FC2ブログ
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

その2 モラヴィア地方・ズノイモとオーストリア弾丸ドライブ旅行

2018.11.20 12:15|チェコ国内旅行
ただいまチェコは昼の12時を過ぎたところ。
現在ターボルは2度。
本格的に雪が降ってきていて、外はすっかり真っ白。
昨日から喉が痛くなってきて、風邪をひきはじめた・・・
はちみつなめまくってます。

さて、昨日の続きのズノイモへの弾丸旅行のつづきを。

ズノイモの町をウロウロと散策を続けた。

そして見つけましたよ、ブドウ畑!
2018111921473976d.jpeg

もうブドウはほとんどなってなかったけど、よく見たら辛うじてブドウが残っていたよ。
201811192152074ba.jpeg

Dyje川沿いにブドウ畑があって、クロスが印象的だった。
20181119214739ff7.jpeg

ズノイモはワインの産地としても有名。
チェコのミクロフもワインで有名だけど、前にワインフェステイバルで飲んだズノイモワイン、
とってもおいしかった記憶がある。
ワインを買って帰る気満々だったけど、祝日で店は全滅・・・
ワインボトル、買うことができなかった・・(泣)

街の至るところでワインの街らしさを感じるズノイモ。
20181119181529582.jpeg

この建物の装飾もブドウですよね。
201811191910472d2.jpeg

何か円筒が見える!
あそこに行こう!!
20181119214741e6d.jpeg

進んでいくと展望台みたいなスペースが。
そこから見える聖ミクラーシュ教会。
201811192147483c2.jpeg

よく見て。すごい立地にありますよ。
ズノイモをただの平面状の地図で見ただけでは、こんな急勾配な街で坂道が多いとは
思いもしないだろう。
そして川に沿った立地で、高い位置に街が作られているという造りが、
ターボルととてもよく似ているなと感じる。
対岸の町?村?が、すでにターボルから見えるčelkoviceという町にしか見えなくなってきた(笑)

川があり、高台に町がある。
敵の侵入を防ぐ護りに対して、優れた街だったんだと思う。
城壁もあるし、昔も要所だったことにちがいない。
20181119214750dd3.jpeg

後から知ったのだけど、1437年に皇帝ジクムント(ジギスムント)はズノイモで死去していたことを知った。
そんなジクムントはこのズノイモで死去し、聖ミクラーシュ教会に3日間安置されていたらしい。

ズノイモがそういう街だったこと、知らなかったぜ!!

ジクムントって神聖ローマ皇帝でありボヘミア王も兼ねていた人のことね。
ちなみにヤン・フスさんを火刑にした人ね。
私の独断と偏見で私目線で簡単にぶっちゃけてしまうと、
神聖ローマ皇帝ってすごい地位の王様なんだけど
このジクムントはフス派の敵にあたるような人で、
プロテスタントの先駆けでもあるフス派を異端扱いしていたカトリックの人。
ボヘミア国民はジクムントのボヘミア王位継承に不満を持っていたことや
フス先生を処刑したこともあって、ボヘミアの人々は不満を抱き、フス戦争が始まったんです。
そう、ターボルの英雄のヤン・ジシュカさんの敵対する相手でもあったわけです。

ズノイモに行く前に知ってれば、もっと違った楽しみ方ができたのにな!
と少々悔しい思いをしたのである。
やっぱり、その土地の歴史とか見どころとかはある程度チェックしてから行く方が
もっともっと楽しめると思うのだ。

チェコのように地震がないから建物とかそのまま残っているような国では特に。
ただ、色んな国に巻き込まれて翻弄されている国だから、歴史もいろいろとごちゃごちゃだし
名前や地名も覚えきれないのですが、でも私はターボルに住んでいるせいか
フス戦争に関わった地名や人名は、他の時代と比べて非常に興味を持っているのです。
というかそれ以外の時代についてまでは、まだまだ覚えきれない・・・というのが現状。

20181119214751b73.jpeg

下の写真、向こうには貯水湖?らしきものもあるけど、その手前にある立派な家?みたいなものも
気になるけどその右上の段々畑みたいな、城壁跡みたいな何かも気になる私である。
かといって、そこまで歩く気力もない(苦笑)
201811192147528b7.jpeg


そしてここにはロトゥンダもありました。(円形の建物のこと)
11世紀前半に建てられたものらしい。
これも後から知ったけど重要文化財らしい。
2018111921475412b.jpeg

中に入ることはできなかったけど、中には重要とされるフレスコ壁画があるみたい。
まあ、11世紀っていうだけですごいよね。
今って21世紀でしょ、10世紀も前なんだよ。

さて、今回も長くなってしまったので、ここらあたりで一旦終了。
つづきはまた次回。

【ズノイモのおまけ】
散策中に出会った白いおっさん。
天使?でもあたまの上に角みたいなのが少しあるからチェルト(悪魔)?
靴?靴下はいてる?(笑)
201811192147475ee.jpeg

【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html



本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント