FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

ヨゼフ・ラダとカレル・チャペック

2018.01.08 11:35|チェコ

ただいまチェコは昼の11時半になるところ。
現在ターボルは4度。
今年はなんだか温かい。
あまりマイナスになる日がないような気がする。
・・・これから寒い日が来るのかな?

先日、近所のギャラリーに行ってきた。
6日までの展示で、行こう行こうと思っていたけどなかなか行けずにいて
5日に駆け込みで行ってきた。

チェコの画家のヨゼフ・ラダの絵とクリスマスの展示。

2018010818363085a.jpeg

2018010818363076a.jpeg

正月過ぎてもまだクリスマスツリーですが(笑)
館内は撮影禁止なので写真は撮ってませんが、チェコのクリスマスの絵やクッキー、
クリスマスの雰囲気がわかるような展示物でした。

チェコのイラストの中でも、私はヨゼフ・ラダが結構好きで、
だからといって大ファンとかではないけれど、黒ネコのミケシュというアニメがあってそれが結構好き。
(下の写真はぬりえ)

20180108193411eb9.jpeg

ホンザも好きで子供のころ見ていたそうで、私たちは時々そのアニメを見ている。
ヨゼフ・ラダの絵はチェコの暮らし(田舎)とかがよく出てきて、
動物ネタも多いからすごくチェコらしいなと思うわけです。

動物ネタといえば少し話が変わるけど、昨年、駅近くのスーパーに鹿が入ってきたそう(笑)
もちろん店員も客もびっくりするわけで。
そこのスーパー、時々行くんだけど、決して森の中にあるとかじゃなくて
バスや車の通りも多いし、建物も多い中にあるの。
普通の街中にあるスーパー。
だから、どこからその鹿がやってきたのかがとっても疑問なんだけど(笑)
そして、その鹿を森に戻したそう。
これが日本だったらどうなっていたかな…?と思うので、
森に戻すとかが当たり前のチェコ人の考え方が好きだなと思った。

そして話は戻りますが、カレル・チャペック。
作家さんで、お兄さんのヨゼフとともに有名。

私たちが時々口にするロボットという言葉は、彼らが作ったものです。
「労働」を意味するチェコ語からできたらしい。

先日、町をプラプラ歩いていてぷらりと立ち寄った本屋で安売りしていたから
カレル・チャペックの本を買ってみました。

201801081836330df.jpeg

この本、日本では「園芸家の一年」というタイトルで訳されて売っているので
もともとずっと読みたいなと思っていた本。
本当は日本語で読みたかったんだけど、安売りされていたので思わず買ってしまった。
チェコ語だから今の私にとっては簡単に読める本ではないけれど、

これを今年読む! 

という新年の目標を立ててみました。

本を買ってきたことをホンザに話したら嬉しそうでした。
私がチェコ語を勉強すると嬉しそうなんだよね。
昨年はチェコ語をほとんど勉強しなかったから、今年は少し勉強しようと思っているんだけど
チェコ語を勉強する以前の問題で私はすぐ飽きてしまう性格。
飽きっぽいのだ。
なので、三日坊主にならないようにする!というのがまずは目標だということに気づいた次第でございます。

今週、一時帰国するのでこの本はホンザが読みたいというのでホンザに預けておきます。

というわけで、ヨゼフ・ラダとカレル・チャペックなんてえらそうなタイトルつけたけど、
だから何だって感じですみません。。。

チェコには他にもユダヤのフランツ・カフカなどいますが、
カフカの「変身」を中学の頃に初めて読んだときに、
なんだ、このイカレた内容は・・・と衝撃を受けた記憶があります。
その「変身」があまりにも衝撃で記憶に残っていたせいか、
本もなぜか捨てられす、今はもうすっかり黄ばんでいますがチェコにも持ってきています。

チェコにはいい作家がいるなあと、しみじみ感じた次第でございます。

本日もぽちっとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント