世界遺産では、自分の中でペルーのマチュピチュを超える世界遺産には
まだ出会っていないけれど、ゼレナー・ホラは違った視点で見てかなり気に入りました。

その後もウロウロしていて、いい撮影ポイント見つけたよ!
水面に映る姿。
静かな雰囲気なのもいいし、周りに自然がいっぱいな世界遺産っていうのもいい!
・・・と一人で大興奮していた私です。
20180521142053674.jpeg

ゼレナー・ホラへのアクセス
車で行ったので、詳細はちょっとわかりませんが、
ゼレナーホラの近くにはお城や聖母マリア教会など、ほかの見どころもいくつかありました。
Žďár nad Sázavou駅からバスが出ている模様。
Zámekってバス停がお城の前にあって、Sychrovaってバス停もすぐ近くにあったので
そのどちらかで降りればいいと思うけど、1時間に1本とかの本数しかなさそうなので注意。


日本から訪れたらとんでもない田舎だけど、チェコの田舎の割には
店とかカフェもあったので、チェコ人の感覚からいうとそこまでド田舎ではないかも。
Žďár nad Sázavou駅には行ってないから、街を通り過ぎただけだけど、
あれ?想像していたより意外に大きい町だ~と思いました。

そして、Discgolfの大会が終わったのちに、
ホンザがせっかくだからゼレナー・ホラに行ってみたい。と言い出し、
この日に2度もゼレナー・ホラに行きました。。。。(笑)

ほかにもこの辺りの観光をしたのですが、今日は長くなりすぎたので
次回つづきを書きます。


【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


馬車とか古い車がかわいい消防イベント

2018.05.18 06:30|ターボル
ただいまチェコは朝7時。
現在ターボルは11度。
ここ数日、天気が悪く雨がふったりやんだりですが、
今日は久々に晴れ間が出ている早朝。

土曜の昼間、一人でスーパーに買い物に行った帰りに家に向かって歩いていて
家まであと2分!っていうときに

ウーウーとサイレンが流れにぎやかになった。

事故か?事件か?

と思ったら、なんだか違う。

馬車がやってきた。

20180518140709c4d.jpeg

9月にターボルでは大きな歴史祭りが開催されるから、それの練習?とか思ったけど、
服装が違うし、やっぱりどうやら違う。

消防イベントだ~!!

20180518140707cd0.jpeg

古いタイプの消防車?が何台か通り過ぎていく。
普段、この道は途中から車は進入禁止になっているのだけど
特別車だから、どんどん進入していく。

馬車や消防車が向かう先は広場だというのはすぐにわかったので
私も広場まで追いかけていった。

馬車も消防車もみんな並んでいたよー。
20180518140709786.jpeg

20180518140713620.jpeg

20180518140713236.jpeg

20180518140714357.jpeg

TATRA!!
チェコスロバキア時代にできた自動車メーカーだったような…?(ホンザから以前聞いたけど記憶が曖昧)
昔のタイプだよね。かわいい!!
2018051814071566b.jpeg

現役で、はしごも上がりますよ~!!
20180518140716d49.jpeg

そして馬車。
20180518140718df3.jpeg

この後、放水とかあったみたいだけど、私は早めに退散しました。
消防イベントとかも、普段使われている消防車じゃなくて、こういう昔のスタイルでくると
車の車種とか特に興味ない私でも、興味深々になるわけです。
馬で来るとか、さすがです。




本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


クレイジーな人との付き合い方

2018.05.14 14:05|海外の仕事
ただいまチェコは昼の1時半。
ターボルは23度。
もうじき雨が降るようです。

今日はクレイジーな人との付き合い方について考えてみたというお話を。

クレイジーな人というと、まあいろんな人がいるわけだが、
今回の場合は、バイト先での出来事。

先週、私といつも一緒に仕事をするマネージャー的な人が休みだったので、
別の人(マネージャーよりも上の立場の人)に指示をもらい、仕事をした。

いつもより、仕事が少ないからおかしいな。と思い、
しかも指示をする人は、全く仕事に携わらないので、私は何度も大丈夫か確認した。
それでも、その指示を出してきた人がOKを出したので、
私は言われたままの仕事をした。

ところが、やっぱり仕事量が足りなかったようなのだ。
それにも関わらず、その指示をしてきた人に昨日、

ちゃんと確認して。わからなかった聞いて。と言われた。
その場では、一瞬なんのことかわからず、あ、そうでしたか。すみませんでした
と言って、仕事に取り掛かり始めたわけだけど、よく考えたらおかしい。
どうも府に落ちない。

