FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疫病とハーブの関係について。

2017.07.18 15:34|チェコの自然
ただいまチェコは昼3時を過ぎたところ。
現在、ターボルは29度。
今日は暑いです。

今日、午前中いきなり停電になりました。。。
朝8時半くらいにパソコン見てたらwifiがいきなりきれて、
wifiルーターの電源の調子が悪いのかな?と思ってコンセント抜いて入れてみたけどダメで、
むむむむ?って思ってたら、電子レンジの時刻表示も消えていて、
部屋の明かりのスイッチをオンにしたけど明るくならなくて、ようやく停電だと気づきました。。。

我が家、電気代払い忘れてる…?

とか思ったり、ブレーカー落ちてる?って思ったりもしたけど
ガレージに行ったらイルマ(義兄嫁)がちょうど出かけるところで
ガレージは電気で開くんだけど、オンにしても開かず、
どうやら停電だった模様。
近所もみんな停電。
結局、電気が戻ったのが11時頃。
その間、お湯を沸かすことも、コーヒーを入れることもできず、
電気に頼っている生活をしているんだなあ・・・と、そんな自分が嫌になりました(笑)
電気がなくても何とかなる術をここチェコでも身につけておきたい。
とりあえず、キャンプ用のコンロのガスを買っておいてもらおうと思います。

今日は、疫病のお話を。
というのも、つい先日、モラヴィア地方でイノシシたちに疫病みたいな症状?が発生して
多くのイノシシが死んでいるというニュースがやっていた。
最初、意味がちゃんと理解できなくて、ホンザが辞書を調べてくれた。
そしたら、mor っていうのは、
疫病、ペストという意味だった。

疫病・・・ペストって・・・
今回のはアフリカから入ってきた疫病(ペスト)らしい。。。
イノシシだけらしいけど、ほかの動物は大丈夫なのだろうか?
昨日とか、ニュースで見てないから終結したのか?
よくわからないのが、怖い。。。
今年の初めころも、鳥インフルエンザが結構すごかったんだよね。
今回もそんな感じだろうか。
それともイノシシは家畜ではないから、そこまでみんな気にしてないのかな。

チェコがあるヨーロッパは、歴史的にもペストが発生した土地柄、
ペストが終わったことに対してチェコの色んな場所にもペスト塔なんかがあったりするし、
オランダに行ったときには、地獄の門と呼ばれるペスト患者が隔離されていた門に行ったりしたけれど
今回のことは、今まで以上にすごく身近にペストというか疫病というかを感じています。。。
疫病っていうくくりだと、なんだかあまりしっくりこない私ですが、
ペストって言われると、すごーくびびる。
ペストは黒死病と呼ばれる感染症。
今回のは、疫病と訳すべきか、ペストと訳すべきなのか。
それさえも、微妙なのでこれまた怖い。

チェコに引っ越してくる前に、実はわたくし医療機器の会社で働いていたのですが、
医療関係者でペストや疫病のことを学ぶ人なら、知っている人も多いだろう
北里柴三郎の記事を当時、興味深く読んでいたことを思い出しました。
北里柴三郎→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E9%87%8C%E6%9F%B4%E4%B8%89%E9%83%8E

ホンザは豚肉、高くなるかもね。とのんきなことを言ってたけど
ペストというか疫病というかを、なんとかしないとやばいでしょ。。。

ちなみに、アロマの勉強をした人なら大体が知っている下記の話
ペストが大流行した17世紀などに、ペスト患者の死体から金品を盗んでいた泥棒がいて、
死刑を免除する代わりに、なぜペストにうつらなかったのかを問われ、
ラベンダーやローズマリーなどのハーブの酢漬けを全身に塗っていたという話があります。
香料を取り扱っていた人は疫病にかかりにくかったと言われている。


当時、ハーブに詳しかった人たちは、魔女とされ、魔女狩りが盛んだったというのも
こういった歴史からは非常に納得できるわけです。
ハーブに詳しい人の周りに人々は集まるわけだけど、それを気に入らない上の奴が
それを妬み、「あいつは魔女だ」と言って、魔女狩りする。
全部が全部そういうわけではないとは思うけれど、
こういう風に考えると、とても納得いくというか、腑に落ちるわけです。
これについては、OUTLANDERという海外ドラマを見ていてすごく納得したわけですが(笑)

チェコ人はハーブが大好き。
庭にもたくさん育てている人もいる。
私は、アロマを勉強していたことがあり、アロマやハーブについて少しは知識があって
今現在も化粧水やらハンドクリームやらは全て自分で作っているし
薬を飲むのは基本的に嫌なので、基本的にアロマオイルでなんとかしてます。
頭痛の時とか、やけどとか。
でも、まだまだチェコ人のお母さんのハーブのレベルにはほど遠いなと思います。

さて、チェコで発生しているというイノシシのアフリカ系疫病はいつ終結するのか。
注意しながら、ニュースをチェックしようと思います。


【本日のおまけ】
昨日仕事から帰ってきたホンザが「プレゼント」と言って木の板と花をくれた。

20170718224346f9a.jpeg

花は分かるが、木はどうしたものか(笑)何か使い道を考えよう。
きれいにやすり掛けして、お盆みたいにしてもいいかなとか思ったり。
それにしても、大柄なホンザが花を摘んでいる姿を想像すると
なんだかニヤニヤしてしまう私である。
たまに、かわいいとこあるんだよね。
何気ないささやかな贈り物ですが、うれしいもんです。


本日もポチっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。