FC2ブログ
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カウンター

プロフィール

akkie

Author:akkie
旅と音楽が好き。
カメラ片手にバックパックを背負って
世界の各地をプラプラ。
ひょんなキッカケで旅好き、
クライミングオタクのチェコ人と
出会ってしまい、
2016年6月、チェコで結婚。
チェコ南部で生活しています。

チェコでのあんなことやこんなこと
日常を綴っています。

****************************
ブログ内の写真、文章を無断で
使用することを固く禁じます。
また、掲載されている情報は
私の主観で書いています。
予めご了承ください。

****************************

問い合わせなどは下記にどうぞ。
akkie0222★gmail.com
★を@にしてくださいね。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェコの病院に入院、そして手術

2018.12.22 13:57|チェコの病院
ただいまチェコは昼の1時になったところ。
現在ターボルは8度。
今日はぽかぽか。
むしろ暑く感じるくらい・・・


今日はチェコの病院に入院、そして手術のお話を。

タイトル通りですが、入院、そして手術をしました。

旦那が。

はい、私ではなく、ホンザさんです。
手術が決まったのは先月。
そして手術は先週でした。
備忘録として残しておこう。

昨年からずっと疑惑があった鼠径ヘルニア。
いわゆる脱腸ですが、やっぱり1年越しに痛みは続いていて、
でも病院の先生は筋肉が弱っているだけで、鼠径ヘルニアではないという。
でもポリクリニカ(クリニックの昔からの主治医)は、鼠径ヘルニアだという。
そんな日々が続いていたのですが、ついに病院の専門医が、

カメラ入れてオペしてみましょうか


と言った。
これを逃したら、次はいつになるかわからないから、もちろんオペすることにした。

手術の1日前から入院。
チェコの病院の外来っていっつも混んでるし、効率悪いし、
どうなの?って思う部分だらけなんだけど入院病棟は結構よかった。

・3人部屋
・部屋にトイレ、シャワーあり
・部屋に大きなテレビ1台あり
・病室であってもWifi使い放題
・ベッド1台につき4つもコンセントプラグがある
・部屋にアップルテイーが用意され、飲み放題(なくなったら補充してくれる)
・一人に1つ鍵付きロッカーあり(それ以外にももちろん収納あり)

意外といいじゃないか。
ただ、マイナス面は、
・ベッドにカーテンがないからプライバシーがない

こんなところか。
トータル的には、私は結構いいと思った。
おまけに病棟のナースとか(男女問わず)みんな感じがいいし、やさしい。
外来と大違い(笑)

そして手術当日。
前日の昼過ぎから何も食べていないホンザはおなか減ったの連発。

ホンザのオペは11時からだったけど10:30くらいにはベッドが運ばれた。
私も一緒にオペ室前までついていった。
そしてオペ室にホンザは入っていった。

私はオペ室の前で待っていた。
チェコ人って、オペ室の前で待っているという習性がほとんどないらしい。
オペが終わってから、麻酔がきれたくらいに来る人がほとんどみたい。
それに少し驚いた。
もちろん、待っている人もいるんだけど。
待っていても何もできないからっていう理由だろうか?
国民性の違いを感じた。
そのオペ室には、私が待っている間だけでも3台くらいはベッドが運ばれてきた。
奥にいくつかオペ室があって、その入り口が1つなんだろうけど、
時間制で運ばれてくる感じ。

そして1時間後くらいに、オペは終わってベッドに寝ているホンザが運ばれてきた。
全身麻酔だったからか、意識が朦朧としていた。
目が眠そうな、充血した目だった。

ベッドで寝ながら、Vサインして出てきたけどね(笑)

そしてキスしてほしい素振りを見せてきたからキスをした。
頑張ったね。おつかれさま。

そこでホンザが何を思ったか、ベッドを運んでくれている人に

妻は日本人です としどろもどろに言った。

え?!なぜ、いまそれ?!(笑)と思った私である。

ベッドを運んでくれる人も「そうなんですね~」と言いながら、別室にホンザを運んでいった。
結果的には、この「妻は日本人です」というセリフによって、その運んでくれた人たちが
丁寧に私にわかるように教えてくれたのだが、

麻酔が切れるまでは別室で寝かせます。その部屋には奥さんは入れません。
2時間後くらいに病室に戻れるので、ゆっくりリラックスしてランチでも済ませてきてください。


というものだった。
私がちょっとわからない部分があったけど、嫌そうなそぶりも見せず
イケメンの男性がやさしく教えてくれた。
やさしかったからイケメンい見えただけかもしれないが。