私、いつも一緒に仕事するマネージャーがいないから、その日は念のために何度も確認したよね。
マネージャーと仕事する日はもっと仕事量があるから、おかしいと思って
何度もあなたに確認したよね、私。
言葉のミスアンダースタンドがあると困るから、一人の時は何度も確認するし、
その指示を出す人は英語も話せるので、チェコ語と英語で確認したから
私の間違いではないはず。
私、普段の記憶力は悪いけれど、この日はマネージャーがいない分、
しっかりしなきゃ!って思って仕事していたから、記憶がはっきりしているもの。

あんたの指示まちがいじゃん。
私のせいにするのかよっ。


という気持ちでいっぱいになってしまった。

昨日、バイトが終わるころにマネージャーと話すタイミングがあったので
その話をマネージャーに軽く振ってみた。

先日のバイトの日、私がバイトが終わったときには誰もいなかったし、
私、間違わないように何回もあの人に確認したんだけど。


って話したら、あの人、いなかったの!?ってびっくりした様子で聞き返してきた。
うん、いなかった。と答えたら、ああ、やっぱり。って顔しながら、
あの人、本当にクレイジーだから。。。とのこと。

実は、この事件前に、
次のあなたがバイトの日、私は休みだからあなたは〇〇から指示してもらって。
〇〇はクレイジーだからがんばってね。

と言われていた。
マネージャーは英語があまりわからないのだけど、クレイジーという単語は英語を使って言ってきた。
それを言われた時は、私は〇〇の仕事っぷりが几帳面できっちりのクレイジーなのかと思って
ドキドキしていたんだけど、実際このハプニングが起ってから気づいた。

彼女の言うクレイジーという意味が。

しかもマネージャーは、私が仕事を終えた時に、私一人だったということも、
私から聞かされて初めて知ったようだった。
ありえない。って顔していた。

おいっー!!!
って感じです。

マネージャーに対しては、翌日の仕事の負担が多くなってしまったのは事実なので
そこは本当に申し訳なかったと素直に思えたので謝罪したんだけど、
マネージャーは大丈夫よ。気にしないで。と言ってくれたから
少しは気持ちがラクになった。そこだけは救いだった。

ただ、今後もクレイジーと仕事をする際には(指示される日には)
私は会話を録音でもするか、100回くらい聞き返そうと思います。
何ならメモにやるべきことを書いてもらい、証拠を残すか。

そのくらい腹が立った。
帰ってきてからも、怒りのループから抜け出せず、くやしさでいっぱいになった。
私が外国人でチェコ語が満足に話せないから、私のせいにされたんだと思うと
くやしくてくやしくてたまらない。

景色を見て、少し心を落ち着けようと自分なりに頑張った。
20180514205549d11.jpeg

そんな気持ちを抱えたまだだったけれど、その日の夜に、
「必要な分岐点」、「自分に優しくしてあげましょう~」という言葉をもらった。
なんだか、胸のつかえがとれた。
私は、いつもその時の自分に必要な言葉やエネルギーを誰からからもらえる気がする。
りょうこさん、ありがとう。

次回は絶対に失敗したくないし、こんな気持ちになりたくないので
クレイジーなあの人との付き合い方、対処法の作戦をじっくり練ろうと思う。

そして、こんな日にホンザはチェコのDiscgolfの大会がプラハの東にあるコリーンという町で開催され、
マスター部門で2位を取り、銀メダルをもらってきた。
20180514205551f10.jpeg

2位でうれしくてルンルンだっただろうに、私の怒りをぶちまけてごめんよ。
ホンザと私をたして2で割ったら、ちょうどいい日だったんだね、きっと(笑)
それにしてもメダルのセンスに笑ってしまうが。。。

まあ、どこの国にもクレイジーはいるわけですね。
うまく付き合っていかないとですね。

新月や満月が近づくと、感情の浮き沈みが激しくなり、うまくコントロールができなくなる。
でも、新月が楽しみです。


【本日のおまけ】
我が家は共用の庭はあるけれど自分たち専用の庭がない。
自分たち専用はこのテラスのみなんだけど、この2年でいろいろ増えた。
土いじりや緑に触れることによって、こんなにも心が癒されるなんて今まで考えたことさえなかった。
今の我が家で、一番わたしにとっての癒しの場所。
201805142055514d2.jpeg
今の季節は日が当たるが、冬になると全く当たらなくなるのが難点だが。
まあ、雪が降る日々なので外においておくと凍ってしまうので外でOKなものしか
外に出せないけれども。このシーズンがずっと続くといいなと思うわけである。

