FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

EU国民の家族レジデンスカードが出来た!

2016.10.26 10:30|手続き色々
只今、夜10時になるところ。
現在ターボル7度。
眠さもあるけれど興奮しているので興奮が冷める前に記しておこうかと。

ようやく、ようやくできましたよ!

POBYTOVÁ KARTA
RODINNĚHO PŘÍSLUŠNÍKA OBČANA EVROPSKÉ UNIE


201610270529042ba.jpeg


英語で言うと、Residence card of a family member of a European Union Citizen.
日本語で言うと、「ヨーロッパ(EU)市民の家族の在留カード」と言ったところでしょうか。
VISAって言う方がわかりやすいかな。
ホンザがEUの人なので、ホンザと結婚した私はEU市民の家族の一員というくくりの
VISAを申請していたのです。 実際はパスポートと同じ感じの冊子ですが。

今日はこのVISAをゲットするまでの長くて険しい道のりを記録を。
かなり長いので覚悟して読んでください(笑)

6月21日
書類申請
http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-40.html

8月8日
外国人警察が家にやってきた
http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-67.html

8月16日
ホンザと私宛にそれぞれ封書が届く。
外国人警察から届いていたので、もしやもうレジデンスが出来た?!
と、一瞬はしゃいだ私だったが、内容は6月に申請した書類にミスがあったとのこと。
結婚前に書類を渡されていたんだけど、提出した書類が結婚後の名前(チェコの苗字)で書いてない。と。
しかも住所証明の書類。
原紙、尚且つこの書類を受け取ってから20日以内に提出しないと今までの申請手続きを中断します。
とのことだった。

もう泣きそう。というか泣いたよね(泣)
今だから言うけど、相当落ち込んで泣いた。
私、書類とかをすべてiPhoneで撮影していたの。
提出した書類の写真を探したら、やっぱり旧姓で書かれていた。
自分もそこは落ち度があったけれど、提出した時に不備がないか、
何度もBenešovの外国人警察に確認したのに。

しかも原紙って・・・
またBenešovの外国人警察まで原紙をもらいにいかなければならないのかよ・・・
ネットからダウンロードできないのかな・・・?とかテンパっていたら
なんと不幸中の幸いにも何も記入していない住所証明の用紙だけ予備が1枚残っていた!

他の申請書類は一切、予備がなかったのに何故かこの用紙だけ予備を持っていた。
まるで予知していたかのように(笑)

ただ、住所証明の書類ってのがまたやっかいなんだけど、大家さん自身が郵便局とかで
住所の証明をしてもらう書類。もちろん大家さんのサインも必要。
ただ、私たちがラッキーだったのは大家さんはホンザの兄上。
兄上が所有している建物に数軒住居があって、そこの一つに住んでいるので兄上に依頼。
しかし兄上は普段はプラハに住んでいる。週末のみターボルに遊びに来るようなお方なので
週末のタイミングで依頼。

8月31日
兄上が署名してくれた書類を持ってBenešovの外国人警察へ。
その書類は受理されたが、新たな封書をその場で受け取った。
そこには、

面接をします


と書かれていた。
偽装結婚じゃないかとか、色んな尋問があるインタビュー(面接)だ・・・
しかも、日時はすでに指定されている。
そして更に更に、私に通訳をつけなければならない。
その通訳は公認通訳士(チェコが公認している通訳)でないとダメ。
「このウェブの中から通訳士を探してください」的な事が書かれていた。

また泣きそう。
チェコ人と結婚した人で面接をやった。なんて人を聞いたことがなかったのだ。
今、難民問題で厳しくなっているから?
それとも、私とホンザが偽装って思われている?
そして通訳も探さないと・・・・

外国人警察が指定してきたウェブを見てみると、日本語が出来る通訳士は数が少ない。
ホンザは「英語の通訳だったら安いしもっとたくさんいるんじゃない?」と言うが
通訳は、私が母国語とする日本語の通訳士でないとダメらしい。

チェコ中の通訳士が記載されていたけれど遠い人は無理だろうからプラハ近辺の人を探す。
10人くらいいただろうか?(忘れちゃったけど)
全員に片っ端からメールで打診してみた。

・・・が、日程が合わず、ことごとく断られるという悲劇。
でも結局2件OKが出た。
そのうちのお値段が安い方を選択。
通訳ってかなりお高い。2時間とかでも日本円にしても万単位。
だけど、日時は指定されているし、公認の人でないとダメだし、
もう依頼するしか私には道はない。

チェコに住んでいる日本人で、過去、面接をしたことがある人たちがいたので、
どんなんだったか聞いてみた。
質問内容、全く同じかはわからないけどどんな質問があるのかを教えてもらった。
面接の内容で「小麦粉の場所聞かれたよ~」とのこと。
なんなんだ、その質問・・・(笑)
夫婦がちゃんと一緒に生活しているか?を問う質問なんだろうな。。。
そして、私独自の調査で(笑)、結婚していても面接がある人とない人があることが判明した。
抜き打ちなのかな?ということが判明。
とりあえずホンザとお互いの家族の名前や、聞かれそうな内容を何度も練習。

9月23日 朝8時
面接本番。
遅刻しても罰金とからしいから、時間よりだいぶ前に着くように行った。
実は面接の数日前に通訳士さんから連絡が来ていた。
体調不良で無理とのことで、一瞬ヒヤリとしたけれど、代理の通訳士さんを用意しました。とのことだった。
その代理の通訳士さんもちゃんとチェコで認定されている人。
結論から言うとその代理で来てくれたチェコ人の通訳士さんがとってもいい人だったので良かった。
私の故郷の静岡にも住んだことがあるそうで、ちびまるこちゃんの話をした(笑)

そんなわけですが、まずは私と通訳士さんが呼ばれて部屋に入る。
面接官は、お偉いさんが来ているのかと思ったら、いつもいるおばちゃん2人だった。。。。
片方のおばちゃんがとても威圧的で私、本当に苦手なの。。。
そして「嘘はつきません」みたいなものに署名をした。
質問内容はすべて決められているようでパソコンにそれらが入力されていて、
1人の面接官が読み上げる。
質問された内容を通訳士さんが日本語にしてくれ、私が日本語で答えたのを
チェコ語に訳して伝えてくれ、それを片方の面接官がパソコンに入力。といった具合。

質問内容は
・自分、相手の名前、生年月日
・自分、相手の家族の名前、住所
・付き合った日、結婚した日
・知り合ったきっかけ
・プロポーズはどちらから?どういう状況だった?
・旦那は日本に行ったことはあるか?いつ?
・お互いの好きな食べ物
・結婚式の参加者、証人者の名前
・相手の親友の名前
・昨日、何をしていたかの朝から晩までの詳細(何を夕飯に食べたか)
・銀行口座は共有か?
・誰が料理を作る?誰が掃除する?
・お互いの趣味
・休みの日は何をしているか?
・旅行に行ったか?どこ?

などなど、いろんな質問がありました。
かなり細かく色々聞かれたので、丸裸にされた気分(笑)
あと小麦粉の場所を練習していたのに、聞かれなかった(笑)
その代わり、昨日の夕飯は何だったか?とか聞かれたけど・・・
ちなみにどうでもいい話題ですが、その日の前日の夕飯は豚肉の生姜焼きでした。
そして私は通訳を通したこともあり、1時間以上かかった。
緊張していたせいかとっても疲れたけど、とりあえず終わった。

そしてホンザの順番。
ホンザにも私と同じ質問をしているっぽい。
2人の答えが全く異なるものだと、多分審査は通らない。

彼は通訳を通さずにいたので40分ちょいくらいだったかな。
早かった。
終わってから2人で答え合わせ。
若干、答えが違った箇所があったが大きな違いはなかったからなんとかなるか(笑)

あとは結果を待つのみ。
ただ、外国人警察は教えてくれなかったけど、
結果は自分で下記のwebで確認するようだ。
http://www.mvcr.cz/mvcren/article/status-of-your-application.aspx
そんなこと、外国人警察では一切教えてくれなかったけど、経験した人たちが教えてくれた。
ありがたや~。
本当に何もかもが不親切な外国人警察。

毎週月曜に更新されていたので毎週毎週チェックをしていた。
そろそろかな?と思った10月24日の月曜日、ついに私の申請番号が掲載されていた。

やったー!

でも、ホンザに下記のように言われた。
通知とか電話とか来てないから連絡が来るのを待った方がいいんじゃないか。
俺は何度もBenešovには行きたくない。

そう、確かにwebで確認しただけで、外国人警察からは連絡が来ていない。
外国人警察は出来れば行きたくない場所だし、
もし行ったとしても、門前払いされる可能性もあるのだ。