近所のスーパーでパンとか買って病院の待合室で食べた。
そして義実家に一応、オペが終わったことを伝えようと電話したら、
今日がオペってことをホンザは伝えてなかったみたいで
義父が、病院に行くから!とのこと。
今は寝てるから対面できないので、部屋に戻る時間を告げた。
おいおい、ホンザ、伝えていなかったのかよ・・・(苦笑)

あとは日本の実家、日本の病院勤めでいろいろ相談に乗ってもらっていた友人マナに電話して
手術が終わったことを告げた。

そして、手術が終わった2時間半後にホンザは部屋に戻った。
疲れは見えたけど、さっきよりも意識がしっかりしていた。
その後、横になって寝ている姿を見て、涙があふれてきた。

オペは腹腔鏡だし、難しいものではないことはわかっていた。
私は、自分自身が手術をした際には、腹腔鏡手術するには腫瘍が大きすぎて、
腹腔鏡ができず開腹した経験がある。
だけど、腹腔鏡に関しても知識は少しだけあったから
そこまで腹腔鏡手術に関しては難しいものではないのは知っていた。
でも、鼠径ヘルニアかどうかもカメラ入れて見てみないとわからない状況だったし、
チェコ語で医療用語なんてわからないし、万が一、何かあった場合とか
先生に何か言われても理解できないし・・・
どう対処していいのかもわからない。
チェコの病院のシステムだって、いまだによくわかっていないし。
言葉に不安がある中で、私にとっての勝負でもあったのだ。

でも無事にオペが終わり、ホンザの寝顔を見たら緊張がほぐれて
肩の力が抜け、涙があふれてきたんだと思う。

ホンザもがんばったし、一番がんばったのは先生だけど、私も頑張った。

そして、退院は術後の2日後か3日後。と言われていた。
でも手術の翌日、病院に行ったら、
ホンザが家に戻る支度をしているではないか!!!

病院にいたくない、家に帰りたい。と駄々をこねて、先生に頼んだらしい。
こどもかよ・・・

ちゃんと歩けないし、ましてや起き上がるのだって大変なのに・・・
ちゃっかり義父に電話して、車でお迎えを頼んであって、
私の到着から15分後くらいに、義父がやってきた。

同じ日に同じ手術をした人は、まだ入院しているのに。。。

家に帰っていてからも階段とか上るのは大変だし(すごーーーーく時間かかる)
トイレも大変だし、何よりも食事制限があって、
その日はヨーグルトを10個くらい買ってきた。
あと、白パンはいいけど黒パンはダメ。
ジャガイモや、パセリの根っこはいいけど、きゅうりや玉ねぎはダメ。
ブイヨンはダメ。
とか1つ1つの食材に食事制限があるので、何が大変って、私が大変!

ちなみに退院して1週間くらいになりますが、今はだいぶ歩けるようになって(無理はできないけど)
だいぶ普通の生活に戻っています。
木曜に術後検診で病院に行ったけど、まだ抜糸できず。
ってか、今でも抜糸とかなんだね。。
日本だと、溶けるホチキスみたいなのを使うじゃない?
手術の内容によるのかな?私は溶けるホチキスだった。

ちなみに、妻は日本人ですと言ったときのこと、
全く覚えていないそう(笑)
Vサインしてでてきたことも、キスをせがんできたことも、全く覚えていないそうです。
意識朦朧してたからだね。

そんなわけですが、今はだいぶよくなり、私もだいぶ安心しました。
手術が来年でなく、今年中に終わったこと、
クリスマス、新年を無事に迎えられること、本当に良かったです。
今年中に終わって、気持ち的にはすっきり。
私的にも、一ついい経験になりました。
健康第一ですね。


【チェコの別荘ハタに泊まってみませんか?】
チェコ人が休暇を過ごすハタと呼ばれる別荘があります。
1625年に建てられ、チェコの文化記念物にも指定されているハタに宿泊できます。

HP:https://peraichi.com/landing_pages/view/mozolovchata1625
ブログ:http://hezkyden.blog.fc2.com/blog-entry-314.html


本日もぽちっとお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ チェコ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: お久しぶりです

マキさん
こんにちは。
マキさんの旦那様も!!!
来月手術なんですね。日本なら何となく安心感ありますね(笑)

チェコの病院はすごいところです(笑)
おまけに保険加入していれば手術も入院も無料ですしね。
確かに扱いもすごいのですが、無料で高いサービスは求められないなあと思っていたこと
最低レベルを想像していたので思ったよりはとてもよかったです(笑)

ご主人様も無事に手術が終わって元気になりますように☆
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。