【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村



チェコに引っ越して2年経過

2018.05.13 09:35|チェコ
ただいまチェコは午前10時になるところ。
ターボルは21度。
天気のいい朝です。

今日ホンザはコリーンという町にDiscgolfのトーナメントに、ターボルのチームの仲間と
朝6時には出かけて行った。

今日は、チェコに引っ越してきて2年経過したという話を。
2016年5月11日に私はチェコに引っ越してきた。
その日はチェコ時間でプラハの空港に午前中に到着し、ホンザが迎えにきてくれて
その足でベネショフにある外国人警察(イミグレ)に寄って、
そして今現在、暮らしている家にやってきたのである。

そんなわけで先日引っ越してきて2年経過しましたが、
前日、すごーく大ゲンカをしました(笑)
ホンザの知り合いでボルダリングのホールドを作っている人が、
日本から依頼があったみたいで、ある文章を日本語にして欲しいと頼まれたので
その人にメールで送ったわけなんですが、私が書いたチェコ語のスペルがとても間違えていたらしく
ホンザにダメ出しされ注意された。
で、はいはいはいはい、すみませんねー。。。。って返事してたら、
ホンザがすごく怒りだして、そんなに怒るとこ?!ってくらい一人でブツブツ怒り始めた。
でも、そんなにブツブツと怒っている姿を見ると私もキレるわけで。
その日はもう口きくのも嫌になって話せず。
翌日の朝(2年目の朝)も、ほとんど会話はせず。

でも仕事から帰ってきて、ピザ食べに行かない?と話しかけてきて
私は夕飯作るのが面倒だったので、近所のイタリアンレストランに行ったら
2年おめでとう。と言ってきた。
ちゃんと覚えていたのか、それともカレンダーに私がデカデカと記入してあるから
それを見て思い出したのかはあえて聞かないであげたが、仲直りをした。
あくまでも私が上から目線で許してやったのである。

君にとっては大変な2年だったでしょ。と言われたので
本当にホンザの面倒が大変だよ。と言っておいた。

20180513165444329.jpeg

ホンザはよくも悪くもストレートすぎるのと、言葉の言い回し方が下手くそなのだ。
それで人生損している部分は今までにも絶対たくさんあったと思う。
そして、私はそれを黙って聞いていたり大人の対応をしてあげればいいんだけど、
黙っていられない性格なので、私も自分の意見や気持ちを言ってしまうので、我が家はケンカが絶えません・・・
お互い様なわけだね、きっと(苦笑)

これからも大変なことだらけだとは思うけれど、
これからもよろしくね。

【本日のおまけ】
海なし国のチェコでは海鮮に期待はしていないのだけど、
サバの燻製はとてもリーズナブルでおいしい。
久々に買って、白米と食べてみたらやっぱりおいしかった。
醤油を少し落として食べると、それはもうごちそうに早変わり。
茶碗は日本で作って持ってきたやつ。
20180513165443216.jpeg




【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






カルルシュテイン城へ

2018.05.10 12:10|旅行
只今チェコは昼の12時なるところ。
現在ターボルは21度。

先日の5月8日はチェコは祝日でした。
チェコ解放記念日というのか、戦勝記念日というのか、
1945年にチェコが解放された日で、
第二次世界大戦がヨーロッパで終わった日(らしい)です。

そんなわけですが、急遽思い立って、カルルシュテイン城に行ってきました。

カルルシュテイン城とは
神聖ローマ皇帝であるカレル4世(ボヘミア王でもあった)によって建てられた城。
王家の財宝はもちろんですが、戴冠式で用いられる宝物の保管場所でもあったところ。


私、ヨーロッパのお城ってそこまで興味ないんだけど
ここに興味があったわけは、漫画の乙女戦争を読んでいるから。
乙女戦争は現在のチェコであるボヘミア王国を描いている漫画なのだ。
乙女戦争についてはこちら→https://ja.wikipedia.org/wiki/乙女戦争_ディーヴチー・ヴァールカ

神聖ローマ帝国(カトリック)に反旗をひるがえしたプロテスタントの先駆けである
チェコの英雄のヤン・フス。
そのフス派の急進派であるターボル派が、築いた町がターボルなのだ。
そう、私が住んでいるターボル。
そんなわけで、ターボルの歴史やチェコの歴史がわかりやすい漫画を読んでいるんだけれど、
カルルシュテイン城が8巻に登場していて、行ってみたかったわけですよ、私は(笑)

朝、ホンザがどこか行きたい?って聞いてきたから
カルルシュテイン!って返事して、
調べたらプラハからも遠くないのが分かったので急遽行ってきました(笑)
ホンザは子供のころに行ったことがあるような気もするけどわからない。って感じで、
記憶にないらしいから、実質、意識して行くのは初らしい。
ほんと、この記憶力の悪さは夫婦そろって似ているなと感じた悲しい瞬間である。

祝日だったので、電車が安い!ということで電車でプチ旅行。
週末や祝日に2人以上だと、中央ボヘミアとか南ボヘミアとかの
乗り放題のチケットを利用すると断然安い。
今回は2人で319コルナでした。