だけど、このwebに掲載されたら、もうカードをもらえると思うよ。
と他の方からアドバイスをもらっていたので、私はなんとしても早く行きたかった。


10月26日

今日、学校帰りに一か八かで一人で行ってみた。
Benešovは私の通学路の途中にある町。
Benešovの外国人警察は本当にチェコ語オンリーだし、外国人警察の人、
本当に威圧的だから駅に着いてからも、まだ行こうかどうしようか迷ったけれど
覚悟を決めてダメ元で行くだけ行ってみた。
14時過ぎに到着。私の前にロシア人夫婦っぽい人がいて、その後だった。
意外に空いていたからよかった。
外国人警察はチェコ国内にいくつかあり、エリア分けされているんだけど、
私が住むターボルには外国人警察がなく、ターボルの人はBenešovの管轄になる。
プラハは外国人率も高いのでプラハ管轄の外国人警察では半日や一日中待たされるという話をよく聞く。
ロシア人のクラスメイトは深夜3時くらいから並んだ。と言っていた。
その点、Benešovは、規模が小さくて窓口が一つしかないけど(2つあるけど1つしか使ってない)
外国人の割合が少ないせいか、そこまで待たされることはない。
それだけはいい点。

待っている間もチェコ語が分からない分、かなり不安だった。
いつもはホンザが一緒だからホンザが通訳してくれる。
だけど、今日はホンザはいないのだ。一人でやるしかない。

私の順番がやってきた。
いつもの2人のおばちゃんだ。
iPhoneで、webに掲載されている番号を見せて、
「私の番号がここに載っているんです」とつたないチェコ語で言って
パスポートと今までの私の仮ビザの紙切れを出したら、すぐわかってくれた。
そして、これね。と言ってカードを出してきた。
そう、私がずっと待ちに待った青いカードを。
その後、色々入力して、その場でプリント。
パスポートみたいなカード。
「確認をしてみて」と言われたので確認してみたら

ちがうやないかーい!!!!

なんと私の故郷SHIZUOKAが、SHIZOUKAになっているではないか。

これ、違います・・・SHIZUOKAですけど。

と答えたら、「あらー・・・」って感じ。
パソコンに元々データが入力されているらしいんだけど、そのデータ自体が間違っていたのだ。
おいおい・・・

「このくらい、大した問題ではないと思うけれど・・・」とサラリと言われたので
「これを持ったことがないのでわかりませんが、問題あると思います」と強気で答えてみた。

そしたら奥の方に行って、SHIZUOKAにうまく、こっそりと修正してきた(笑)
マジックらしきもので(笑)

でも、まあなんとかSHIZUOKAに見えるし、その後写真も貼られやラミネートもされているので
私が修正したわけじゃないのは一目瞭然だし、これでいいならいいや。
名前とか生年月日とか重要な箇所は間違えてないし。
カードにはもともと、番号がついているらしく、すでにカードと人物の登録はされているみたい。
その為、ミスがあって新しいカードにするとまた手間なんだろうな。
それにしても、マジックで修正とか、こういうところはさすがはチェコです(笑)

そんなわけですが、つたないチェコ語を使ってだったけれど
カードは5年間有効よ。とか、そういうチェコ語はわかったので何とか一安心。
いつもは怖いおばちゃんたちだったけど、今日はなんだかやさしくて
「今日、旦那さんはどうしたの?」とか聞いてきたから
「今日は仕事です。私、今プラハの学校の帰りなので一人で来てみました」
と答えたら「プラハまで学校行ってるの?電車で?チェコ語が話せるようになってきたわね。」とか言われてびっくり。
覚えてるの????!!!!
まあ、面接したから覚えてるかもしれないけど、今までが鬼教官みたいな人だったから普通すぎる会話にびっくりした(笑)
普通の会話が出来た!と驚くくらいの恐怖の館なんです、ハイ。
そして最後に「よかったわね。おめでとう」と言ってくれた。

今まで本当に大変だったけれど、今日で報われた気がした。
そして今まで本当に大嫌いだった鬼教官たちだけど、
今日、少し好きになれた。

あー、本当に良かった。
ここまで長かったよ。
これで、安心して暮らせます。
今まで、紙切れ一枚だったからすごく嫌だったんだよね。
だけどようやくこれが出来て、ホッとしました。

5年間有効みたいだけど、2年後には永住権が申請できるらしい。
2年なんてあっという間に過ぎそうだ。

今日のブログは自分への備忘録はもちろんですが、
もし今後チェコでこのビザを取得する人がいるなら
少しでも参考になれば・・・と思っております。

本日もポチっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

無事ゲットできて良かったね。おめでとう!
結婚したから簡単におりると思っていたから
こんなに手間かかるだなんてビックリ。
落ちてしまったら、面接また受けることできるものなのかしら。
ひとまず安心だね(*^^*)

Re: タイトルなし

本当によかった。
時間はかかるのは知っていたけれど面接以外に
書類のミスとかいろいろあったからヒヤヒヤだったよ。
これで一安心。
来年、日本に帰りたいなと思っているよ。
部屋に置きっぱなしの洋服も運びたいし、にゃんこにも会いたいし、
日本食が恋しい!!www
非公開コメント