まずはターボルからプラハ本駅まで向かい、
プラハ本駅から2番のホームに行き、カルルシュテイン駅まで。
プラハ本駅からは40分くらいだったかな。電車の距離にすると33km。
プラハ本駅からBeroun行きの電車に乗り、10個目くらいの駅だったかな。

カルルシュテイン駅は小さな駅だったけれど観光客がたくさん降りた。
こんな観光客が訪れるような場所なのに、駅のしょぼさと言ったら相変わらず驚くレベル。
素朴と言えばそれまでだが。

祝日だから城が開館していないかも・・・とホンザは最初不安がっていたが、
観光客の多さにそんな心配はどこかに飛んで行った。(ネットでも一応調べたんだけどね)

駅の近くにあった昔の駅舎?
よくわらかんが、かわいい。
2018051017201514e.jpeg

カルルシュテイン駅から城までは徒歩30分と書かれていたが、
土産物屋とかレストランとかあるから、徒歩30分はあっという間だった。
THE 観光地!って感じ(笑)

そしてお城が見えてきましたよ~。
20180510172017fcb.jpeg

なかなかすごい場所にあります。
2018051019275596d.jpeg
やっぱり城というのはこういうところにあるよね。
近くに川があったし、城自体は山の中にあった。
敵の侵入を防ぐためには防衛に適した場所でないとね。
まあ、ターボルも敵が入り込めないために造られたから川や崖に挟まれているのだが。

坂をだいぶ上ってようやく城内へ。
チェコ人は犬が大好きなので、犬を連れてる人も多く、道中で犬用の水飲み場も
いくつかあった。こういうとこはチェコのいいところだと思う。

場内は観光客いっぱい。
とは言え、プラハやクルムロフと異なる点はチェコ人観光客も多いところ。
201805101720117f7.jpeg

城内はツアーに参加しないと見れないという。
ツアーは3種類あったけど、私はどれでもよかったので
ホンザが見たいというチェコ語のツアーに参加した。
ちなみに英語ツアーもあったが、値段設定も異なり英語は料金が高かった。

20180510172020506.jpeg

館内ツアーはいくつかの部屋を回ったが、正直言うとそれほど感動するものではなかった・・・
ほんと、すみません(苦笑)
作られた時代が古いというのもあるのかもしれないけれど、特に感動する内装でもなかったのです。
違うツアーならもしかしたらよかったのかも?
ホンザも、フルボカー城の方が見ごたえあったね・・・という始末(笑)
南ボヘミアにあるフルボカー城は本当にゴージャスだったのだ。
カルルシュテイン城とは時代も用途も違うから仕方ないのだが。

ただ、ガイドさんがフス派の話をし始めて、そこだけは反応してしまった(笑)
漫画の乙女戦争を読んでいたからである(笑)
もちろん漫画だから実際とは異なっている部分が多いのは承知しているのだが、
私にとって難しいチェコの歴史を分厚い参考書で読むよりも、
漫画の方が身近であり、すんなりと頭に入ってくるのである。

20180510172021a93.jpeg


今回参加した城内ツアーは、チェコ語ツアーなのでもちろん客はチェコ人なのだが、
チェコ人(男)と、タイ人(女だけど多分男)カップルがいた。
ただ、このカップルは城内ツアーに参加していてガイドが説明している間にも
ずっとキスをしていたりして、一体何をしに来たんだろう?と私もホンザも疑問だった。
イチャイチャしたいのなら、別でやれ!
私たちが参加したツアーは20人以上いたのだが、そのツアー客に見せるショーかのように
イチャイチャ、ブチュブチュしていて、まるで盛りのついた動物であった。
私はあんたたちのショーを見にきたわけじゃない。
そこだけが不快な点だった。
同じアジア人として目立つだけに、自分も気を付けようと思う。

そんなですが、カルルシュテイン城には思い立って行ったので到着したのが昼過ぎ。
そしてツアーに参加していたので、ツアー後にはすっかり空腹で
城から駅に向かう途中のレストランで遅いランチを済ませて、再び電車でプラハを経由し
ターボルに戻ってきた。

2018051017201348b.jpeg

カルルシュテインはプラハからもアクセスしやすいし、
お城の内観は私的にはイマイチだったけど、外観はやはり「城!!!」って感じで
かっこよかった。
チェコには歴史ある建物がいくつも残っているけれど、城もその1つで
すごく昔のものが残っているのって、すごいなあって思うわけです。
地震がない国なので、こういったものが残りやすく壊れにくいっていう部分もあるなあと思う。
チェコの歴史の一幕に触れた一日でした。



【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村